肩こりの市販薬の選び方!塗り薬と飲み薬どっち?病院は何科?【医師解説】

公開日:2019-11-08 | 更新日:2021-01-29
19
肩こりの市販薬の選び方!塗り薬と飲み薬どっち?病院は何科?【医師解説】

つらい肩こり。市販薬で解消できたら嬉しいですよね。
そこで、薬局で市販されている肩こり用の塗り薬や飲み薬はどうやって選べばいいのか、お医者さんに解説してもらいました。
症状がひどくて市販薬が効かないとき、病院ではどんな薬を処方してもらえるのかも伺いましたので、ぜひ参考にしてください。


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

肩こりの市販薬の選び方

飲み薬|筋肉を緩める、血行促進

飲み薬の多くは、緊張している筋肉を緩めてくれる成分や、血行を促進する成分が配合されています。飲み薬や漢方薬は、体全体に働きかけてくれます。
フェルビナクやインドメタシンなどの消炎鎮痛成分、ビタミンEが入った医薬品、または葛根湯や療方調律などが良いでしょう。また、肩こりや、それに伴う頭痛を感じている場合は、鎮痛剤を飲むと緩和されます。

塗り薬・貼り薬|患部に直接働きかける

Stiff shoulder medicine Compress

貼り薬や塗り薬の大きな特徴は、直接患部に当てることができる点です。
冷たく感じる冷湿布は、痛みや腫れを感じたときにおすすめです。温湿布は、冷えや血流が悪く感じるときに使ってください。塗り薬も用法に記載のある症状であれば活用しましょう。
貼り薬や塗り薬には、痛み止めのイブプロフェンや血行を良くするビタミンEなども使用されています。

飲み薬の副作用に注意

塗り薬や貼り薬は副作用が少ないですが、飲み薬には、眠気を感じるものもあります。
車の運転の前には、飲まないようにしましょう。

肩こりの薬 Q&A

痛み止めを服用しても良い?

肩こりや、それに伴う頭痛がある場合には、頭痛薬、鎮痛剤を使用しても良いでしょう。
使用量を守って使用してください。

飲み薬と貼り薬の併用

基本的に可能ですが、必ず使用量や用法を守ってください。

病院は何科?治療法や費用

病院は何科を受診すべき?

肩こり 薬 MRI
整形外科を受診してください。ただの肩こりではなく、病気が影響している可能性がないか医師が診断します。
レントゲンやMRIなどの検査機器を使い、肩こりを診察できるのは整形外科です。

整形外科を探す

病院での治療法と処方薬

温熱療法薬物療法局所注射マッサージ療法など様々な治療があります。
薬は、シップ薬筋弛緩薬が処方されます。

肩こりの受診は保険適用される?

肩こり 薬 医療費
整形外科では、保険診療を受けられます。

一方、整骨院、接骨院での保険適用の治療は、脱臼の応急手当、骨折の応急手当、打撲、捻挫、うちみ(挫傷)などです。急に生じた外傷を治療する際には健康保険が適用されます。
対症療法が中心で、痛みを一時的に緩和します。

しかし、慢性的な肩こりや腰痛、病気が原因で起きる痛みなどには、健康保険は対象となりません。
治療費はそれぞれの、接骨院、整骨院で設定され、慢性的な肩こりや腰痛は、自由診療として全額自己負担で支払う必要があります。
整骨院と接骨院は、いずれも柔道整復師が治療を提供しています。

整形外科を探す

まとめ

肩こりは、軽いうちに改善しておきましょう。適度な運動や、姿勢を正すのも一つの方法です。
肩がこりやすい場合は、一度整形外科を受診して、運動や姿勢の指導を受けるのもおすすめですよ。


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 19
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード