メンズパーマ 手鏡を持つ笑顔の男性

かけたてのメンズパーマを維持する方法

EPARKビューティークーポン

一昔前はパーマと言えば女性のものでしたが、最近は自然なニュアンスパーマも増えたため、男性のパーマもだいぶ一般的になってきました。スタイリングが簡単になるのもパーマのメリットですが、パーマがとれてしまうとスタイルが決まりにくくなったり、だらしなく見えてしまったりします。

特に男性のパーマは、ナチュラルなニュアンスパーマが主流のため、どうしても少しとれただけでスタイルが決まりにくくなってしまいます。かけたてのメンズパーマをできるだけ維持する方法をご紹介します。

監修者

shibuya-tsuyoshi

くりあ hair make

美容師・くりあ hair make 代表

渋谷剛 さん

パーマ後24時間はシャンプーしないこと

最初のポイントは、パーマをかけた後24時間はシャンプーをしないことです。パーマは薬剤によって髪の内部の構造を変化させて形作りますが、その形が定着するのに24時間はかかると言われています。定着する前にシャンプーをしてしまうと、形がうまく定着せずに、パーマがすぐにとれてしまいます。

同じ理由から、髪内部に浸透するトリートメントも使わないようにしましょう。なお、リンスは髪の表面を整えるだけで内部に浸透しないので使ってOKです。髪を洗いたい場合は、ぬるま湯で洗ってリンスだけ馴染ませるようにしましょう。

パーマがかかりにくい、とれやすい髪質の方は、できれば2日、シャンプーとトリートメントを控て、流しのみにしていただくとスタイルが長持ちします。

シャンプーは洗浄力がマイルドなものを

次に、パーマヘア用のシャンプーを使うことです。パーマ用のシャンプーはパーマを長持ちさせるように作られていますので、パーマがとれにくくなります。

とはいえ、どこにでも売っているというものではないので、パーマ用のシャンプーが見つからないときは、洗浄力のマイルドなシャンプーを選ぶようにしましょう。洗浄力が強いと、髪が傷む原因にもなりますし、パーマがとれやすくなります。

自然乾燥はNG!ドライヤーで乾かしましょう

最後に、ドライヤーでしっかり髪を乾かすことです。男性は髪が短いので、つい自然乾燥で済ませてしまったり、ドライヤーも軽くかけるだけという人が多いですが、これもパーマがとれる原因になってしまいます。

なぜなら、自然乾燥は髪がとても傷むからです。濡れている状態の髪はキューティクルがはがれやすく、ダメージを受けやすい状態です。ダメージを受けて髪が傷むと、パーマの形を維持できなくなって、とれやすくなってしまいます。

「ドライヤーの熱で髪が傷むのでは」と心配する方もいるかもしれませんが、自然乾燥のほうがよっぽど傷むので、しっかり乾かしましょう。ドライヤーのかけすぎももちろん注意です。

以上が、かけたてのメンズパーマを維持する方法です。正しいケアでせっかくのスタイルを長持ちさせたいですね。

くすみ(*1)も毛穴もケア!革新的クレンジング

\300円OFF&初回送料無料(*2)

大人気クレンジングオイルに、
今ならハリ肌ローションも付いてくる!(*3)

*1 古い角質汚れのこと。
*2 アテニア通信販売のご購入が初めての方は送料無料。すでにご登録のある方は送料350円(税込み)のご負担をお願いします。
*3 お一人様1セット1回限り。※なくなり次第終了となります。
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
mocobe(モコビ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する LINEでシェアする

抜くのはNG!うねうね毛原因は?

美容師に聞く!ナイトキャップは逆効果?

関連キーワード

関連キーワード