ものもらいはうつる!?市販の目薬は?原因や治るまでの期間|眼科医が解説

公開日:2019-01-28 | 更新日:2020-08-27
179
ものもらいはうつる!?市販の目薬は?原因や治るまでの期間|眼科医が解説

ものもらいには、霰粒腫(さんりゅうしゅ)、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、マイボーム腺梗塞、マイボーム腺炎があります。
ものもらいは、重症化することはあまりないとされています。
しかし、実際にできると、視界が狭くなったり、異物感があったり、時に痛みや痒(かゆ)みを伴ったりする、厄介な病気です。

眼科を探す


監修者

山内 明子 先生

田町三田やまうち眼科
眼科医

山内 明子先生

経歴

田町三田やまうち眼科。東京医科大学眼科入局

主な症状は、まぶたの赤み・腫れ・かゆみ

  • まぶた周りのまつげの汗腺
  • 毛根
  • 脂腺など

これらの場所に、細菌が感染すると、ものもらいを発症します。
次のような症状が見られるケースが、多いとされています。

  • まぶたの腫れ
  • 赤み
  • 痛み
  • かゆみ
  • 異物感など

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、ものもらいのひとつです。
まぶた表面に付着している、黄色ブドウ球菌などの細菌が、まぶたの分泌腺・毛穴に侵入して感染し、化膿(かのう)した状態です。
主な症状としては、まぶたの赤み・腫れ・かゆみが挙げられます。
徐々に痛みを生じるようになり、耳の付け根のリンパ節にまで、腫れが広がる場合があります。

悪化すると、膿が出るの?

麦粒腫が悪化すると、化膿(かのう)することがあります。
化膿が進行すると、痛みを伴い、腫れた部位から膿(うみ)が出ることがあります。
膿が出ると、症状が改善される場合が多いです。

アイメークが強いと、ものもらいに?

ものもらいができる多くの原因は、まぶた周りの不衛生状態です。

  • 過度のアイメークで、分泌腺の出口がふさがれる
  • コンタクトレンズを正しく使用していない
  • もともと、にきびができやすいなど

また、つい目をこすってしまうと、細菌に感染するリスクが高まります。
次のようなことも、ものもらいの原因になります。

  • 季節の変わり目
  • 体調不良
  • 睡眠不足
  • 過度の飲酒
  • ホルモンバランスの乱れなど

自分でできる対処法を教えて

目の周りを清潔にする

軽症のものもらいであれば、患部に触れないようにします。
清潔な状態を維持すると、自然治癒する場合があります。

まぶたを温める

マイボーム腺出口が詰まって、症状が現れている場合には、清潔なホットタオルで目の周辺を温めます。
脂が柔らかくなり、詰まりが解消し、症状が快方に向かう場合があります。

市販の点眼薬を使う

軽症であれば、薬局などで購入できる、市販の抗菌作用がある点眼薬の使用で、症状が改善するケースもあります。
しかし、腫れがひどい場合や、市販薬を使用しても、改善がみられない場合には、早めに眼科を受診して、治療を開始してください。

悪化したら手術をすることも…

  • 目の痛み
  • まぶたの腫れ
  • 目の充血
  • めやに
  • 涙の量が増える
  • 異物感など

これらの症状がある時、市販の目薬でも良くなることもあります。

しかし、良くなるまでに時間がかかったり、重症化したり、再発を繰り返したりするなどの可能性があります。
発症後、2~3日で改善がみられない場合には、眼科を受診しましょう。

眼科で症状に合った治療を受けると、通常は2週間ほどで良くなるケースが多いです。
治療では、次のような薬が処方されます。

  • 抗菌点眼薬・抗菌眼軟こうなどの処方(軽症時)
  • 抗菌点眼薬・抗菌眼軟こう・抗菌内服薬・消炎点眼薬などの処方(重症時)

化膿が悪化している場合には、切開手術が行われることもあります。

眼科を探す

ものもらいにならないようにするには

目を清潔にしておく

次のようなことを心がけてください。

  • 汚れた手指・タオルなどで目に触れない
  • アイメーク後は丁寧にしっかり落とす
  • コンタクトレンズは手指を洗ってから使用し、正しい使用方法を守る
  • 前髪の長さに気を付けるなど

体の抵抗力、免疫力を維持する

体の抵抗力・免疫力が落ちていると、細菌に感染しやすくなります。

  • 十分な睡眠をしっかり取る
  • 栄養バランスのよい食事を取る
  • ストレスや疲れをため込まないなど

抵抗力・免疫力を維持するためには、これらのことに気をつけてください。

刺激の強い食品を控える

  • 香辛料(唐辛子、にんにく)
  • ピーナツ類
  • 甲殻類など

これらは、炎症を引き起こしやすくする傾向があります。
ものもらいの原因になったり、症状を悪化させたりする恐れがあるので、できるだけ控えるようにしてください。

まとめ

「ものもらい」と「はやり目(流行性結膜炎)」を混同したり、一度に何カ所も出現したりするので、ものもらいはうつると思っている人も多いようです。
ものもらいは、細菌による感染が原因で発症するので、ウイルス感染ではありません。
人から人へ、感染はしません。
誰の体にも存在する、常在菌です。

ものもらいを予防するには、細菌に感染しない、細菌を増やさないことが、よい方法です。
ご説明した予防法も参考にして、ものもらいを未然に防ぎましょう。

【参考文献】
公益財団法人日本眼科学会:目の病気 麦粒腫
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ganken_bakuryu.jsp


監修者

山内 明子 先生

田町三田やまうち眼科
眼科医

山内 明子先生

経歴

田町三田やまうち眼科。東京医科大学眼科入局

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 179
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード