症状別|ウイルス性胃腸炎の市販薬の使用可否。吐き気・下痢・頭痛など

公開日:2019-10-01 | 更新日:2020-09-15
34
症状別|ウイルス性胃腸炎の市販薬の使用可否。吐き気・下痢・頭痛など

「下痢や腹痛、吐き気の症状…ウイルス性胃腸炎かも?」
そんなとき、市販薬や鎮痛剤を服用してもいいのか迷いますよね。
今回は、ウイルス性胃腸炎が疑われる場合の市販薬の使用可否や、病院へ行くまでにどんな対処法をしたら良いかについて、お医者さんにお話を伺いました。

受付予約できる病院を探す


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

ウイルス性胃腸炎が疑われる場合の市販薬の服用

市販薬は避けた方が良い?

一般的なウイルス性胃腸炎は、ウイルスが体の中で爆発的に増えて、腹痛や下痢、嘔吐といった症状を起こします。
お子さんがウイルス性胃腸炎にかかってしまうと、トイレまで排泄が間に合わない、布団で嘔吐してしまうなど、保護者の方はヒヤヒヤしてしまうことが多くなります。
この嘔吐下痢は、体の中で増えたウイルスを体外に出す手段であり、むやみに、薬を使用して止めてしまうとウイルスが体内に長く留まり、体調不良を長引かせることがあるのです。

ウイルス性胃腸炎 市販薬 腹痛

体調や症状の状態によって対応が異なることもありますが、ウイルス性胃腸炎にかかった際は、早めに医療機関を受診し、市販での下痢止めや、吐き止めの薬の使用はなるべく避けるようにしましょう。病院で点滴などを受けて、脱水などの対処を早く受けるようにしましょう。

内科・胃腸内科を探す

症状別!病院に行けないときの対処法。市販薬が使えるのは?

吐き気が止まらない

このようなときに、無理に水分を取るとまた吐くことがあります。まずは1時間程度、何も口に入れず様子を見てみてください。吐き気がおさまったら経口補水液や水分を少量口に含ませ飲んでみます。その後、徐々に経口補水液や水分、スポーツドリンク、スープなどを少量ずつとってみましょう。

下痢が止まらない

下痢は、ウイルス性胃腸炎の症状ですが、数十回下痢を繰り返す・下痢が止まらない・便に血が混じるという場合は、緊急で病院を受診してください。合併症や重い食中毒の恐れがあります。
吐き気が強い場合にも早めに医療機関を受診しましょう。腸炎で一番問題となるのは下痢や吐き気による脱水です。

頭が痛い

ウイルス性胃腸炎による頭痛であれば、使用上の注意を守り、鎮痛剤を使用することもできます。

発熱している

ウイルス性胃腸炎 市販薬 体温計

こちらも、辛ければ、頭痛同様に解熱鎮痛剤を使用できる場合もあります。ウイルス性胃腸炎の場合、発熱は37~38℃になることがあります。
しかし、あまりに高い熱がある、高熱が下がらないといった場合には、別の病気も視野に入れ検査する必要があります。早めの病院受診を心がけてください。

内科・胃腸内科を探す

市販薬を服用する際の注意点

子どもが大人と同じ市販薬を服用しても大丈夫?

しかたなく市販薬を使用される場合は、子どもは必ず子ども用のものを使用してください。
子どもは体も小さく、抵抗力も弱く、内臓の働きも弱い場合があります。薬の添付文書を確認の上、年齢や体重にあった薬の量を使用してください。
市販薬の使用は薬剤師によく相談してから使用してください。

市販薬を服用する際の注意点

ウイルス性胃腸炎 市販薬 受診

市販薬を使用して、具合が悪くなった場合は、すぐに使用をやめ病院を受診してください。その際、飲んだ薬も受診の際に持って行きましょう。

内科・胃腸内科を探す

まとめ

ウイルス性胃腸炎が様子を見てもよくならない、水分を取ることができないといった場合は、大人の場合は内科・胃腸内科を受診して診察を受けましょう。

内科・胃腸内科を探す

子どもの場合は、小児科を受診しましょう。

小児科を探す

ウイルス性胃腸炎は、ワクチン等では予防することができません。日常生活での日々の予防が重要です。こまめに石鹸を使った手洗いやうがいなどを徹底し、食品はよく火を通して食べましょう。

<参考>
厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
IDSC感染症情報センター ノロウイルス感染症とその対応・予防
http://idsc.nih.go.jp/disease/norovirus/taio-b.html


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 34
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード