子宮筋腫の検査、受けるべき?検査方法や費用。痛い?何科?|医師監修

公開日:2020-05-18 | 更新日:2020-09-15
9
子宮筋腫の検査、受けるべき?検査方法や費用。痛い?何科?|医師監修

検査を受けるタイミングやメリットも知っておきましょう。
30歳以上で、3人に1人ほどの女性がなっているという子宮筋腫。「もしかして自分も…」と不安になる女性も少なくありません。

お医者さんに、子宮筋腫の検査を受けるべきケースを聞きました。「検査はどういうことをするの?」「痛いの?」といったよくある質問にも答えます。

婦人科・産婦人科を探す


監修者

石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

こんなときは、検査を受けよう!

医師男性
・月経痛
・過多月経
・貧血
・下腹部の痛み
等の症状がある場合は、子宮筋腫の検査を受けるべきでしょう。

子宮筋腫が大きくなると、周囲の臓器を圧迫することにより頻尿便秘腰痛などの症状が出てくることもありますので、検査をおすすめします。
また、子宮筋腫が大きくなると妊娠しにくくなります。今後、妊娠を希望する方は必ず医師に相談しましょう。

婦人科・産婦人科を探す

検査を受けるメリット

医師男性
貧血や不妊、流産、早産のリスクを回避できます。

また、筋腫が急激に大きくなる場合は、まれに子宮肉腫悪性腫瘍の可能性もあります。検査を受けることで、これらの重篤な病気の早期発見に繋がります。

【子宮筋腫の検査方法】内容・痛み・時間

どんな検査をするの?痛みは?
子宮検査の検査方法について、詳しく解説します。

検査内容

まずは、内診で子宮の大きさや痛みなどを確認します。
そして超音波検査で腫瘍を確認して診断を行います。腫瘍の大きさによってはMRI検査を行うこともあります。
また貧血状態を確認するために、血液検査も行います。

痛みはある?

医師男性
基本的には、痛みを伴う検査ではありません。

痛みの感じ方には個人差があるの、まれに痛みを伴うことがあります。
内診では膣から指を入れて、お腹の上から子宮全体の形、大きさなどをみますので、力を抜いて検査を受けるとよいでしょう。

※検査後に痛みが出た場合は、速やかに医師に相談してください。

検査時間はどのくらい?

医師男性
目安として、
内診・超音波検査は数分以内
MRI・CT検査を行うと、約20〜30分程度かかるでしょう。

検査結果はいつわかる?

医師男性
内診・超音波検査は、その場で結果が分かります。

血液検査に関しては、病院独自で検査を行える場合はその場で結果が出ます。層でない場合は1〜2週間程度結果出るまでかかる場合があります。

生理中にも受けられる?

医師男性
できれば、生理中は避けましょう。

生理中は、出血の影響で検査の質が落ちるなど影響が出る可能性があります。

検査は保険適用になる?

医師男性
子宮筋腫の検査は、健康診断で指摘されたり、既に症状がある場合は、保険適用です。

しかし、子宮筋腫かどうか判断するための検査は自費診療となります。
健康診断や地方自治体では、子宮癌検診など無料で受けられる場合もありますので、ご確認ください。

検査は何科に行けばいい?

診察券

医師男性
子宮筋腫の検査は婦人科または産婦人科を受診することをお勧めします。

ご自身のかかりつけの医院等ある場合は、一度相談をして紹介してもらうこともひとつ方法です。

婦人科・産婦人科を探す

治療法についても知っておこう

医師男性
子宮筋腫は、治療が必要な場合と、経過観察で様子を見る場合があります。

症状が軽いうちに、病院にいくようにしましょう。

症状が軽い場合は対症療法が主になります。貧血症状・圧迫症状等が重く、生活に支障が出るような症状の場合は治療を行います。
経過観察の場合は定期的に検査を行い、妊娠の希望の有無や子宮温存の希望の有無を考えながら治療を行います。

治療が必要な場合は、薬物療法と手術療法があります。

薬物療法

薬物療法は、子宮筋腫を小さくする、出血、痛みの緩和等に用います。
薬物療法の一つとして、月経を止める治療(偽閉経療法)があります。これは、手術前に一時的に使用したり、閉経が近い年齢の方などの治療に用いられます。

薬物療法を行うと、女性ホルモンの分泌が少なくなり、更年期障害のような状態になったり、骨量の減少を伴うこともあり、半年以上の長期治療はできません。また、治療を中止すると筋腫が元の大きさに戻ってしまいます。

手術療法

手術の場合は子宮の全摘出と筋腫だけをとる場合があり、妊娠を望む場合は筋腫摘出のみを実施します。子宮筋腫で手術を受ける場合、一般的に入院期間は10日〜2週間程度です。

参考

公益財団法人 日本産婦人科学会
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=8
公益財団法人 日本婦人科腫瘍学会
https://jsgo.or.jp/public/kinshu.html
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 9
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード