百日咳の「特有の咳」ってどんな咳?赤ちゃんは要注意!検査・治療の方法

更新日:2022-08-02 | 公開日:2020-11-17
0
百日咳の「特有の咳」ってどんな咳?赤ちゃんは要注意!検査・治療の方法

咳が全然治まらない。
もしかして…百日咳?

お医者さんに百日咳の「特有の咳」について聞きました。百日咳が疑われる場合は、病院に行きましょう。

監修者
荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

百日咳の「特有の咳」ってどんな咳?

医師男性
百日咳は、小刻みに何度も繰り返し咳をします。
コン、コン、エホ、エホ、などの咳が続き、息継ぎの際に「ヒー、ヒュー」などの特徴的な吸い込み音がします。

これらの症状をレプリーゼ(発作性けいれん性咳そう)と言います。

また、激しい咳に嘔吐を伴うこともあります。さらに夜になると咳はひどくなります。あまりに咳をするので、顔がうっ血する場合もあります。

百日咳の「症状の経過」

医師男性
百日咳は、初めは風邪をひいたような症状が現れます。
次第に咳だけが強く残ります。

咳はひどくなりながら1〜2週間続き、その後徐々に咳は減り良くなっていきますが、半年くらいは、引き続き咳が出やすい状態が続く場合もあります。

なお、重症化する子供もいて、肺炎、脳症、チアノーゼ、けいれん、呼吸停止などを発症します。

百日咳を「放置してはいけない理由」

医師男性
「百日咳」は、ただの咳ではなく、重症化の危険のある咳です。

また、抗菌薬も適切なもの以外効果がありません。

特に予防接種がまだの小さな子どもがいる家庭では、感染が命取りになることもあります。特に生後6ヶ月未満の赤ちゃんが最も重症化しやすいですが、それ以上の子どもでも重症化するリスクがあります。

医師男性
早めに病院で適切な治療を受けて、ご家族を感染から守りましょう。

子どもの場合は…小児科へ

小児科を探す

大人の場合は…内科・呼吸器内科へ

内科を探す

咳止め薬は使ってもいい?

医師男性
市販されている咳止め薬では、百日咳の咳を収めるのは困難です。

市販の咳止めは、呼吸制御作用が強すぎて、小さな子どもの場合、呼吸が止まってしまう事故が起きることもあります。

百日咳を疑ったときは、まずは小児科で診察を受けましょう。
百日咳の治療には、抗菌薬が使われます。通常、数日の使用で快方に向かいます。

医師男性
早めに病院で治療を受けて、つらい咳を長引かせない様にしましょう。

咳から家族にうつる?

医師男性
百日咳は、咳で親や兄弟にうつることがあります。

百日咳に感染した家族がいる場合は、咳やくしゃみといった飛沫感染、接触感染でうつります。家族は、マスクを着用し、うがい手洗いを徹底してください。

赤ちゃんは要注意!

医師男性
特に、生後6ヶ月未満の乳幼児は、重症化リスクが高くなります。

小さな赤ちゃんは、まだ呼吸機能の働きが低いので、咳が続くと重症化することがあります。チアノーゼ、呼吸停止、けいれんを発症します。

病院を受診する目安

百日咳 小学生

医師男性
風邪症状の後、2週間近く咳が止まらないときは病院を受診しましょう。

特に、

  • 咳の合間に息を吸い込む時に顔が真っ赤
  • 「ヒュー、ヒー」といった吸い込み音
  • 嘔吐を伴う咳

がみられるときは、早急に受診しましょう。

何科を受診?

医師男性
子どもの場合は小児科、大人の場合は内科・呼吸器内科を受診してください。

来院する場合は、マスクを着用させて、他の方への感染に留意しましょう。
医師へは、「咳が出始めた時期」や「息を吸う時に出る音」を伝えてください。夜間に咳がひどくなる場合は、その内容も伝えましょう。

小児科を探す

内科を探す

百日咳の検査・治療

医師男性
綿棒で、鼻腔を拭うPCR検査や血液検査を用いて調べます。

咳などの症状を総合的に判断して、百日咳を疑うときに検査を行います。

百日咳と診断されたら、抗菌薬を投与します。また、咳止めや気管支拡張剤などを使用して、症状を軽くするようにします。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 0
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事