野毛山動物園
野毛山動物園_1
野毛山動物園_2
野毛山動物園_3
野毛山動物園_4
野毛山動物園_5
野毛山動物園_6
野毛山動物園_7
野毛山動物園_8
野毛山動物園_9

おでかけ

野毛山動物園

京浜東北線桜木町駅 徒歩 15分

4.4
定休日:月曜
動物園
野毛山動物園
野毛山動物園_1
野毛山動物園_2
野毛山動物園_3
野毛山動物園_4
野毛山動物園_5
野毛山動物園_6
野毛山動物園_7
野毛山動物園_8
野毛山動物園_9

ライオンやキリンなど子どもに人気の動物を間近で観察できる入園無料の都市型動物園

野毛山動物園は、神奈川県横浜市西区老松町のみなとみらい21区を眼下に見下ろす高台にある野毛山公園の中にあります。傾斜を利用したつくりで、散歩感覚でひと周り出来るほどの広さです。小さなお子さんからお年寄りまで、家族連れで楽しむことが出来ます。
昭和26年 4月1日(1951年)に動物園と遊園地を兼ねそろえた「野毛山遊園地」として開園。昭和47年「野毛山遊園地」から「野毛山動物園」に名称を変更し、現在でも子ども達の動物園デビューに最適な場所として横浜市民のみならず近隣地域の方々からも愛されています。

園内にはキリンやライオンなど大型動物や、レッサーパンダやフンボルトペンギンなどの小型の親しみのある動物をはじめ、爬虫類や鳥類など都市型動物園でありながら約100種、2500点飼育しておりかなり充実しています。

【野毛山動物園募金へのお願い】
開園以来、動物たちの飼育環境の改善や来園者の方々の利便性向上などを積極的に図ってきました。平成22年4月から野毛山動物園の管理と運営のための「野毛山動物園募金」を行っています。今後も安心安全で楽しく過ごすことが出来る野毛山動物園であり続けるために、来園された際は、是非ご協力お願いします。

野毛山動物園は、神奈川県横浜市西区老松町のみなとみらい21区を眼下に見下ろす高台にある野毛山公園の中にあります。傾斜を利用したつくりで、散歩感覚でひと周り出来るほどの広さです。小さなお子さんからお年寄りまで、家族連れで楽しむことが出来ます。
昭和26年 4月1日(1951年)に動物園と遊園地を兼ねそろえた「野毛山遊園地」として開園。昭和47年「野毛山遊園地」から「野毛山動物園」に名称を変更し、現在でも子ども達の動物園デビューに最適な場所として横浜市民のみならず近隣地域の方々からも愛されています。

園内にはキリンやライオンなど大型動物や、レッサーパンダやフンボルトペンギンなどの小型の親しみのある動物をはじめ、爬虫類や鳥類など都市型動物園でありながら約100種、2500点飼育しておりかなり充実しています。

【野毛山動物園募金へのお願い】
開園以来、動物たちの飼育環境の改善や来園者の方々の利便性向上などを積極的に図ってきました。平成22年4月から野毛山動物園の管理と運営のための「野毛山動物園募金」を行っています。今後も安心安全で楽しく過ごすことが出来る野毛山動物園であり続けるために、来園された際は、是非ご協力お願いします。

営業時間・定休日

定休日
月曜
09:30 ~ 16:30

入園は16:00まで

☆休園日
毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日~1月1日
※5・10月は無休です。

☆なかよし広場

~平日~
『ふれあい時間』 ①9:45~11:45 ②12:15~14:15 ③14:45~16:15
『定員』 定員なし※整理券不要
『時間』 時間制限なし

~土日祝~
『ふれあい時間』 午前の部:10:00~12:00※最終入場11:40 午後の部:13:30~15:30※最終入場15:10
『定員』 150名/回
『時間』 20分/回(説明5分+ふれあい15分)
『整理券』 午前の部: 9:45~ 午後の部:12:00~ 配付開始
『整理券配布場所』 なかよし広場前

※整理券はなくなり次第終了となります
※お一人様5枚までとさせていただきます
※3才以上から必要となります
※集合時間は厳守でお願いいたします
※途中入場はできません
※天候により入れ替え制を中止にする場合がございます

入園は16:00まで

☆休園日
毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日~1月1日
※5・10月は無休です。

☆なかよし広場

~平日~
『ふれあい時間』 ①9:45~11:45 ②12:15~14:15 ③14:45~16:15
『定員』 定員なし※整理券不要
『時間』 時間制限なし

~土日祝~
『ふれあい時間』 午前の部:10:00~12:00※最終入場11:40 午後の部:13:30~15:30※最終入場15:10
『定員』 150名/回
『時間』 20分/回(説明5分+ふれあい15分)
『整理券』 午前の部: 9:45~ 午後の部:12:00~ 配付開始
『整理券配布場所』 なかよし広場前

※整理券はなくなり次第終了となります
※お一人様5枚までとさせていただきます
※3才以上から必要となります
※集合時間は厳守でお願いいたします
※途中入場はできません
※天候により入れ替え制を中止にする場合がございます

神奈川県横浜市西区老松町63-10 (大きな地図で見る
神奈川県横浜市西区老松町63-10
大きな地図で見る

アイコンの説明

  • 駐車場

    利用時間や台数制限を設けている場合もございますので、注意事項等ご確認ください。

  • 無料駐車場

    無料開放時間や台数制限を設けている場合もございますので、注意事項等ご確認ください。

  • 屋内施設

    雨天や寒暖等の天候を気にせず、一年中楽しめるスポットです。

  • 授乳スペース

    スペースによっては入場制限がございますので、注意事項等ご確認ください。

  • 給湯設備

    お子さまのミルク用給湯設備がございます。詳細は注意事項等ご確認ください。

  • おむつ交換室

    おむつ交換台や、おむつを捨てるためのゴミ箱がございます。

  • ベビーカー入場

    ベビーカーでも入場できるスポットです。複数人のお子さまとのおでかけも安心です。

  • ベビーカー貸出

    貸出可能台数や貸出場所は、注意事項等をご確認ください。

  • キッズスペース

    お子さまが楽しんで遊べるスペースを設けております。

  • キッズメニュー

    アレルギー情報については、注意事項等ご確認ください。

  • ペット同伴

    ペットの種類・大きさに条件がある場合もございますので、注意事項等ご確認ください。

  • バリアフリー

    設備内容や対応可能サービスは、注意事項等ご確認ください。

  • 託児所

    事前予約が必要な場合もございますので、注意事項等ご確認ください。

アイコンの説明
  • 駐車場
  • 無料駐車場
  • 屋内施設
  • 野毛山動物園_授乳スペース
  • 野毛山動物園_給湯設備
  • 野毛山動物園_おむつ交換室
  • 野毛山動物園_ベビーカー入場
  • 野毛山動物園_ベビーカー貸出
  • キッズスペース
  • キッズメニュー
  • ペット同伴
  • 野毛山動物園_バリアフリー
  • 託児所

野毛山動物園__1

見逃せない「動物たちのお食事タイム」と小動物たちとの「ふれあい時間」

野毛山動物園__1

飼育員の解説を聞きながら、動物たちが食事をとる様子を間近で観察することが出来ます。中でも、ライオンの食事タイムは、飼育員が馬肉や鶏肉を檻の格子に置いて行くのでライオンの息づかいが伝わるほどの臨場感!格子の上のほうに置かれた肉を、前足を上げて獲る姿は大きく迫力があります。ライオンの“ラージャー”のおっちょこちょいな性格で可愛らしい一面も見られると思います。その他にも、キリンが木の葉を上手に食べる舌使いが見られたり、飼育員に甘えるような素振りや、動物解説の中で新たな発見があったりと魅力たっぷりなイベントなのでぜひ立ち寄ってみてください。
毎日実施されている「お食事タイム」の開始時間はレッサーパンダ横の掲示板に案内があります(動物の体調などにより中止する場合があります)。主に食事タイムは午後なので、入園したらお目当ての動物の食事タイムをチェックしておきましょう!
※内容などは変更になる場合があります。

【なかよし広場】
モルモットやハツカネズミなどの小動物と触れ合い、子ども達が動物の命のぬくもりや大切さを体験し感じることが出来る場所です。
休日の整理券による入れ替え制の日は、まず始めに「ふれあい説明場所」で飼育員の人から、触れ合い時の注意点や動物たちの抱っこの方法のレクチャーを受けますので、抱っこが初めてな子でも安心です。子ども達は真剣な表情で耳を傾け、その後、触れ合いエリアに案内され、自由に好きな動物と触れ合うことが出来ます。ハツカネズミは小さな手を差し伸べると、直ぐによじ登り手の上を元気に歩き回っていました。モルモットを膝に乗せてなでると気持ち良さそうな表情が見られ、動きも穏やかなので動物が苦手な子にもおすすめです。ニワトリは時折大きな鳴き声をあげていて、少し大きいですが抱っこにチャレンジしてみるのもいいと思います。
平日は時間内の自由入場で、休日は整理券による入れ替え制です。長く触れ合いたいのであれば平日をおすすめします。

飼育員の解説を聞きながら、動物たちが食事をとる様子を間近で観察することが出来ます。中でも、ライオンの食事タイムは、飼育員が馬肉や鶏肉を檻の格子に置いて行くのでライオンの息づかいが伝わるほどの臨場感!格子の上のほうに置かれた肉を、前足を上げて獲る姿は大きく迫力があります。ライオンの“ラージャー”のおっちょこちょいな性格で可愛らしい一面も見られると思います。その他にも、キリンが木の葉を上手に食べる舌使いが見られたり、飼育員に甘えるような素振りや、動物解説の中で新たな発見があったりと魅力たっぷりなイベントなのでぜひ立ち寄ってみてください。
毎日実施されている「お食事タイム」の開始時間はレッサーパンダ横の掲示板に案内があります(動物の体調などにより中止する場合があります)。主に食事タイムは午後なので、入園したらお目当ての動物の食事タイムをチェックしておきましょう!
※内容などは変更になる場合があります。

【なかよし広場】
モルモットやハツカネズミなどの小動物と触れ合い、子ども達が動物の命のぬくもりや大切さを体験し感じることが出来る場所です。
休日の整理券による入れ替え制の日は、まず始めに「ふれあい説明場所」で飼育員の人から、触れ合い時の注意点や動物たちの抱っこの方法のレクチャーを受けますので、抱っこが初めてな子でも安心です。子ども達は真剣な表情で耳を傾け、その後、触れ合いエリアに案内され、自由に好きな動物と触れ合うことが出来ます。ハツカネズミは小さな手を差し伸べると、直ぐによじ登り手の上を元気に歩き回っていました。モルモットを膝に乗せてなでると気持ち良さそうな表情が見られ、動きも穏やかなので動物が苦手な子にもおすすめです。ニワトリは時折大きな鳴き声をあげていて、少し大きいですが抱っこにチャレンジしてみるのもいいと思います。
平日は時間内の自由入場で、休日は整理券による入れ替え制です。長く触れ合いたいのであれば平日をおすすめします。

野毛山動物園__2

「繁殖賞」を取った動物たちがいっぱい!

野毛山動物園__2

「繁殖賞」とは?
(公社)日本動物園水族館協会に加盟する動物園や水族館において、野生動物の飼育下繁殖の技術の向上を目的として、国内で初めて繁殖に成功した動物について表彰される賞です。(※生後6ヶ月以上生存した場合に表彰されます。)

ハクビシン、コンドル、カグー、ホウシャガメ、オシドリ、ブロンズトキ、他リクガメ何種かが表彰されています。
平成28年2月28日に、世界でも希少なヘサキリクガメの繁殖にも成功し、日本ではここでしか見ることの出来ないヘサキリクガメの赤ちゃんを爬虫類館で展示中です。さらに、普段なかなか目にすることが出来ない人工孵卵中の卵の様子も見ることが出来ます。絶滅危機にある動物を保護し守ることも、動物園の大切な役割であると知ることが出来、ここから動物の命の大切さや、思いやりの心が育ってくれると親としては嬉しいですね。

「繁殖賞」とは?
(公社)日本動物園水族館協会に加盟する動物園や水族館において、野生動物の飼育下繁殖の技術の向上を目的として、国内で初めて繁殖に成功した動物について表彰される賞です。(※生後6ヶ月以上生存した場合に表彰されます。)

ハクビシン、コンドル、カグー、ホウシャガメ、オシドリ、ブロンズトキ、他リクガメ何種かが表彰されています。
平成28年2月28日に、世界でも希少なヘサキリクガメの繁殖にも成功し、日本ではここでしか見ることの出来ないヘサキリクガメの赤ちゃんを爬虫類館で展示中です。さらに、普段なかなか目にすることが出来ない人工孵卵中の卵の様子も見ることが出来ます。絶滅危機にある動物を保護し守ることも、動物園の大切な役割であると知ることが出来、ここから動物の命の大切さや、思いやりの心が育ってくれると親としては嬉しいですね。

野毛山動物園__3

動物を見ながら季節で違う楽しみ方

野毛山動物園__3

春はお花見を楽しみながらのんびり散歩。夏の「ナイトのげやま」では閉園時間が遅くなり日中とは違った顔を見せる夜の動物たちに注目です。期間中ひだまり広場ではビアガーデンが開催されます。秋は紅葉を楽しめ、入口のトピアリーがハロウィン装飾になるので記念撮影にはもってこいです。冬は「野毛山クリスマス」、チンパンジー展示場前にクリスマスツリーが登場し素敵な撮影スポットになります。11月中旬頃からは、来年の干支をデザインした年賀状用の撮影スポットも登場します。
年4回発行の季刊誌「ふぉ~し~ず~ん」では、動物の紹介や、動物クイズ、イベント情報が記載されています。裏面にはスタンプを押すページがあり、毎号集めるとスタンプの数によってオリジナルのグッズをもらうことが出来ます(スタンプ2種類:シール、3種類:下敷き、4種類:缶バッチ)。スタンプは春号(3月1日発行)、夏号(6月1日発行)、秋号(9月1日発行)、冬号(12月1日発行)の4種類です。スタンプを押したり集めるのが大好きなお子さんにはうれしい企画なので是非集めてオリジナルグッズを手に入れてください。

春はお花見を楽しみながらのんびり散歩。夏の「ナイトのげやま」では閉園時間が遅くなり日中とは違った顔を見せる夜の動物たちに注目です。期間中ひだまり広場ではビアガーデンが開催されます。秋は紅葉を楽しめ、入口のトピアリーがハロウィン装飾になるので記念撮影にはもってこいです。冬は「野毛山クリスマス」、チンパンジー展示場前にクリスマスツリーが登場し素敵な撮影スポットになります。11月中旬頃からは、来年の干支をデザインした年賀状用の撮影スポットも登場します。
年4回発行の季刊誌「ふぉ~し~ず~ん」では、動物の紹介や、動物クイズ、イベント情報が記載されています。裏面にはスタンプを押すページがあり、毎号集めるとスタンプの数によってオリジナルのグッズをもらうことが出来ます(スタンプ2種類:シール、3種類:下敷き、4種類:缶バッチ)。スタンプは春号(3月1日発行)、夏号(6月1日発行)、秋号(9月1日発行)、冬号(12月1日発行)の4種類です。スタンプを押したり集めるのが大好きなお子さんにはうれしい企画なので是非集めてオリジナルグッズを手に入れてください。

野毛山動物園__4

年齢別の楽しみ方!

野毛山動物園__4

・0~2歳のお子さんのパパママへ
好奇心旺盛で何でも吸収するこの時期は、「なかよし広場」で動物の動きや、匂い、温もり、重さを直接感じてみてください。見ているだけでは解らないことを経験出来て、情操教育にも繋がると思います。
園内は山の傾斜を利用した作りになっているので階段も多くありますが、園内をぐるりと一周するようにスロープが整備されているのでベビーカーや車椅子で周る事も出来ます。園内マップを見ると、スロープのルートも解りやすく紹介されているので便利です。
オムツ替え台や授乳室などもあり、小さな子連れ家族が過ごしやすい設備が整っています。入口近くの「なかよしショップ」では紙おむつやおしり拭きの販売もあるので無くなってしまっても安心です。

・3~5歳のお子さんのパパママへ
「なんで?」「どうして?」などの疑問や質問が多くなってくるこの時期は、親でも知りえないことも多く回答に困ることがあります。「どうぶつたちのお食事タイム」では、動物たちがどんな食べ物が好きでどのように食べるかを間近で見ることが出来き、担当の飼育員の解説からは個々の性格や生態を学ぶことが出来るので親子で知識を深めることが出来ます。
人気の「なかよし広場」横には幼児用の広いトイレと手洗い場があります。動物と触れあうことに夢中になりすぎて急に「おしっこっ!!」と言われても大丈夫です。

・6歳以上のお子さんのパパママへ
学びにつなげていきたいこの時期は、夏休み中に行われる「一日飼育体験」が大人気のプログラムです。動物たちのエサの準備や獣舎掃除など、飼育員の仕事を体験できます。さらに「夏休み宿題教室」では、動物園のスタッフが先生になり、動物園ならではのエピソードを聞くことが出来ます。どちらも小学校夏休み期間中に実施され対象は5・6年生ですが、とても貴重な体験になると思うので是非応募してみてください。
毎月1回開催予定の「動物病院ガイドツアー」もあります。普段見ることが出来ない動物病院の中を見学し、スタッフからの解説を聞くことができます。年齢制限はなく当日申し込み制で先着15人(9時30分~入口イベント看板前に受付簿を用意)までの受付です。こちらも人気があるツアーなので早めの来園をおすすめします。

・0~2歳のお子さんのパパママへ
好奇心旺盛で何でも吸収するこの時期は、「なかよし広場」で動物の動きや、匂い、温もり、重さを直接感じてみてください。見ているだけでは解らないことを経験出来て、情操教育にも繋がると思います。
園内は山の傾斜を利用した作りになっているので階段も多くありますが、園内をぐるりと一周するようにスロープが整備されているのでベビーカーや車椅子で周る事も出来ます。園内マップを見ると、スロープのルートも解りやすく紹介されているので便利です。
オムツ替え台や授乳室などもあり、小さな子連れ家族が過ごしやすい設備が整っています。入口近くの「なかよしショップ」では紙おむつやおしり拭きの販売もあるので無くなってしまっても安心です。

・3~5歳のお子さんのパパママへ
「なんで?」「どうして?」などの疑問や質問が多くなってくるこの時期は、親でも知りえないことも多く回答に困ることがあります。「どうぶつたちのお食事タイム」では、動物たちがどんな食べ物が好きでどのように食べるかを間近で見ることが出来き、担当の飼育員の解説からは個々の性格や生態を学ぶことが出来るので親子で知識を深めることが出来ます。
人気の「なかよし広場」横には幼児用の広いトイレと手洗い場があります。動物と触れあうことに夢中になりすぎて急に「おしっこっ!!」と言われても大丈夫です。

・6歳以上のお子さんのパパママへ
学びにつなげていきたいこの時期は、夏休み中に行われる「一日飼育体験」が大人気のプログラムです。動物たちのエサの準備や獣舎掃除など、飼育員の仕事を体験できます。さらに「夏休み宿題教室」では、動物園のスタッフが先生になり、動物園ならではのエピソードを聞くことが出来ます。どちらも小学校夏休み期間中に実施され対象は5・6年生ですが、とても貴重な体験になると思うので是非応募してみてください。
毎月1回開催予定の「動物病院ガイドツアー」もあります。普段見ることが出来ない動物病院の中を見学し、スタッフからの解説を聞くことができます。年齢制限はなく当日申し込み制で先着15人(9時30分~入口イベント看板前に受付簿を用意)までの受付です。こちらも人気があるツアーなので早めの来園をおすすめします。

口コミ

  • 2019年02月21日 16:47

    お昼は持ち込みできます

    投稿者:投稿者さん(神奈川県 / 30代 / 女性)

    5.0
    おでかけ時期
    2019年2月
    おでかけした子ども
    1人
    使った金額
    1,001円~2,000円

    無料で有名な動物園です。駅から離れていて桜木町から歩いて行くと、長い坂道を登る事になります。山の上にあるので、バスに乗る事をお勧めします。動物の絵が描いてあるバスなので、動物に行く前から気分も上がります。 食事するところもあります。軽食の自動販売機もあります。大したことない食事なので、お腹いっぱいにはなりません。持ち込んでくる人が沢山います。 からあげは美味しかったです。 おやつや、ジュースは沢山売っていました。 出入口にソフトクリームが売っていて子供はみんな催促していました。 ふれあい動物園もあります。ネズミとニワトリとモルモットを触れます。12時付近はふれあい動物園自体昼休みになるので、それを見計らってスケジュールを立てるといいと思います。 トイレは、子供用のトイレもあります。

  • 2019年02月06日 11:52

    無料なのが凄いです!

    投稿者:まなままさん(埼玉県 / 40代 / 女性)

    4.0
    おでかけ時期
    2018年1月
    おでかけした子ども
    3人
    使った金額
    0円

    お正月三が日明けの4日に1泊2日で横浜に遊びに行きました。 事前に調べて動物園の駐車場がないとあったので 宿泊するホテルに車を預けて伊勢佐木町モールあたりから 小学一年生の子供と歩いて行きました。 坂が多くずっと登っていくような感じで歩きましたが 子供もいっしょにのんびり歩いても行けました。 伊勢佐木町モールから15分から20分ぐらいでした。 坂の途中に近隣の駐車場がありましたがそこからも少し歩く感じです。 入口へ行くと窓口もあり本当に無料なの?といった感じでした。 お正月だからか?おみくじが窓口の横に置いてあって 子供が喜んでやっていました。 動物園の中も傾斜のある場所に建てられていて 階段が多い印象でした。 無料とは思えないほど動物が沢山いてトラなどはガラス1枚挟んで 本当に近くから見ることができて子供も大喜びでした。 入口のところには小さなお土産屋さんもあって そこに軽食も売っていました。 動物園の横の公園の展望台もおすすめです。 横浜の街並みがよく見えました。

  • 2018年11月29日 0:04

    無料で楽しめる動物園☆

    投稿者:bossさん(神奈川県 / 30代 / 女性)

    5.0
    おでかけ時期
    2018年2月
    おでかけした子ども
    2人
    使った金額
    501円~1,000円

    図書館横の坂を登りきった場所にある動物園です。一番のポイントは入園料が無料というところ。無料なのに、きりんやライオン、ペンギンといったメインを張れる動物がたくさんいて、モルモットや鶏、ハツカネズミなどの小動物と触れ合えるコーナーもあります。 横浜駅からも頻繁に市バスが出ているのでアクセスがよく、お弁当を広げる広場も十分にあります。入園ゲート付近では軽食の販売もあり、小腹が空いたときにうれしいアメリカンドックなどが売られていました。

  • 2018年11月15日 23:56

    無料で大満足!!!

    投稿者:みーさーママさん(神奈川県 / 20代 / 女性)

    5.0
    おでかけ時期
    2018年9月
    おでかけした子ども
    1人
    使った金額
    0円

    親自身も子供の頃遠足で訪れたことがあるのでなかなか古い動物園です。坂なので大変ですが、桜木町駅から歩ける距離なので意外と便利です。入園無料なのであまり期待していませんでしたが、ライオンやキリンなど大型動物もおり大迫力で楽しめました!飼育員さんが説明しながらエサやりを見学させてくれるのですが、平日で人もまばらだったこともあり背の小さい子どももじっくり見学できました。迷子の心配がないのでたくさん歩かせてあげられましたし、気になる動物には自分で近付いていって楽しんでいました。ふれあいコーナーもありましたよ。

運営事務局より

※口コミ内容(料金やサービス内容等も含む)は、施設を利用した当時の体験にもとづく主観的なご意見・ご感想であることをご理解のうえ、ご活用いただけますようお願いいたします。

施設名

野毛山動物園

ノゲヤマドウブツエン

料金
★入園料無料★

☆無料貸し出し☆
ベビーカー…7台
車椅子…3台
※数に限りがあり当日先着受付になります。
住所
神奈川県横浜市西区老松町63-10 (大きな地図で見る
神奈川県横浜市西区老松町63-10
大きな地図で見る
アクセス
京浜東北線桜木町駅 徒歩 15分
京急本線日ノ出町駅 徒歩 10分
ブルーライン桜木町駅 バス乗り場6番 バス 8分
【車でお越しの場合】
首都高速道路・横羽線「みなとみらい」出口→「みなとみらい大通り」を桜木町駅方面へ→「さくら通り西」交差点を右折→「戸部一丁目」付近交差点を左折→「野毛坂交差点」を右折→坂の上に動物園があります。
※専用駐車場はありません、近隣の有料駐車場を利用ください。
【バスでお越しの場合】
横浜駅又は桜木町駅から市営バス89系「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」 下車すぐ「ぶらり野毛山動物園BUS」かわいい動物たちが描かれた黄色いラッピングバスが目印です。(土日は一部普通の市営バスが運行しています。)
営業時間・定休日
定休日
月曜
09:30 ~ 16:30
入園は16:00まで

☆休園日
毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日~1月1日
※5・10月は無休です。

☆なかよし広場

~平日~
『ふれあい時間』 ①9:45~11:45 ②12:15~14:15 ③14:45~16:15
『定員』 定員なし※整理券不要
『時間』 時間制限なし

~土日祝~
『ふれあい時間』 午前の部:10:00~12:00※最終入場11:40 午後の部:13:30~15:30※最終入場15:10
『定員』 150名/回
『時間』 20分/回(説明5分+ふれあい15分)
『整理券』 午前の部: 9:45~ 午後の部:12:00~ 配付開始
『整理券配布場所』 なかよし広場前

※整理券はなくなり次第終了となります
※お一人様5枚までとさせていただきます
※3才以上から必要となります
※集合時間は厳守でお願いいたします
※途中入場はできません
※天候により入れ替え制を中止にする場合がございます
電話 045-231-1307
禁煙・喫煙 分煙
駐車場
なし
【駐車場】
台数:0台(近隣の有料駐車場を利用ください。)
障がい者用:3台(無料、予約不可) 
*数に限りがあり当日先着受付になります。
学校などの教育団体のみバスの利用可能、7台分(予約制)
対象年齢
プレママ向け / 0歳向け / 1歳向け / 2歳向け / 3歳向け / 4歳向け / 5歳向け / 6歳向け / 7歳向け / 8歳向け / 9歳以上向け
カテゴリ 動物園
こだわり プレママ向け / 0歳向け / 1歳向け / 2歳向け / 3歳向け / 4歳向け / 5歳向け / 6歳向け / 7歳向け / 8歳向け / 9歳以上向け / 屋外施設 / ベビーカー入場可 / ベビーカー置き場あり / ベビーカー貸出あり / 給湯施設あり / おむつ交換室あり / 授乳スペースあり / バリアフリー / 分煙

掲載している情報についてのご注意

各店舗・施設の情報(所在地、受付時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行うことをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告
閉じる