【右脇腹のズキズキとした痛み】大丈夫?ストレスや女性特有の原因も

更新日:2022-08-12 | 公開日:2020-03-26
630
【右脇腹のズキズキとした痛み】大丈夫?ストレスや女性特有の原因も

「右の脇腹がズキズキ痛い…」
「肋骨の下が痛い気がする…」
「呼吸をしたり、くしゃみをしたりすると痛い…」
原因は何?もしかしてストレス?病気?
右脇腹がズキズキと痛む症状の原因と対処法について、医師が詳しく解説します。
考えられる病気の可能性、病院を受診する場合は何科に行くべきかについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

監修者
荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

右脇腹がズキズキ痛むのはなぜ?

医師男性

右脇腹ズキズキ痛み…その原因は

  1. 筋肉痛
  2. ストレス
  3. ガス溜まり
  4. 便秘
  5. 咳のしすぎ
  6. 肉離れ

などが考えられます。

筋肉痛

急に運動をした、激しい運動をした、通常では使わない筋肉を使った等が原因で、筋肉を構成している繊維に傷が付く場合があります。

医師男性
この傷付いた筋繊維を元通りにする工程で炎症反応が生じて、痛みを起こす原因となる物質が発生し、筋肉痛が起こると考えられています。

ストレス

医師男性
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、何らかのストレスが掛かることで発症する場合があると考えらえています。

また、ストレスで暴飲暴食をして、膵臓や肝臓が炎症を起こす等の2次的な要因で脇腹が痛くなることもあります。

ガス溜まり

医師男性
大腸の中がガスでいっぱいになっている(張っている)ことが原因で右脇腹に痛みが生じる場合があると考えられています。

便秘

医師男性
長い期間便秘が続くと、右脇腹に痛みが生じる場合があります。

咳のしすぎ

医師男性
咳のし過ぎで筋肉痛になったり、肋骨が骨折、またはヒビが入り、脇腹に痛みが生じることがあります。

肉離れ

医師男性
運動(テニスやゴルフ等)した際に体をひねった場合や、重い物を運ぼうとして体のバランスを崩した場合等に、筋膜の炎症を起こし脇腹が痛む場合があります。

右脇腹がズキズキするときの対処法

湯たんぽ

医師男性

まずは、安静にしましょう。
それに加えて

  • お腹を温める
  • 体勢を変える
  • 食事の管理

といった対処法があげられます。

お腹を温める

医師男性
腹部を温めることで、消化管の平滑筋の緊張を緩和できる場合があります。

体勢を変える

医師男性
  • 膝を曲げて腹壁の緊張をほぐす態勢をとる
  • 状態をやや前傾姿勢にする

内臓痛がある場合、上記のような体勢に変えることで痛みが緩和する場合があります。

食事の管理

医師男性
  • 胆石症の場合は、脂肪が多い食べ物を控える
  • 結石予防のために水分を多めに摂る
  • 食後に痛みが生じる場合は、食事量等の見直しをする
  • アルコール摂取量を見直す
  • 栄養バランスのとれた食事を心掛ける

上記を意識し、日々の食事内容を見直してみましょう。

特に消化のよいものを食べるようにして、脂っこいものを控え、内臓に負担をかけないようにしましょう。

ただしお腹の症状は急に悪化する場合もあるので、早めの医療機関受診を心がけてください。

「女性特有の原因」がある場合も

痛い

医師男性
右の卵巣が働いているときに、人によっては右脇腹に痛みを感じることがあります。
また、卵巣や子宮の疾患が原因で右脇腹がズキズキと痛むことがあります。

女性の病気①卵管炎、卵巣炎

医師男性
右側の卵巣に異常が生じた場合、右脇腹あたりの痛み、発熱、お腹が膨らむ等の症状が現れるケースが多いようです。

女性の病気②子宮筋腫

医師男性
右脇腹や腰に張り感を伴う痛みが生じる、残尿感、生理が終わらない等の症状が現れます。

女性の病気③子宮内膜症

医師男性
腹膜で炎症が生じると腫れが拡がり、その周りとの癒着を起こすため、脇腹や下腹部に痛みが生じます。

女性の病気④クラミジア感染症

医師男性

クラミジア感染の場合、不正出血、下腹部痛、右脇腹周辺の痛み等が生じる場合があります。

右脇腹のズキズキとした痛みに加えて、上記の症状がある場合は、婦人科を受診しましょう。

婦人科を探す

「内臓が原因」のズキズキ痛のケース

医師男性

右脇腹がズキズキ痛む場合

  • 胆のう・胆管
  • 腎臓
  • 胃腸
  • 肝臓

の病気の可能性があります。

「胆のう・胆管」の病気

急性胆のう炎

  • 右上腹部を押すと強い痛みが生じる
  • 右脇腹の痛み
  • 発熱
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 黄疸 等

胆石症

  • 右脇腹(右季肋部)からみぞおちあたりの差し込むような痛み
  • 発熱
  • 吐き気
  • 嘔吐 等
    (脂を多く使用している物を食べた後に痛みが起きやすい)

急性胆管炎

  • 右脇腹あたりの痛み
  • 右上腹部の痛み
  • 発熱
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 黄疸 等

胆のうがん

  • みぞおち周辺の痛み
  • 右脇腹の痛み
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 黄疸
  • 体重低下 等
医師男性
胆のう・胆管の疾患の症状がある場合は、外科や消化器内科を受診しましょう。

外科を探す

「腎臓」の病気

尿路結石

  • できた結石が尿路を通るときに痛みが出る
  • 吐き気
  • 血尿 等

腎盂腎炎

  • 発熱(高熱)
  • 脇腹の痛み
  • 腰痛
  • 背中の痛み
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 排尿痛
  • 頻尿 等
医師男性
尿路結石や腎盂腎炎の症状がある場合は、泌尿器科を受診しましょう。

泌尿器科を探す

「胃腸」の病気

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

  • みぞおちから右脇腹(右上腹部)の痛み 等
医師男性
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状がある場合は、消化器科や外科を受診しましょう。

外科を探す

「肝臓」の病気

ウイルス性肝炎

  • 右脇腹(右季肋部)の痛み
  • 発熱(高熱)
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振 等

アルコール性肝炎

  • 右脇腹(右季肋部)の痛み
  • 発熱
  • 黄疸
  • 肝臓圧痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振 等

肝がん

  • 右脇腹の痛みや張り感
  • みぞおち周辺の痛みや張り感
  • 全身倦怠感
  • 微熱 等
医師男性
これらの症状が出るのは、病状が進行してからと考えられています。
肝臓疾患の症状がある場合は、消化器科を受診しましょう。

消化器内科を探す

「神経痛」のズキズキ痛のケース

肋間神経痛

  • 背中から胸にかけての痛み
  • 脇腹の痛み
医師男性
肋間神経痛の症状がある場合は、整形外科を受診しましょう。

整形外科を探す

「皮膚の病気」のズキズキ痛のケース

帯状疱疹

  • 皮膚のピリピリするような痛み
  • 水疱ができる(肋骨周囲や脇腹に発生する場合が多い)
医師男性
帯状疱疹の症状がある場合は、皮膚科等を受診しましょう。
(発疹等の症状が出てから3日以内に受診する)

皮膚科を探す

上記以外の病気が疑われる場合も、初期段階では症状が無い場合もあるため、できるだけ早めに医療機関を受診するようにしてください。
まずは整形外科、または内科で診てもらいましょう。

内科を探す

合わせて読みたい
左脇腹の痛みは何科?ズキズキ痛・チクチク痛の正体とは。ストレスの影響・女性の病気のケースも
2020-05-15
「左脇腹がズキズキ痛い!」 「病院は何科に行けばいい…?」 ズキズキ・チクチク痛みを感じるときの原因から対処法まで、医師が解説します。 放置する危険性や早期受診のメリット、病院に行く目安についても聞きましたので参考にしてみてくださいね。 「左脇腹が痛い」病院は何科? 痛みの原因によって受診すべき科が違います。 左脇腹が痛む主な原因として、 尿管結石(ズキズキ痛)→泌尿器科 腎盂腎炎(ズキズキ痛)→腎臓内科、泌尿器科 帯状疱疹(ピリピリ痛)→皮膚科 膵炎(ズキズキ痛)→消化器内科 大腸憩室炎(チクチク痛)→消化器内科、胃腸科 などが考えられます。 それぞれのケースの「症状の特徴」など、詳しく解説します。 1.尿管結石(ズキズキ痛)→泌尿器科 尿路結石とは、尿の中の成分(ミネラル)が結晶化し結石となり、尿路にとどまっている状態のことを言います。 痛みの特徴 ズキズキと刺すような激しい痛み 痛みの強さに波がある 「少しずつ痛みが強くなり、ピークになると和らぐ」というのが約20~60分間隔で起こり、痛みは2~3時間続くこともある ※他にも、吐き気、嘔吐、発汗、悪寒、発熱、排尿時の痛み、血尿、強い尿意、尿の変化、腹部の腫れなどの症状が見られます。 ※結石のできる位置により、傷む場所が異なります。(左の尿路結石なら左側、右なら右側)鼠径部から陰部まで痛みがひろがることもあります。 また、次のような人は尿管結石になりやすいといわれているので、注意が必要です。 肥満または運動不足 脱水気味 動物性たんぱく質をたくさんとっている 水分やカルシウムが不足している よく清涼飲料水を摂取している 結石になったことがある家族がいる 副甲状腺機能亢進症や尿細管性アシドーシスなどの病気がある 尿管結石の疑いがある場合は、泌尿器科を受診してください。 泌尿器科を探す 2.腎盂腎炎(ズキズキ痛)→腎臓内科、泌尿器科 膀胱炎のあとに起こることが多い、腎臓が炎症を起こす病気です。尿道の出口から細菌が入り込むことで起こります。 痛みの特徴 ズキズキとした痛み 夕方から早朝にかけて痛むことが多い 炎症が波及すれば右脇腹や腰・背中も痛む 「急性腎盂腎炎」 悪寒や震えを伴う発熱(38℃以上)、吐き気、嘔吐、頻尿、残尿感、排尿時の痛み、尿の混濁など。馬蹄腎や膀胱尿管逆流症の人がなりやすいです。その他、妊娠、結石、尿道炎なども誘因となります。 「慢性腎盂腎炎」 活動期では、急性腎盂腎炎と同じような症状。非活動期では微熱、倦怠感、食欲不振など、もしくは無症状。 腎盂腎炎の疑いがある場合は、腎臓内科や泌尿器科を受診してください。 腎臓内科を探す 3.帯状疱疹(ピリピリ痛)→皮膚科 疲れやストレス、病気によって免疫力が下がっている人がなりやすいです。特に50歳以上に多いと言われています。 帯状疱疹とは、水ぼうそうのウイルスが再び活動を始めることによって発症する、帯状の小さな水ぶくれです。 痛みの特徴 ピリピリと刺すような痛み 刺激(寝返りをうつ、衣服がすれる等)により痛みが増す 顔(目の周り)にも痛みが生じることもある ※他にも、発熱、頭痛、リンパ節の腫れなどが併発することもあります。 帯状疱疹の疑いがある場合は、病院は皮膚科を受診してください。 皮膚科を探す 4.膵炎(ズキズキ痛)→消化器内科 膵炎とは、膵臓が炎症を起こしている状態です。アルコールをよく飲む人や、男性に多い病気です。 痛みの特徴 ズキズキとした痛み 背中、みぞおち、腰が痛む 食後数時間後やあおむけで寝ると痛い(慢性膵炎) 突然発症し、数日から数週間でおさまる「急性膵炎」と、炎症が長期間続き膵臓の機能が破壊される「慢性膵炎」があります。急性膵炎の場合、入院が必要になります。 「急性膵炎」 胆石が一時的に詰まることなどで起こります。 発熱、食欲不振、吐き気、嘔吐などが起こります。せきこむ、深呼吸をする、体を大きく動かすなどにより痛みを強く感じます。食後に痛みを感じる人もいます。 原因ははっきりしていませんが、大量の飲酒により急性膵炎になることもあります。 「慢性膵炎」 長期間の大量の飲酒により、炎症が起こります。遺伝により起こることもあります。吐き気、嘔吐、倦怠感、腹部膨満感などが起こります。進行すると膵臓の働きが悪くなることで消化不良が起こり、下痢や体重減少が生じます。 膵炎の疑いがある場合は、消化器内科を受診してください。 消化器内科を探す 5.大腸憩室炎(チクチク痛)→消化器内科、胃腸科 憩室(大腸の壁の薄いところにできた袋状のもの)に便が入り込むことで細菌が増え、炎症を起こします。 憩室は大腸検査の際などに指摘されることが多いです。喫煙や肥満も関係していると言われています。 痛みの特徴 チクチクとした痛み 歩いたときに、響くように痛む ※他にも、発熱、吐き気、嘔吐、下痢、便秘などが見られます。 大腸憩室炎の疑いがある場合は、消化器内科や胃腸内科を受診してください。 消化器内科を探す 女性の場合、「婦人科系疾患」の可能性も 女性の場合、 子宮内膜症 子宮筋腫 卵巣腫瘍 異所性妊娠 などの可能性もあります。 <婦人科系疾患の症状の特徴>   「子宮内膜症」 主に生理前や生理中の下腹部や骨盤部の痛みが起こります。 排便時や排尿時の痛み、生理中の下痢や便秘、頻尿、強い尿意、腹部膨満感なども生じます。 「子宮筋腫」 不正出血、便秘、頻尿、強い尿意、流産が続く、などの症状が見られます。検診の時に見つかる場合が多いです。 「卵巣腫瘍」 下腹部痛や頻尿が生じます。腫瘍が小さい時は無症状のことが多いです。検診の時に見つかる場合が多いです。 「異所性妊娠」 腹痛や不正出血が起こります。ただ、初期症状がなく自分で判断するのは難しいです。 上記の症状や、生理前後の痛みが強くなったと感じたら、婦人科を受診しましょう。 婦人科系の病気は、検診をうけることで見つかることもありますので、定期的に検診をうけることも大切です。 婦人科を探す 痛みを放置すると…こんなリスクが! 病院へ行かず、症状を放置してしまうことで、「治るのが遅くなる」「日常生活に支障をきたすようになる」のはもちろん、様々なリスクを負うことになります。 腸に穴が開く 細菌が全身に拡がる 他の臓器に障害をきたす 他の病気を招く 妊娠しにくくなる 流産や早産しやすくなる 最悪の場合、死に至る 早めに受診することで、早く回復し、命を守ることができます。 婦人科系の病気なら、妊娠の可能性を残すことや流産や早産を防ぐことに繋がります。 特に、発熱・寒気・震え・激しい腹痛などがある場合、速やかに受診しましょう。 診察時の「症状の伝え方」 お医者さんに症状を伝えるときは、以下の4ポイントをしっかり伝えるのがよいでしょう。 症状の「開始時期」(いつから痛いか) 症状の「経過」(よくなっているのか、悪くなっているのかなど) 症状の「特徴」(どこがどんな風に痛いか、どういう時に痛みが強くなるか、脇腹の痛み以外の諸症状の有無) 「薬の服用」の有無(今どの薬を飲んでいるか) ▼参考 帯状疱疹 MSDマニュアル家庭版
合わせて読みたい
右脇腹の違和感・張り|胆のうや腎臓の病気かも。病院は何科?
2021-05-21
「右脇腹の違和感、張りの正体は何?」 胆のうの病気や尿路結石など、考えられる原因を解説します。 病院に行く目安や、受診すべき診療科も確認しましょう。 右脇腹に違和感と張り…これって大丈夫? 便秘やガス溜まりなどで、右脇腹の違和感、張りが起こる場合もあります。 一旦様子を見て症状が改善するようであれば、問題はありません。 ただし、 便を出した後も症状が続いている 押したり、触ったりすると痛い 強い痛みを感じる 痛みが強まったり弱まったりする 背中まで痛みを感じる といった症状がある場合は、病気の疑いが強くなります。 放置すると症状が悪化し、入院が必要になるケースもあります。 心当たりのある方は、早めに医療機関を受診しましょう。 病院は何科? 右脇腹の違和感・張りがある場合、まずは消化器内科を受診しましょう。 お医者さんへの「症状の伝え方」 いつから症状があるか 痛みはあるか 排便は出ているか わき腹以外に何らかの症状があるか といった点を、できるだけ正確に伝えてください。 消化器内科を探す 考えられる3つの病気 右脇腹に張りと違和感がある場合 胆のう・胆管の病気 尿路結石 腎盂腎炎 など病気が原因のケースもあります。 病気① 胆のう・胆管の病気 急性胆管炎、胆石症などを発症すると、右脇腹の違和感・張りが起こることがあります。 胆のう・胆管の病気の場合、右上腹部の痛みが徐々に強くなっていきます。 「胆石症」とは、胆のうや胆管に石(胆石)ができる病気です。 「急性胆のう炎」は、胆石が胆管に詰まって細菌感染を起こすと発症します。 他にも、こんな症状はないですか? 右わき腹の痛み 発熱 吐き気、おう吐 皮膚や白目が黄色くなる(黄疸) 胆のう・胆管の病気の「原因」 脂肪分が多い食事をよく摂る 疲れ、ストレスの蓄積 喫煙 などが原因として考えられます。 自分でできる対処法は? ご自身でできる対処法はありません。 治療が必要であるため、早急に消化器内科を受診しましょう。 医療機関では、抗生剤の投与や手術などによって、病気の改善を図ります。 命に関わる場合もあるため、放置しないようにしましょう。 消化器内科を探す 病気② 尿路結石 腎臓にできた結石によって、右脇腹に違和感・張りが生じる場合があります。 結石は、尿に含まれるシュウ酸などが、カルシウムと一緒になり結晶化したものです。 腎臓から落ちてきた結石が尿路に詰まると、急に痛みを感じるようになります。 この場合、右わき腹から背中にかけて痛みが起こります。 他にも、こんな症状はないですか? 急な激しい痛み 血尿 吐き気、おう吐 尿路結石の「原因」 肉中心の食事 脂っこいものばかり食べる といった習慣が原因となります。 中高年の男性に多い病気でしたが、近年の食事の欧米化に伴い、女性の患者も増えてきています。 自分でできる対処法は? 水分を多く摂ってください。 サイズが小さければ、尿から排出されることがあります。 ただし、2日以上経っても尿から排出されない場合は、泌尿器科を受診しましょう。 放置すると、感染症を引き起こすリスクがあります。 泌尿器科を探す 病気③ 腎盂腎炎 腎盂腎炎とは、細菌感染によって腎臓に炎症が起こる病気です。 諸症状として、右脇腹の違和感・張りも挙げられます。 右わき腹から背中にかけて、痛みを感じる場合もあります。 他にも、こんな症状はないですか? 残尿感 排尿痛 背中の痛み 悪寒 発熱 吐き気、おう吐 腎盂腎炎の「原因」 疲労、ストレスの蓄積 水分の摂取不足 排尿を我慢する習慣 などが原因となって発症します。 腎盂腎炎は、尿路から侵入した細菌によって発症する病気です。 この感染が尿路にとどまらず、腎臓にまで及んでしまうと腎盂腎炎を発症します。 特に過度の疲労、ストレスは免疫力を低下させるため、感染症にかかりやすくなってしまいます。 また、男性よりも女性に多い傾向があり、妊娠や出産に伴い発症するケースも見られます。 自分でできる対処法は? ご自身でできる対処法はありません。 泌尿器科を受診して、治療を受けてください。 悪化すると入院が必要になるケースも多いので、放置しないようにしましょう。 泌尿器科を探す 「右脇腹の違和感・張り」は、早めに受診を 右脇腹の違和感・張りが痛みに変わったときは、要注意です。 病気が隠れていた場合、放置すると重症化し、入院が必要になるリスクもあります。 悪化させないためには、早めの受診によって初期段階のうちに対処することが大切です。 症状が気になる方は、まず消化器内科で相談しましょう。 消化器内科を探す ※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。 ▼参考 MSDマニュアル 腎臓の感染症
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 630
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事