靴下を履いて寝るのがNGな理由|冷え性悪化も?メリットはあるの?

公開日:2019-04-02 | 更新日:2021-01-15
35
靴下を履いて寝るのがNGな理由|冷え性悪化も?メリットはあるの?

靴下は、足の通気性を良くしたり、歩くときのクッションになったり、足を保温するための役割がありますよね。
「冬や夜はもこもこの靴下が欠かせない!」という方も多いと思います。
もちろん通常は日中履くものですが、中には冷え性対策として寝るときに履いている方もいるようです。
そこでこの記事では、靴下を履いて寝ることが体へどんな影響を及ぼすのか、医師に詳しく解説していただきました


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

靴下を履いて寝るメリット&デメリット!

医師男性
靴下を履くことで足の表面を温めることはできますが、残念ながら根本的な冷え性の改善にはなりません

靴下を履いて寝るメリット・デメリットについて下記にまとめてみました。

靴下を履いたまま寝るメリット

医師男性
寒さから、足の表面が守れます
素足で寝るよりも、多少乾燥を防ぐ効果が期待できます。

また、保湿クリームを塗って靴下を履けば、より乾燥を防ぐことができます。

靴下を履いたまま寝るデメリット!

締め付けるため血行が悪くなる

足指を自由に動かせなくなり、ますます足先に血液が届きにくくなります。
また、皮膚感覚が麻痺し、脳からの体温を調節する指令が伝わりにくい状態になります。

睡眠時、足からの放熱を邪魔をする

通常は入眠時に、体の中心の温度を下げるために熱を放散しますが、靴下はそれを妨げてしまいます

睡眠中に足に汗をかきやすくなる

汗が足の皮膚の温度を外へ逃し、ますます足が冷たくなります。
足の不快感の原因となり、質の良い睡眠を妨げます。

なぜ冷えていると眠れないの?

冷えていると眠れない理由

私たちは体の中心の温度(深部温度)を37度前後に維持しようと、血液を集めています。
また、深部温度を下げるため、皮膚表面を通して熱を外へ放散させます。

医師男性
そして体温が低くなると、眠くなる仕組みがあるのです。代謝活動を減らし、脳の温度を下げることで、眠りに入ります。
しかし、手足を含め体の表面が冷えていると、血管が収縮してうまく深部温度が下がらず、眠りを促すホルモン(セロトニン)分泌の働きに影響を及ぼします。
その結果、眠りにくくなってしまうのです

冷え性が悪化することもある?

汗をかくことで、冷えている手足からさらに熱を奪い、冷えが悪化することがあります。

冷え性を解消し、良い睡眠をとるには?

睡眠は心と体を休め、細胞を修復し、記憶を整理するのに重要です。
睡眠時間は、ホルモン分泌や成長、疲労回復といった体のメンテナンスの時間であるため、睡眠不足は、免疫システムの衰えや肌荒れ、肥満といった体の不調の原因になります。
睡眠不足が長期間継続すると、常に交感神経が優位になるため、体の緊張が取れず健康にも悪影響を及ぼします。

医師男性
冷えを解消して良い睡眠をとるための工夫をいくつかご紹介いたします。

入浴時にできること~睡眠の質を高める準備

入浴は寝る1時間前に

お湯の水圧により、血液やリンパの流れが促進されるので、入浴は睡眠の質に影響します。
入浴で上がった体の中心部の温度が下がるのには1時間程度かかるため、睡眠直前ではなく、1時間前に入りましょう。

温めのお湯でリラックス

温めのお湯(38〜40度)に10分程度ゆっくり浸かってリラックスすると、副交感神経が活発になり血流が良くなります。
入浴が無理なら足湯や首を温めるだけでも良いですね。

湯上りは湯冷めしないように

寝るまでに体の表面が冷えてしまうと、入眠時に熱の放散がうまくできなくなります。
布団に入る前や寝るときまでは、靴下や衣類で体の表面を温めておきましょう

睡眠時~睡眠の質を高める方法

厚着をしない、湯たんぽ・電気毛布・電気あんか等は使わないで寝る

医師男性
体の表面を温めすぎないようにしましょう。
睡眠中に体温がこもり、熱が放散されにくくなります
湯たんぽなどを使用する際は、寝る直前まで布団に入れておき、寝る時に取り出すようにしましょう。

足を温めるならレッグウォーマーを

その他、腹巻きで腰周りを温めたり、放熱の邪魔にならないようレッグウォーマーで足首を温めたりするのも良いですね。
布団の中で、手足の指をゆっくり握ったり開いたりして血流を良くすることも体が温まるのでおすすめです。

靴下を履かないと眠れない人におすすめの靴下の選び方

レッグウォーマーやルーズソックスのような、足首を締め付けない靴下を選びましょう。
また、足全体を覆うものではない指が出るもの通気性のよい5本指ソックス綿素材のものを選ぶのも良いですね。

まとめ

日頃から対策をしていたのに冷えが改善されず、眠れぬ日々を過ごしていた方もいらっしゃるかと思います。
これまでの入浴時間、靴下の着脱、湯たんぽや、電気毛布などの使用…それらのタイミングや睡眠時の衣類などを少し変えてみてはいかがでしょうか。
また、日中の活動量を増やし、体温を上げることも睡眠時の冷え対策になります。

【参考文献】
第一三共ヘルスケア株式会社→くすりと健康の情報局:手足の冷え(冷え症)の原因
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/11_teashinohie/
テルモ株式会社→テルモ体温研究所 体温から健康に:体温と生活リズム 睡眠と体温
http://www.terumo-taion.jp/health/sleep/01.html
株式会社協和→wotopi:靴下を履いて寝るのはNG!臨床内科専門医に聞く、冷え対策のウソホント
https://wotopi.jp/archives/50180
世界睡眠会議:やってみよう!快眠TIPS ぐっすり眠れる「手足の温め方」お教えします!
https://suiminkaigi.jp/tips/tips-warming
社会保険出版社→良い睡眠で快適生活:なぜ睡眠が必要なの?
http://www.shaho-net.co.jp/suimin/01/index.html


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

キレイな女性の秘密「温活」って知ってる?
神戸養蜂場のはちみつジンジャーシロップ

エステに行ってみたいけど、費用が…」
運動もなかなか続かない…」

そんなあなたには…”温活”がおすすめ♪

  • 温活の主役「ショウガ」
  • たべる美容液「はちみつ」
  • ビタミンCの代表「レモン」

があなたの”キレイ”をカラダの内側からサポートします♪

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 35
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード