皮膚に赤い斑点が!肝臓が悪いサイン?手や腕の「かゆくない斑点」は要注意!

更新日:2022-08-12 | 公開日:2020-05-21
144
皮膚に赤い斑点が!肝臓が悪いサイン?手や腕の「かゆくない斑点」は要注意!

「皮膚に赤い斑点が…もしかして肝臓が悪いの?」
「手のひらが赤いのはなぜ?」
肝臓異常のサイン「くも状血管腫」や「手掌紅斑(しゅしょうこうはん)」の説明から、肝臓のセルフチェックリスト、放置したときのリスクまで、医師が詳しく解説します。

監修者
経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
2014年 KO CLINICに勤務
2021年 ルサンククリニック銀座院 院長 就任

肝臓が悪いと出てくる「赤い斑点」

医師女性

肝臓が悪いことで生じる「赤い斑点」には

  1. くも状血管腫
  2. 手掌紅斑

の2種類があります。

1.くも状血管腫

医師女性
粟粒ほどの大きさの赤い斑点を中心に、細い糸のような血管がくも状に伸びます。

首・肩・胸・上腕などによくみられます。痛みやかゆみはありません。

2.手掌紅斑

医師女性
親指下・小指下の付け根部分が赤くなります。
赤くなった部分に熱っぽさが生じます。

赤くなった部分を押すと、赤みが一時的に消失します。
手の平の外周部分のみに赤みが生じ、手の平の中心部分は白いのが特徴です。かゆみはありません。

他の皮膚疾患との見分け方は?

医師女性
肝臓が原因の場合、
・かゆみはない
・黄疸が現れることがある
といった特徴があります。

病院では、血液検査や超音波検査で判断します。

あなたの肝臓は大丈夫?セルフチェックリスト

医師女性
下記のチェック項目のうち、1つでも当てはまる症状がある場合は、肝臓の働きが弱まっていると考えられます。

●全身倦怠感
●疲れやすい
●無気力
●発熱
●頭痛
●吐き気、嘔吐
●食欲不振
◎白目が黄色っぽい(黄疸)
◎手が赤くなっている
◎皮膚に赤い斑点が出る
◎濃い色の尿(紅茶のような色)
◎膨満感が強い
◎血が止まりにくい
◎体のかゆみ
◎足のむくみ
◎お酒が飲めなくなる
◎右側のあばら骨周辺の痛み
◎腹壁の血管が浮いてくる
◎男性の乳房が膨らむ
◎お腹が張っている(腹水)

医師女性
特に◎は要注意項目です。
合わせて読みたい
肝臓が悪いとどんな症状が出る?体がかゆい・皮膚が黄色くなるのは危険サイン?
2021-02-04
「全身がだるい」 「むくみがある」 「皮膚や目が黄色くなっているような…」 それは“沈黙の臓器”と呼ばれる肝臓が悪いサインかもしれません。早急に病院に行くべきケースもあります。 お医者さんに、肝臓病を疑う症状について詳しく聞きました。 肝臓が悪いとどんな症状が出る? 皮膚や目の粘膜が黄色くなる 全身がだるい お腹が張る 吐き気がする 食欲がない 体がむくむ 体がかゆい 意識障害が生じる こんな症状が現れたら病院へ! 皮膚や粘膜が黄色い お腹が張る 意識障害 といった症状があったら、すぐに消化器内科を受診しましょう。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。 症状が現れたときには肝臓の病気がかなり進行している可能性があります。 消化器内科を探す 放置すると…どうなるの? 放置すると、より危険な病気に移行する恐れがあります。 肝臓の状態は、機能を保っている「代償期」と機能が著しく低下した「非代償期」に分けられます。肝臓が悪いサインがあらわれているときは、すでに「非代償期」になっていることが多いです。 肝硬変や肝がんになると、もとの肝臓に戻すことは難しいので、早期発見、早期治療が大切です。 こんな人は、特に要注意! 毎日大量に飲酒する人 肥満の人 生活習慣病がある人 は、肝臓病の発症リスクが高くなります。 飲酒量が増加すると、アルコールを代謝する肝臓への負担が増え、肝臓病のリスクが高くなります。糖質や脂質の摂りすぎると、中性脂肪として肝臓に蓄積されてしまいます。 ただし、「上記3つに当てはまらないから大丈夫」というわけではありません。最近では、お酒をあまり飲まない方の脂肪肝(NASH(ナッシュ):非アルコール性脂肪肝)が増えています。 肝臓の病気が疑われる症状が出ている場合は、必ず受診してください。 病院は何科に行けばいい? 消化器内科を受診してください。 かかりつけの病院がある場合は、かかりつけ医に相談して、専門の医療機関を紹介してもらってもよいでしょう。 消化器内科を探す こんな病気になっているリスクがあります 肝臓が悪くなると、次のような病気を発症します。 脂肪肝 よく飲酒する人は要注意です。 エネルギーとして消費できなかった脂質や糖質が、肝臓に中性脂肪として過剰に蓄積した状態です。 肝臓の働きが悪化しますが、自覚できる症状はほとんどありません。 アルコールを摂取すると中性脂肪が合成されます。そのため、長期間大量のお酒を飲むと、肝臓に中性脂肪が溜まり、脂肪肝になることがあります。 肝硬変 よく飲酒する人は要注意です。 肝炎が続くと肝臓がダメージを受けて、損傷の跡ができる、線維化という現象が起こります。 線維化が進行すると、肝臓が硬くなる肝硬変を発症し、肝臓の機能が著しく低下します。アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドは毒性が強く、肝臓の線維化を進め、肝硬変の原因になることがあります。 肝がん 肝硬変や慢性肝炎などによって、肝臓にできるがんです。ほかの臓器でできたがんが転移することもあります。 消化器内科を探す ▼参考 厚生労働省:アルコールと肝臓病 MSDマニュアル家庭版:肝不全 日本消化器病学会ガイドライン:NAFLD/NASHガイドQ&A

肝機能低下を自覚したら、早期受診を!

医師女性
万が一肝臓に疾患があったとしても、早期受診、早期発見により、重篤な状態に陥る前に症状の改善が期待できると考えられています。

肝臓は沈黙の臓器といわれているように、自覚症状が乏しいため、何かおかしいと感じてから病院を受診しても既に病状が進行してしまっているケースが多いです。
重症化を予防するためにも、定期的に医療機関を受診し、肝機能検査等の健診を受けて、日頃から自分の肝臓機能について把握しておくことが重要です。

  • 全身にかゆみが起こっている
  • かゆみが強すぎて眠れない
  • 黄疸が生じている場合(白目が黄色い)
  • 全身に倦怠感があり、何をする気もおきない
  • 上腹部(右側)が硬くなり、痛みがあり息苦しい
  • 濃い茶色の尿が出る

上記のような症状が出ている場合は、すぐに病院へ行きましょう。
抗ヒスタミン薬等を用いてもかゆみが改善されなかったり、掻いてもかゆみが止まらない時も要注意です。

病院は何科?

医師女性
肝臓に異常がある疑いがあるときは、内科・消化器内科等の受診をおすすめします。

内科を探す

どんな治療をするの?

医師女性
病院では、まず検査(血液検査や肝臓のエコー検査など)を行います。
その後、原因に応じて適切な治療を行います。

代表的な病気の治療例として、

  1. 脂肪肝
  2. 肝硬変
  3. 肺がん

のケースをご紹介します。

① 脂肪肝の治療

禁酒、食生活の見直し等で改善が期待できると考えられています。
肥満が原因の場合は、減量が必要なため、生活習慣の改善を行います。

② 肝硬変の治療

禁酒、食事療法、薬物療法がメインで行われます。

③肝がんの治療

病状に合わせて、抗がん剤治療、放射線治療、外科的切除による治療、肝動脈塞栓術等の治療方法が行われます。

手の「赤い斑点」の放置はNG!

医師女性
皮膚の赤い斑点は、重い肝臓の病気のサインかもしれません。

肝臓の異常を放置すると、改善も遅くなるのはもちろん、症状が進行・悪化するリスクがあります。
肝硬変、肝がんを発症するリスクや、食道静脈瘤等の合併症を併発するリスクが高まります。
命に関わる重篤な状態に陥る恐れもあるので、早期受診が大切です。

合わせて読みたい
なぜ?尿が茶色くて腰痛も…腎臓や肝臓の病気サインかも!病院は何科?
2021-03-04
茶色い尿が出て、腰痛もある。体には何が起こっているの? 褐色尿と腰痛で考えられる病気を、お医者さんに聞きました。 腎臓や肝臓に不調があると、これらの症状が出やすくなります。 ほかに心当たりのある症状がないか確認し、病気の早期発見につなげましょう。 尿が茶色い…病院に行くべき? 発熱・運動後・起床直後など、脱水が原因で一時的に尿が茶色になり、水分補給後に尿の色が透明~薄い黄色に戻った場合は、一旦様子をみてもよいでしょう。 ただし、尿の色が茶色い状態が数日続く場合は要注意です。 ※筋肉を激しく損傷した後、ミオグロビン(筋肉のタンパク質)が尿中に排泄された場合にも、尿が茶色になるケースがありますが、あまり心配いりません。 「茶色い尿が、数日間続く」ときは注意! 「茶色い尿が数日続く」「日中にも茶色い尿が出る」という場合は、腎臓の病気や肝臓の病気を発症している可能性があります。 肝臓が悪いと、尿に「ビリルビン」が混じり、濃い茶色になる可能性があります。 腎臓に異常がでて、膀胱や尿管で出血が生じたり、溶血性貧血(赤血球が壊される状態)になったりすると、壊れたヘモグロビン(酸素を運ぶ役割を担う赤血球)が尿中に混ざり、尿が茶色っぽくなることがあります。 「茶色い尿」に「腰痛」を伴うときは、さらに注意! 茶色い尿がでていて、さらに腰痛も伴う場合、腎臓病や肝臓病を発症している可能性があります。 腎臓病の場合 →腎臓は腰付近にあるため、腎臓に異常が起こると痛みが腰にも伝わるといわれています。 肝臓病の場合 →上腹部右側にある肝臓の機能が低下すると、その付近にある腰や背中にまで痛みが生じると言われています。 茶色い尿に加えて何かしらの全身の不調(発熱・貧血・腹痛・吐き気・嘔吐・黄疸・倦怠感・筋肉痛・手足のしびれやこわばり・むくみ・湿疹がないかゆみ等)といった症状が現れた場合は、「腎臓病」や「肝臓病」など病気の可能性があります。 早めに病院を受診してください。 腎臓病の疑い…内科・泌尿器科・腎臓内科 肝臓病の疑い…内科・消化器内科 をそれぞれ受診します。 自分では原因がわからない場合は、まずは内科を受診するのがよいでしょう。 内科を探す 腎臓病のサイン|むくみ・倦怠感など 腎臓病になると血液をろ過する「糸球体」に異常が生じ、茶色い尿が出ることがあります。 腎臓病のサイン むくみ 全身倦怠感 貧血 めまい 頭痛 吐き気 嘔吐 夜間尿(尿量の変化) かゆみ 呼吸が速くなる(呼吸困難) 食欲不振 けいれん 意識障害 など 腎臓病になりやすい人 喫煙者 高齢者 高血圧の人 糖尿病の人 肥満の人 腎臓の形に異常がある人 血液中の尿酸値が高い人など 腎臓病が疑われるときは、すみやかに内科・泌尿器科・腎臓内科のいずれかを受診しましょう。 内科を探す 肝臓病のサイン|黄疸・体のかゆみなど 肝臓病により肝機能が低下すると黄疸を起こすことがあります。 黄疸が起きると、尿中にビリルビン(※)が混入し、茶色の尿が出ることがあります。 ※ビリルビン…黄色い色素で赤血球が分解されるときにできる物質 肝臓病のサイン 黄疸 かゆみ 発熱 全身倦怠感 顔色が悪い 腹部膨満感 腹部張り感 食欲不振 体重低下 下痢 といった症状が現れます。 上記に当てはまる症状がある場合は内科・消化器内科のいずれかを受診してください。 肝臓病になりやすい人 お酒をたくさん飲む人 肥満体型の人 運動不足の人 糖尿病の人 肝炎ウイルスに感染している人 ストレスや疲労が溜まっている人 薬をたくさん服用している人 肝臓病が疑われるときは、すみやかに内科・消化器内科のいずれかを受診しましょう。 内科を探す 放置で「がん化する」の可能性も… 腎臓病や肝臓病を放置すると、自覚がないまま症状がどんどん悪化してしまい、「がん」「脳疾患」「心疾患等」の重篤な状態に陥る恐れがあります。 治療が長引いたり、人工透析が必要になったり、命を落とす恐れがあるので、気になる症状がある場合には早めに病院を受診しましょう。 内科を探す ▼参考 国立がん研究センター がん情報サービス 膀胱がん(ぼうこうがん) 一般社団法人 全国腎臓病協議会 腎臓病とは 一般社団法人 日本腎臓学会 腎臓の病気について調べる 特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 肝臓病とは
合わせて読みたい
なぜ?尿の色が濃い…「肝臓の病気サイン」に注意。病院は何科?医師監修
2021-03-04
「なんだか尿の色が濃い…」 それは、肝臓の病気のサインかもしれません。 “尿の色”と“肝臓病”の関係をお医者さんに聞きました 注意すべき症状やそのまま放置するリスクについても解説します。 おしっこの色、濃いかも…これ大丈夫? 起床時だったり、汗をたくさんかいた後は、尿が濃くても過剰に心配しなくても大丈夫です。 ただし、日中や夜になっても尿の色が濃い場合は、肝臓病の可能性があり、注意が必要です。 「尿の色」と「肝臓病」の関係 肝臓が悪いと、尿の中に「ビリルビン※」という物質が混じり、尿が濃い茶色になる可能性があります。 通常であれば、ビリルビンは血流によって肝臓に運ばれて、胆汁と結合した後、胆管と消化管を通過して便として排泄されます。 しかし、肝臓の調子が悪くビリルビンがスムーズに通過できなくなると、血液中に蓄積し、尿に混ざるため、色が濃くなります。 ※ビリルビン…黄色い色素で赤血球が分解されるときにできる物質 肝臓病のリスクが高いのはこんな人 お酒をたくさん飲む人 肥満体型の人 は、肝臓病のリスクが高いといえます。 大量にお酒を飲むと… アルコールは肝臓で無毒化されるため、大量にお酒を飲むと肝臓に負担がかかります。 また、アルコールが代謝されてできる「アセトアルデヒド」という毒性の強い物質によって、肝臓の線維化しやすくなります。 肥満になると… 肥満の人の約8割は、肝臓に過度の中性脂肪が溜まる「脂肪肝」という状態になり、放置すると肝細胞がんになる可能性があります。 こんな症状は要注意! 皮膚が黄色くなる 全身がかゆい 吐き気がする 吐いてしまう お腹が痛い 熱が出る お腹がはる 倦怠感がある 疲労感がある 食欲がなくなる 便の色が薄い 便が柔らかく、かさばる 便が脂っぽくなる 便から異常な悪臭がする 肝臓は“沈黙の臓器”といわれています。症状がでるころには、肝臓病が進行しているということも多いです。早期受診・早期対処が大切です。 体や便に異常ある場合は、肝臓病が進行している可能性が高いです。 早急に病院に行きましょう。 病院は何科? 「尿の色が濃い」「肝臓の病気が疑われる」というときは、内科を受診しましょう。 内科を探す 放置すると…より深刻な「肝臓病」になるリスク大 慢性的に肝臓に炎症を生じる「慢性肝炎」を放置すると、「肝硬変」や「肝細胞がん」を生じることがあります。 「慢性肝炎」とは 肝臓の炎症が6カ月以上続く病気です。 無症状のケースが多いですが、全身倦怠感・食欲不振・疲れなどの症状がみられることがあります。 C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスが主な原因ですが、脂肪肝・アルコール性肝炎・自己免疫性肝炎なども原因となりえます。 「肝硬変」とは 肝臓が繰り返し損傷を受けることで、硬い組織へと変化し、肝臓の機能が低下する病気です。 全身の倦怠感・食欲不振・体重減少などの症状がみられます。 慢性的な大量のアルコール摂取・慢性ウイルス性肝炎・脂肪肝などが原因です。 「肝細胞がん」とは 肝臓の細胞が、がん化し悪性腫瘍になった状態です。 初期は自覚症状がほとんどなく、進行すると腹部のしこり・圧迫感・痛みなどを感じることがあります。 B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスが主な原因です。ウイルスが体内にとどまり、肝細胞の炎症と再生が繰り返し起こることで、遺伝子が突然変異し、がんが発生すると考えられています。 肝臓病が疑われる場合は速やかに内科を受診し、検査(血液検査・画像検査・尿検査・腹腔鏡検査など)を受けましょう。 内科を探す ▼参考 MSDマニュアル家庭版 成人の黄疸 藤元メディカルシステム 藤元総合病院 家庭の医学シリーズ 肝臓病について 大塚製薬株式会社 肝硬変の栄養療法の考えかた肝臓病の原因はいろいろとある MSDマニュアル家庭版 慢性化炎の概要 MSDマニュアル家庭版 肝硬変 国立がん研究センター がん情報サービス 肝細胞がん

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 144
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事