ぶつぶつ独り言が多い人は病気?躁うつ病や統合失調症、自閉スペクトラム症の心配も|医師監修

更新日:2023-01-23 | 公開日:2018-11-07
484
ぶつぶつ独り言が多い人は病気?躁うつ病や統合失調症、自閉スペクトラム症の心配も|医師監修

気づくと独り言を喋っている…
「これって病気?」
「何か原因があるのかな?」

独り言は病気なのか、お医者さんに聞きました。
考えられる病気の例や治療法についても解説します。

監修者
岩瀬 利郎 先生

武蔵の森病院
院長

岩瀬 利郎先生

経歴

浜松医科大学 ・同大学院修了・博士(医学)
埼玉医科大学精神医学教室
石心会狭山病院(現埼玉石心会病院)精神科部長
医療法人弘心会 武蔵の森病院副院長を経て平成23年4月より現職

「問題のない独り言」と「病気を疑う独り言」

医師男性
独り言の多くは、特に問題はありません。
独り言は、自分の声を聞くことで不安や寂しさなどの「心理的なストレス」を解消し、心と身体のバランスを図ろうとする無意識な行動です。

しかし、中には病気が原因と思われる独り言があります。

問題のない独り言の特徴

病気を疑う独り言の特徴

  • テレビにツッコミを入れる
  • 考えていたことを口にだす
  • 気持ちを上げるための内容
  • 誰かと会話しているような独り言
  • 急に笑ったり、怒ったりする
  • 内容がネガティブあるいはポジティブすぎる

こんな行動がみられたら…速やかに病院へ!

  • 相手がいる様な独り言が多くなった
  • 周りの人が話しかけてもそちらが優先されて意識が戻ってこない
  • 怒りっぽくなった
  • 独り言を発していない時は何もしていない・動かないなどが多い

という場合は、病気の影響が考えられます。

独り言が止まらない病気・障害の例

医師男性

独り言が止まらない病気や障害として

  • 統合失調症
  • 躁うつ病(双極性障害)・うつ病
  • 自閉スペクトラム症

などが考えられます。

病気① 統合失調症

医師男性
ストレスなどによって、脳の神経伝達物質のバランスが崩れて起こる精神的な病気のことをいいます。

なりやすい人

一概には言えませんが、

  • 内気で控えめな性格
  • 傷つきやすい
  • 人付き合いに苦手意識がある

といった人に多いと考えられています。

症状の特徴

気持ちや思考がまとまりにくくなるため、発症すると仕事や勉強が進まないことが増えます。
そこから人間関係に影響が出るようになり、幻想、妄想などを伴うようになります。

治療せずに放置すると…

妄想や幻想が強くなり、思考障害が強くなります。
通常の生活が難しくなる人もいるので早めに治療を受けましょう。

心療内科を探す

精神科を探す

病気② 躁うつ病(双極性障害)・うつ病

医師男性
はっきりと原因はわかっていませんが大きなストレス、環境の変化などによって気分がハイになったり、逆に落ち込みやすくなったり、無気力になったりします。
合わせて読みたい
うつ病ってどんな病気?主な症状から治療法まで分かりやすく徹底解説!
2022-12-16
うつ病とは、どのような病気なのかを分かりやすくまとめました。 うつ病の主な症状も紹介するので、「うつ病かも…」と思う人は心当たりがないかチェックしましょう。 うつ病って、どんな病気? うつ病とは、心身のストレスによって、脳がうまく働かなくなっている状態です。 「一日中気分が落ち込む」「何をしても楽しめない」といった精神症状とともに、不眠・動悸・倦怠感などの体の不調があらわれます。 うつ病の「身体面の症状」と「心の症状」 身体面にあらわれる症状 食欲が低下する(または急に食欲が増える) 食べ物を美味しいと感じない 体重が減る(または増える) 寝付きが悪い 眠りが浅い・夜中に目が覚めてしまう 眠り過ぎてしまう 体がだるい・疲れがとれない 頭が重い感じがする 疲れやすい 首・肩・腰が凝りやすい 動悸がする 胃やお腹に不快感がある めまいがする 口が渇く感じがある 便秘が続く 下痢が続く 月経不順がある 性欲がなくなる 勃起しにくくなる 精神面にあらわれる症状 気分が落ち込む日が続く 何に対しても悲観的である 何に対しても興味を持てない 喜ぶ・楽しむことができなくなる 今まで楽しいと思っていたことが、楽しめなくなる やる気が出ない 口数が減る 見た目や服装などを気にしなくなる 集中できなくなる・ミスが増える 落ち着きがなくなる イライラしやすい 不安感がある 涙もろくなる 自分を責めてしまう お酒を飲む量が増える   うつ病の原因 うつ病が発症する原因ははっきりと分かっていません。 近年の研究では、過度のストレスで脳の一部の「神経細胞」の形状が変化し、その結果、考え方や感情に歪みが生じるのではないかと指摘されています。 発症しやすいのはどんな人? うつ病は女性に多く見られます。これは妊娠、出産、更年期といったライフステージで、多くのストレスを抱えやすいからだと考えられています。 また、親族の中にうつ病を発症した人がいると、発症リスクが上昇する傾向があります。 その他、 真面目な人 几帳面な人 努力家で目標が高い人 何事も全力投球で手を抜かない人 自責の念が強い完璧主義な人 気遣いができる人 は発症リスクが高い傾向があります。 うつ病のキッカケとなる出来事   精神的・身体的ストレス 悲しい出来事、つらい体験 人生の転機(引っ越し、就職、進学、結婚等) 病気の治療薬の副作用 など うつ病かも…と思ったら 症状に心当たりがあるときは、一度病院で相談するようにしましょう。 うつ病を放置すると、自分を責める気持ちが強くなり、自殺願望を抱いてしまうケースもあります 病院は何科? 精神的な症状が強い → 精神科 体の不調を伴う → 心療内科 ※両方の診療を行っている医院・クリニックもあります。 精神科・心療内科は、患者さんが気持ちを楽に保てるようにサポートしてくれる診療科です。 心身の不調に詳しい医師・スタッフが対応してくれるので、リラックスして受診してください。 精神科・心療内科の受診に気が進まない方は、まずは「内科」を受診して体に不調がないかを確認してもらうのもよいでしょう。 精神科を探す 心療内科を探す 内科を探す 病院で「うつ病」と診断される基準は? 病院で「うつ病」の診断を行う際は、以下の基準を用いることが多いです。 ▼以下の症状のうち、少なくとも1つある。   抑うつ気分 興味または喜びの喪失 ▼以下の症状をあわせて、合計で5つ以上該当する。   食欲の減退あるいは増加、体重の減少あるいは増加 不眠あるいは睡眠過多 精神運動性の焦燥または制止(じっとしていられない・話し方や動作が遅い等) 疲労感または気力の減退 無価値感または過剰な罪責感(自分は価値のない人間だと感じる・自分の言動に対して過度に罪悪感を覚える等) 思考力や集中力の減退または決断困難 死についての反芻思考・自殺念慮・自殺企図             上記の症状がほとんど1日中、ほぼ毎日ある状態が2週間以上続いていて、他の病気や薬物、アルコールなどの影響では説明できない場合に、「うつ病」と診断されます。 うつ病の治療法 医療機関では、 薬物療法 カウンセリング 認知行動療法※ 生活指導 などによって、症状の改善を図ります。 薬物療法では、気分の落ち込みをよくする薬や、睡眠薬などを使用します。 ※認知行動療法…医師やカウンセラーと面談する中で、自分の考え方や物事の捉え方の癖に気付き、修正していく治療法。 うつ病が治るまでの期間は? 症状が治まるまでの治療期間は、「発症から受診までの期間と同じくらい」と考えられています。 精神科を探す 心療内科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。

なりやすい人

一概には言えませんが

  • 周囲によく気をつかう
  • 完璧主義
  • 生真面目
  • 凝り性

などの人に多いです。

症状の特徴

気分の浮き沈みが激しい、疲れやすい、眠れないなどの症状が長期的に続きます。

治療せずに放置すると…

悪化して、学校や仕事に行けなくなったり、日常生活が一人では送れなくなってしまいます。
最悪の場合、自死を考える様になることもあります。

心療内科を探す

精神科を探す

病気③ 自閉スペクトラム症

医師男性
脳の機能障害によって起きます。
社会性が乏しかったり、コミュニケーションが苦手だったりして、社会生活で支障を起こすことがあります。

なりやすい人

生まれつきの特性です。

症状の特徴

  • 空気を読まずに発言する
  • 視線が合いにくい
  • 表情が乏しいことがある
  • 自分の中のルール、やり方がある

など

治療せずに放置すると…

興味が偏ったり、人とのコミュニケーションがうまくいかなくなったりし、社会性に欠けることがあります。
気が付かないまま大人になると、仕事がうまくいかず、人との距離感が保てないなどの支障をきたすことがあります。

治療というよりも「訓練」を行うことで、広い視野で行動できるようになります。

病院は何科に行けばいい?

医師男性
心療内科・精神科で相談してみましょう。

心療内科を探す

精神科を探す

治療は「続ける」ことが大切です

医師男性
心の病気は、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
調子がいいから病院に行かない、改善しないから行かないなどでは、逆に治療が長引いてしまいます。

なかなか症状が改善しないときも、焦らずに治療を続けることが大切です。
自分に合った医師を見つけ、通院するようにしてください。

心療内科を探す

精神科を探す

合わせて読みたい
ストレスが限界に達した時に出る症状|心の限界サインをチェック。病院行くべき?
2020-12-28
なんだか体調が悪い…。ストレスのせいかも…。 ストレスが限界に達すると、どのような症状があらわれるのでしょうか。 お医者さんの目線から、「心の症状」と「体の症状」、それぞれ解説してもらいました。 ストレスが限界に達すると… ストレスが限界に達すると、「心の症状」と「体の症状」があらわれます。 ストレスの限界サイン「心の症状」 気分が落ち込む イライラして、怒りっぽくなる やる気が出ず、集中できない 何に対しても興味が持てない ストレスの限界サイン「体の症状」 肩こり 頭痛 腹痛、胃痛 胸が苦しい 息苦しい だるくて体が動かない 食欲不振、または食欲過剰 下痢、便秘 寒気や冷え 涙が止まらなくなる 不眠、または過眠 ストレスの正しい対処法 ストレス対策には 質の良い睡眠をとる 好きな物を食べる 気が合う人と会う のがおすすめです。 ストレスの対処法① 質の良い睡眠をとる ストレスの解消には、十分な睡眠が大切です。 質の良い睡眠を摂れるよう、就寝前には「ゆっくり入浴する」「リラックスを設ける」「スマホよりも本を読む」の3つの点を心がけましょう。 湯船にゆっくり入浴する 湯船につかって、ゆっくりと温まりましょう。 時間や体力がないときは、熱めのシャワーを首元に数分当ててください。 入浴が終わったら、冷えないように着替え、水分補給をしましょう。 リラックスタイムを設ける ゆっくりできる場所に腰を掛けて、気持ちを休めましょう。 好きな音楽やテレビを楽しむのもおすすめです。 なお、過度のアルコール摂取は控えてください。睡眠の質を低下させる原因となります。 スマホよりも雑誌や本を読む 就寝直前はスマホではなく、読書が適しています。 インターネットは情報がどんどん入ってくるため、過度な刺激になってしまいます。 眠気を感じたら、電気を消して早めに入眠しましょう。 ストレスの対処法② 好きなものを食べる 好きなものを食べると、ストレスが和らぎます。 ※ただし、暴飲暴食は控えてください。 食欲がないときは無理せず、食べられるものを食べましょう。 軽く運動すると、食欲が湧きやすくなります。 反対に、カフェインの強いものはしばらく控えてください。 ストレス対処法③ 気が合う友人と過ごす 悩みを誰かに相談することも、ストレス解消につながります。 こんなときは病院へ! なかなか寝つけない 就寝中に何度も目が覚める いつもより寝すぎてしまう 朝だるくて起きられない といった場合は、早めに病院で相談しましょう。 何科を受診すればいいの? 心療内科・精神科を受診してみましょう。 心療内科を探す 「このくらいなら大丈夫…」はキケン 過度のストレスは、うつ病や自律神経失調症を引き起こす恐れがあります。 頑張りすぎは禁物です。 一人で抱え込まずに、病院で相談してみましょう。 ▼参考 厚生労働省 みんなのメンタルヘルス うつ病
合わせて読みたい
【解説動画あり】うつ病・適応障害が治らない4つの原因|長引く理由や性格の特徴
2022-12-27
「うつ病がなかなか治らない…」 「このまま一生治らなかったらどうしよう…」 府中こころ診療所の院長であり、YouTubeで動画配信も行っている精神科の医師、春日雄一郎先生が、うつ病や適応障害の症状が長引く理由を解説します。 うつ病や適応障害が治らず焦りを感じている方は必見です。 ※動画による解説は記事末尾から うつ病・適応障害が治りにくい4つの原因 うつ病・適応障害がなかなか治らない場合 生活習慣の乱れ 環境がよくない 考え方のクセ 躁うつ病(双極性障害)を発症している などの原因が考えられます。 原因① 生活習慣の乱れ 昼夜逆転した生活 過度な飲酒 ほとんど家から出ない 上記に当てはまる場合は、うつ病が治りにくくなる可能性があります。 「不規則な生活リズム」「お酒の飲みすぎ」「外出せずほとんど体を動かさない」などの習慣が続くと、心身の調子が悪くなり、うつ病・適応障害の改善の遅れを招きます。 【対処法】一定の生活リズムを習慣化しよう うつ病や適応障害を改善するためには、「どういう行動習慣を積み重ねていくか」ということが重要です。 睡眠や食事の時間を一定にする お酒を控える 日中は外出して体を動かす 上記を習慣化して、治療にとってプラスになる行動を積み重ねていきましょう。 生活習慣を整えることで、心身の調子が整いやすくなります。 また、その行動の積み重ねが脳への刺激になり、うつ病や適応障害の改善につながると考えられます。 原因② 環境がよくない 職場に相性のよくない上司がいる 家に居場所がない 子育て・介護などでストレスを感じている 上記のように、職場や家庭の環境がよくない人は、うつ病や適応障害が治りにくくなることがあります。 うつ病・適応障害の症状は、日々の行動だけでなく、環境からも大きな影響を受けます。ストレスの多い環境で過ごす時間が積み重なると、症状の改善が遅れる原因となります。 【対処法】「転職・異動」「支援サービスの利用」を検討しよう 環境がよくないと感じる場合、 転職・異動の相談をする 家族と話し合いをする 自治体のサポート窓口を利用する といった方法で、環境を変えることが選択肢の一つとなります。 環境の変化には良い面も悪い面もあるため、一概に「環境を変えるべき」というわけではありません。 ただし、「どうしても今の環境と相性が悪い」と感じる場合は、選択肢の一つとして考えてみるといいでしょう。 職場の環境が合わないと感じる場合は、「転職を検討する」「上司や人事部に異動の相談をする」などの方法もあります。 家庭内でストレスを感じている場合は、まずは家族と話し合うことが必要なケースもあります。 子育てや介護などでお悩みの場合は、自治体のサポート窓口を活用してみるのもいいでしょう。 子育てや介護に関するお悩みは、お住まいの自治体の子育て支援センターや、地域包括支援センター※などの機関で相談可能です。 ※地域包括支援センターとは 主に自治体が設置する高齢者の健康や生活をサポートする施設。 ▼参考 地域包括ケアシステム(厚生労働省) 原因③ 考え方や性格のクセ(完璧主義・人と比べる) 自分を責めてしまう 完璧主義 他人と自分を比べる 上記のような考え方・性格のクセがある人は、うつ病や適応障害の治療が遅れる可能性があります。 「考える」ということも一種の行動です。自責や他人との比較など、自分にダメージを与える思考を繰り返すことも、病気の改善を妨げる行動を積み重ねる行動になります。 【対処法】「前向きになれる考え方」を練習しよう 自分にダメージを与える考え方のクセがある人は、「自分も他人も責めない」「前向きになれることを考える」といったことを意識するといいでしょう。 ただし、考え方が根強いクセになっている場合、すぐには変えにくいこともありますよね。 その場合は、 出てきた考えを真に受けすぎず、なるべく受け流す 否定のクセを薄めて、成功体験を徐々に積み重ねる この2つを心がけてみてください。これらの思考を積み重ねていくことが、結果として、否定的な考えが出てくる頻度を減らすことに繋がります。 原因④ 躁うつ病(双極性障害)を発症している 抗うつ薬などによる治療を続けていて、生活習慣・環境・考え方などの見直しを行っているにもかかわらず、症状の改善が見られない場合は、躁うつ病(双極性障害)を発症している可能性があります。 躁うつ病ってどんな状態? 躁うつ病とは、気分が高揚して活動的になる「躁状態」と、気分が沈んで意欲がなくなる「うつ状態」を交互に繰り返す状態です。 人によっては、躁状態の症状が軽くて期間が短く、うつ状態が長く続く「双極性障害Ⅱ型」のケースもあり、この場合は一般的なうつ病との区別がつきにくいです。 うつ病と躁うつ病は使う薬が違うので、この見極めができていないと、病気が長引く恐れがあります。 躁うつ病かを判断する4つのヒント 過去を振り返って、躁気味な時期があった 家族に躁うつ病の人がいる 周期的にうつ病を繰り返している 抗うつ薬を使うと躁状態になる傾向がある 躁うつ病かどうかを判断するヒントとして、上記の4つが挙げられます。 「ある時期だけ妙に活動的だった」「ある時期だけ妙にお金を使っていた」など、過去に躁気味な期間があった場合は、躁うつ病である可能性が出てきます。 自分ではわからなくても、『ちょっといつもと違う』『いつもより妙に元気だね』などと、周りの人から言われる時期があったかどうか、ということも参考になります。 また、家族に躁うつ病の人がいると、発症の可能性が少し高くなると言われています。 その他、周期的にうつ病の症状を繰り返す場合や、抗うつ薬を使ったときに躁状態になる傾向がある場合も、躁うつ病を発症している恐れがあると考えられます。 躁うつ病を疑う場合は主治医に相談を 躁うつ病の発症を疑う場合は、早めに主治医に相談しましょう。 うつ病と躁うつ病では、治療に使う薬が違います。そのため、うつ病か躁うつ病かを的確に判断することは、症状を早く改善するために、非常に重要であると考えられています。 ▼動画による解説はこちら ※本記事は、チャンネル運営者の許可を得て作成しています。 ≪チャンネル紹介≫ こころ診療所チャンネル【精神科医が心療内科・精神科を解説】 府中こころ診療所の院長であり、YouTubeで動画配信も行っている精神科の医師、春日雄一郎先生が、うつ病・適応障害・パニック障害など、こころの不調やその対策について、わかりやすく解説。 こころの不調を抱える方が、少しでも症状を改善するヒントとなるような情報の提供を目指しています。
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 484
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

おすすめ記事
関連記事