【梅毒が急増中】感染しない&させないためにやるべきこと

公開日:2018-12-06 | 更新日:2020-09-15
0
【梅毒が急増中】感染しない&させないためにやるべきこと

梅毒は戦後に流行した感染症でしたが、その後は、徐々に減少傾向にありました。 しかし、近年になって増加傾向にあるのをご存じでしたか? 梅毒には、「昔の病気」というイメージがあります。 ですが、近年の増加傾向を踏まえると、「まさか、自分も感染していた」ではすまされない状況になっているのです。

皮膚科を探す


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

梅毒は増加している

梅毒患者数の推移は、次のように増加傾向にあります。 平成25(2013)年 1228件 平成26(2014)年 1661件 平成27(2015)年 2690件 平成28(2016)年 4575件 平成29(2017)年 5820件 ※厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html 梅毒患者増加傾向 厚生労働省は、注意を呼びかけました。 長野県では、過去最多の梅毒患者数が、記録されました。 しかし、梅毒患者の増加傾向は長野県に限らず、全国的に同じような傾向が出てきています。 なぜ、ここ数年、患者数が増加しているのでしょう。

梅毒トレポネーマ

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌に感染すると発症します。 感染経路は、主に性交渉時の接触です。 梅毒を、まだ「戦後間もない頃の病気」と思い込んでいる人は多いかもしれません。 その思い込みが、梅毒が流行した原因の一つと考えられています。 知識がとぼしいために、感染を未然に防ぐ対策がとられていないのです。 もう一つ考えられるのは、感染源が外国人観光客から持ち込まれ、若い女性を中心に感染が広がったのではないかという推測です。

パートナーにうちあけよう

うっすらと、赤い発疹

梅毒に感染すると、3週間程度で、細菌が侵入した部位にしこり、潰瘍ができます。 痛みを感じないこともあるので、気づかないまま他人に感染させてしまう恐れもあります。 梅毒の症状が進行すると、体のさまざまなところに、うっすらと赤い発疹が確認できるようになります。 妊婦が感染すると、胎盤を通して赤ちゃんも感染し、次のようなことが起こる危険があります。

  • 死産
  • 早産
  • 新生児死亡
  • 奇形などのリスク

治療期間中は、性交渉を避ける

梅毒と診断されると、抗菌薬が処方され、薬物療法を開始します。 抗菌薬を正しく服用すれば、治療は可能です。 医師から、もう大丈夫との指示が出るまで、内服は欠かさないでください。 梅毒は、性交渉や粘膜接触などからの感染が、主な原因なので、治療期間中の性交渉は避けます。 症状によっては、性交渉のパートナーも、一緒に治療してもらう必要があります。 感染を広げないためにも、梅毒にかかったことをパートナーに内緒にしておかないで、一緒に治療を受けてください。

皮膚科を探す

恥ずかしがらずに、病院へ

キスだけでも、うつる?

梅毒は、性交渉や粘膜に触れる行為(例:キス)などによって感染する病気です。 そうした行為をしたことがわかるため、感染の兆候が見られても、ちょっと病院に行きづらいというのが本音ではないですか? しかし、発症したまま放置していると、感染を広げてしまうかもしれません。 妊娠中の女性は、胎児への悪影響もみられます。 重症化すると、臓器にも異常がみられ、死亡する恐れもあるのが梅毒だということを、よく理解しておいてください。

感染を広げないために

「梅毒かもしれない」と思ったら、検査を受けてください。 医療機関であれば、検査は医師の問診と、血液検査です。 症状があるのに放置して、重症化してしまうと体への負担も大きくなって危険です。 梅毒は、放置していたら悪化する一方ですが、正しく治療をすれば、また健康な体に戻すことができます。 感染を広げないためにも、検査を受け、感染していれば早めの治療をしてください。 そして、感染者との性交渉は避ける、コンドームを使用するなどで感染を予防し、自分の身を守ることが大切です。

皮膚科を探す

【参考文献】 ※厚生労働省 性感染症報告数 https://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.htm


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 0
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード