扁桃炎はうつる?うつらない?【医師が解説】キスや性行為で感染するの?

公開日:2019-12-27 | 更新日:2020-12-18
216
扁桃炎はうつる?うつらない?【医師が解説】キスや性行為で感染するの?

扁桃炎は、喉の奥にある扁桃がウイルスや細菌に感染して発熱など全身症状を引き起こすものです。
喉が痛いとものを食べることが難しくなり、長く続くと体力も奪われます。
こういったつらい症状が生じる扁桃炎は、早く治したいのはもちろん、できるだけ人にうつしたくないですよね。
でも実際には、扁桃炎は人にうつる病気なのでしょうか
この記事では、扁桃炎について詳しくご紹介します。


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

扁桃炎はうつる?うつらない?

扁桃炎の発症には個人差がある

扁桃炎の原因となる菌やウイルスは、風邪菌やアデノウイルス、インフルエンザウイルス、肺炎球菌など様々です。

先生(男性)
これらの細菌やウイルスに感染しても、必ず扁桃炎を発症するわけではなく、扁桃炎の発症には個人差があります。
人には免疫があるので、人によって同じ菌に感染しても出る症状が違います。

扁桃炎には2パターンある

扁桃炎には一時的な細菌やウイルスに感染して起きる「急性扁桃炎」と、扁桃に常時いる菌から発症する「慢性扁桃炎」があります。
慢性扁桃炎は、疲れにより免疫が低下した際や、他の菌により攻撃を受け体が弱ってしまうと扁桃にいる菌が再び力を増し、扁桃炎を繰り返し何度も発症させます。

性行為やキスでうつる?

キス

性行為でうつるの?

先生(男性)
性行為だけですぐに扁桃炎がうつることはありません。
ただし、扁桃炎を併発する可能性のある病原菌をうつされれば、体調が悪い時や慢性扁桃炎を持っている人は発症する場合もあります。

細菌感染症とウイルス感染症では感染の広がりやすい範囲も変わってきます。
一般的には細菌感染症よりもウイルス感染症の方が広範囲に広がりやすいと言われています。
そのため、病因となっている微生物によりうつりやすさも変わってきます。

潜伏期間中に原因菌がうつる場合も

たとえ、発症前の潜伏期間中だとしても性行為等でパートナーにうつしてしまう可能性があるので、自身の体調が良くないときはパートナーへの感染なども配慮するようにしましょう。

扁桃炎は性行為でうつると言われる理由

先生(男性)
おそらく扁桃炎が出てしまうような免疫の低下は、エイズ(後天性免疫不全症候群)の症状ではないかとの誤解から、このような質問が度々上がるのでしょう。

エイズは、確かにあらゆる病気にかかりやすくなります。
原因となる性行為の後に、扁桃炎だけでなく風邪症状や全身の倦怠感などが1週間から~数週間続き、自然に良くなり一時的に無症状となります。

性行為の後に体調の変化があったら注意!

無症状になった後、また具合が悪くなるまでの期間には個人差がありますが、体調が悪くなり様々な病気を発症します。
扁桃炎だけが症状ではありません。
性行為の後に体調がおかしい、なんとなくだるいなど、おかしいと感じたらエイズ検査を受けてください。

扁桃炎はキスでうつるの?

先生(男性)
キスをすることで、唾液を顔や口元につけて、菌が体内に侵入しやすくしてしまう可能性があります。
その行為で、扁桃炎を発症させる病原菌やウイルスがうつることがあります。

扁桃炎を発症している人は、むやみに免疫の弱い赤ちゃんや小さな子どもにキスや接触をするのは避けましょう。

扁桃炎になりやすい人

何回も症状が出る・風邪をひくと必ず喉症状が強いなどという場合、扁桃に常に何らかの菌をもっている可能性が高くなります。

扁桃炎にならないようにするためには?

炎症を起こさないよう、歯磨きやうがいをしたりと衛生的に保ちましょう
また、暴飲暴食やタバコ、アルコールなどの刺激も控えた方が良いです
さらに、疲れやストレスも溜めないようにすることが大切です。

扁桃炎を発症した場合の対処法

病院は何科を受診するの?

扁桃炎だけの症状なら内科、耳鼻咽喉科を受診します。
発熱や悪寒などの全身症状も出ている場合は、内科を受診してください。

内科・耳鼻いんこう科を探す

自宅でできる対処法

日頃からうがいを積極的に行い、免疫の低下を避けるためにも、食事や睡眠をしっかりととりましょう。

扁桃炎用の市販薬も活用して

また、市販の扁桃炎用の薬やうがい薬、スプレーなどを使用することで、炎症を抑えて早く快方へ向かうことが期待できます。
ある程度炎症が強い場合は、抗生物質、消炎鎮痛剤、解熱剤などを服用する必要があります。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 216
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード