【女性】尿の出口が腫れている!原因は?自分で治せる?病院に行く?

更新日:2022-04-22 | 公開日:2021-02-17
37
【女性】尿の出口が腫れている!原因は?自分で治せる?病院に行く?

おしっこの出口のところが腫れているのはなぜ?
自分で治すにはどうすればいい?

ちょっと恥ずかしい、デリケートゾーンの悩みに、お医者さんがお答えします。
尿の出口が腫れる原因や病気の治療法などについて、わかりやすく解説しています。

監修者
荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

なぜ?「尿道口が腫れる」原因

医師男性
  1. イボの集まり
  2. 良性の腫瘍
  3. 何らかの感染症

などが原因であると考えられます。

放置しても…大丈夫?

尿道が腫れています。
放置していても…自然に治るでしょうか?
女性
医師男性
「放置する」「自然に治るのを待つ」のはおすすめできません。

放置すると、腫れが大きくなる可能性があります。
感染症であれば、それが体の奥にどんどんと侵入し、感染を広げます。

尿道口が腫れたら、泌尿器科や婦人科を受診しましょう。

自分で治せる?

医師男性
残念ながら、尿道の腫れを自分で治すことは難しいことが多いです。

尿道口が腫れたら、速やかに医療機関を受診し、治療を受けましょう。

泌尿器科を探す

腫れの正体は「病気」かも

尿の出口 腫れる

医師男性

尿道口が腫れるは

  1. 尖圭コンジローマ
  2. 尿道カルンクル

などの病気の可能性があります。

それぞれの症状の特徴を解説します。

病気①:尖圭コンジローマ

医師男性
性行為や傷口から、ヒトパピローマウイルスに感染することが原因で起こる病気です。

症状の特徴

  • イボができる
  • かゆみがある
  • ヒリヒリとした痛みがある
  • 性交時に痛みや出血がある


イボは一つだけできる場合と、たくさんできて全体が腫れる場合もあります。
イボの色:淡い紅色~褐色
イボ大きさ:米粒~親指くらい

病院を受診すべき?

医師男性
尖圭コンジローマを疑う症状が出ている場合は、速やかに泌尿器科や婦人科を受診しましょう。

尖圭コンジローマは、パートナーに感染する可能性があります。
妊婦さんの場合は、分娩時に赤ちゃんにうつしてしまう恐れがあります。

パートナーも感染しているケースがあるので、一緒に治療を受けましょう。

どんな治療をするの?

病院では、軟膏を塗る治療などを行ないます。
凍結療法・レーザー蒸散法(※)を併用することがあります。

※レーザー蒸散法:患部に炭酸ガスレーザーを照射し、病変を焼く治療法

放置すると…どうなる?

医師男性

尖圭コンジローマを放置すると、

  • パートナーにうつす
  • 患部が壊死する
  • 深刻な病気のリスクを高める

といったことが起こりえます。

放置すると、患部が壊死を起こし、悪臭が発生する場合があります。
さらに、ウイルス感染が子宮頚部にまで広がると、子宮頚ガンのリスクを高めます。

赤ちゃんが感染した場合、のどにイボができる「喉頭乳頭腫症」という病気になる恐れがあります。この場合、呼吸不全に陥ったり、手術を繰り返したりする可能性があります。

泌尿器科を探す

病気②:尿道カルンクル

医師男性
尿道カルンクルは良性の腫瘍です。
原因はわかっていませんが、尿の出口が繰り返し炎症を起こすことで発症すると言われています。

症状の特徴


尿の出口にできものが発生します。
こすれると、出血を起こすこともあります。

できものの色:ピンク色・暗赤色
できものの大きさ:数ミリ程度~大豆以上

病院を受診すべき?

医師男性
  • 出血を繰り返す
  • 1日に8回以上トイレに行く
  • 残尿感がある
  • 排尿時に痛みがある

上記のような症状が1週間程度続く場合、痛みが耐えられない場合、日常生活に支障をきたす場合は泌尿器科を受診しましょう。

どんな治療をするの?

お薬をつかう治療を行なうことが多いです。
主に、ステロイド軟膏や抗生剤軟膏を用いて治療を行います。
尿道カルンクルが大きい場合は、手術によって取り除くこともあります。

放置すると…どうなる?

細菌感染などを起こし、排尿障害などが起こる恐れがあります。

泌尿器科を探す

「今日も、疲れがとれないな…」

「ぐっすり眠りたい…」
「リラックスして、スッキリしたい」

あなたにぴったりの入浴レシピがスグわかる!医師監修の入浴アプリ「Onsen*」で、いつもの入浴を”癒やしのスパ”にしませんか?

※現在、iOSのみ対応しています。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 37
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事