原因は不整脈?「動悸」が起こる4つの病気。息苦しい・めまい…何科にいけばいい?

更新日:2022-08-30 | 公開日:2021-01-27
76
原因は不整脈?「動悸」が起こる4つの病気。息苦しい・めまい…何科にいけばいい?

動悸がする…。
まさか、不整脈…?

その原因と対処法を、お医者さんに聞きました。
病院に行く目安や受診する診療科も解説します。

監修者
岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

危険な動悸の見分け方

医師男性
ドクンドクンと鼓動が大きい動悸や、一瞬脈が飛ぶような動悸は、あまり心配しなくても大丈夫です。

こんな症状はすぐに病院へ

次の症状がある場合は、重い病気が原因かもしれないので、病院を受診してください。

  • 日常生活に支障をきたしている
  • 動悸が繰り返し起こる
  • 数分以上も動悸が続く
  • 胸痛
  • 息切れ
  • めまい
  • 倦怠感
  • 呼吸困難
  • 意識を失う

病院は何科?

内科や循環器内科を受診してください。

内科を探す

動悸が起こる病気

動悸を感じる場合、次の病気が考えられます。それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 不整脈
  2. ストレス性疾患(パニック障害、全般性不安障害等)
  3. 貧血
  4. 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

病気① 不整脈

不整脈にはいろいろな種類があり、それぞれの動悸に特徴があります。

タイプ① 期外収縮(脈が飛ぶ)
一定リズムの脈拍以外の脈拍が起こります(脈が飛ぶといいます)。一分間の脈拍数が120回以下のときに起こることが多く、脈が飛んだ後も、一定のリズムで脈を打ちます。
胸がドキドキするような動悸が起こることが多いです。

タイプ② 徐脈
一分間の脈拍数が50回未満の脈拍が遅くなる不整脈のことです。
息切れ・倦怠感・めまい・意識を失う等の症状を伴うことがあります。

タイプ③ 頻脈
脈拍が速くなり、1分間に100回以上の脈が起こる不整脈です。
胸の痛み・意識を失う等の症状を伴うケースがあります。

不整脈の原因

  • 加齢
  • 肥満
  • 高血圧
  • 疲労過多
  • ストレス過多
  • アルコールやカフェインの過剰摂取
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 運動のやりすぎ
  • 自律神経の乱れ
  • 喫煙 など

自分でできる改善方法

不整脈のタイプによっては、生活習慣を改めることで、症状が改善する場合があります。
次の4点を意識して生活しましょう。

  1. 十分な睡眠時間を確保する
  2. 栄養バランスのよい食事を摂る
  3. 暴飲暴食しない
  4. ウォーキング等の軽い運動を継続する

病気② ストレス性疾患(パニック障害、全般性不安障害等)

息ができないほどの激しい動悸が起こることがあります。動悸とともに、めまいや息切れが起こることも多いです。

ストレス性疾患の原因

  • 過剰な精神的ストレス
  • 疲労の蓄積
  • 睡眠不足
  • 過度な緊張
  • 過度な不安感 など

自分でできる改善方法

深呼吸をし、気持ちを落ち着けましょう。
リラックスして過ごす、ゆっくり休む、軽い運動を行うこともおすすめです。

病気③ 貧血

ドクドク、ドキドキするような動悸が起こることがあります。息苦しい感じ、倦怠感、頭痛、めまい等を伴うケースもあります。

貧血の原因

体内の鉄分が不足することで、貧血が起こります。

  • 過度のダイエットによる栄養不足
  • 生理
  • 偏食
  • 胃腸系疾患

多くの場合、以上が貧血の原因と考えられています。また、知らないうちに発症した消化管出血などが原因になることもあります。

自分でできる改善方法

鉄分、ビタミンC、タンパク質をバランスよく摂りましょう。

  • 鉄分(小松菜、ほうれん草、切り干し大根、豆乳、レバー等)
  • ビタミンC(果物、緑黄色野菜等)
  • タンパク質(肉類、魚介類、乳製品、卵、大豆製品等)

ただ、食事だけで鉄分不足による貧血を改善するのは難しいです。
内科へ行くことをおすすめします。

内科を探す

病気④ 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺機能亢進症によって脈が速くなると、ドキドキするような動悸が起こることがあります。

甲状腺機能亢進症の原因

全身の代謝を調節する甲状腺ホルモンが、過剰に分泌されることが原因と考えられています。

自分でできる改善方法

楽な姿勢で安静にして、深呼吸を繰り返し行い、気持ちを落ち着けてください。両目をゆっくり動かし、首の動脈を優しく押しましょう。

ただし、甲状腺機能亢進症は病院での治療が必要となる病気です。内分泌・代謝内科、または耳鼻いんこう科を受診しましょう。

耳鼻いんこう科を探す

放置すると…深刻なリスクも

不整脈で心臓内の血流が乱れて血栓が生じると、脳梗塞を起こすことがあります。
また、不整脈によって全身に血液が行き渡らず、脳や冠動脈(※)等で血液が不足すると、失神したり、命を落としたりする恐れがあります。

※冠動脈:心臓へ酸素や栄養分などを供給する血管のこと。

合わせて読みたい
大丈夫?「動悸がして息苦しい」の対処法。ストレス?病気?何科に行けばいい?
2020-05-12
「動悸が止まらない…」 「息が苦しいのはなぜ…?」 その原因と対処法、考えられる病気の可能性まで、お医者さんに聞きました。 「病院に行く目安」や「何科を受診すればいいのか」についても解説しています。 自分でできる「5つの対処法」 ベルトやボタンを緩める 楽な姿勢で安静にする 深呼吸をする 吸うより吐くことに意識を集中する 口を閉じて息を止め、お腹に力を入れた状態を10~20秒間維持する 動悸や息苦しさを感じたときは、上記5つの対処法を実践しましょう。 動悸と息苦しさの「3つの原因」 ストレス性の疾患 女性ホルモンの影響 食事などの生活習慣 主に上記の3つの原因が考えられます。 動悸や息苦しさの他にも、喉が詰まる感じがあったり、背中が痛いこともあります。 3つの原因について詳しく解説します。 原因①「ストレス性の疾患」 パニック障害 過換気症候群 心臓神経症 自律神経失調症 などが動悸や息苦しさを伴う「ストレス性の疾患」です。 これらの場合は、心療内科を受診しましょう。 パニック障害 極度の緊張により症状が出現すると考えられています。脳内の神経伝達物質系の異常が原因で生じるといわれています。 <主な症状> めまい/ふらつき 等 過換気症候群 精神的ストレスや不安感が原因で発症するケースが多いと考えられています。検査をしても何も異常がないのに、過換気(発作的に息苦しくなり呼吸が速くなる)を起こします。 <主な症状> 胸痛/失神/めまい/しびれ/硬直 等 心臓神経症 心臓疾患がないのに、動悸・息切れなど、胸のあたりに不調が生じます。ストレス過多など精神的不安がある場合に起こるケースが多いです。 <主な症状> 胸の痛み(チクチク感)/立ちくらみ 等 自律神経失調症 人間関係・仕事・学校・家庭・不規則な生活習慣・環境変化等、精神的ストレスや社会的ストレスが原因で起こるケース多いです。 <主な症状> 倦怠感/ふらつき感/ほてり/頭痛/めまい 等 これらの場合は、心療内科を受診しましょう。 心療内科を探す 原因②「女性ホルモンの影響」 更年期障害 妊娠 などでは、女性はホルモンバランスの変動によって、動悸や息苦しいといった症状が現れることもあります。 この場合は、婦人科を受診しましょう。 更年期障害 卵巣機能低下により、卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が低下・消失することで起こる状態です。 <主な症状> 疲労感/ほてり/冷え/頭痛/不安感 等 妊娠 妊娠すると、女性ホルモンが多く分泌され、自律神経が乱れます。また、貧血になりやすくなったり、甲状腺機能が亢進しやすくなるためでもあります。 <主な症状> 胸の不快感/便秘/吐き気/嘔吐 等 婦人科を探す 原因③「食事などの生活習慣」 食事や嗜好品など、生活習慣によって引き起こされる 貧血(鉄欠乏性貧血) カフェイン・アルコール・たばこの過剰摂取 低血糖症 高血圧症 不整脈 により、動悸や息苦しさが生じる可能性があります。 この場合は、内科を受診しましょう。 貧血(鉄欠乏性貧血) 鉄分の摂取不足や、月経や出産等により体外へ鉄分が排泄されることが原因で起こります。 <主な症状> 倦怠感/めまい/冷え 等 カフェイン・アルコール・たばこの過剰摂取 カフェイン・アルコール・ニコチンには自律神経を刺激して、血圧に影響を与え、脈拍や呼吸を速くする作用があります。 <主な症状> 動悸/胸の苦しさ 等 低血糖症 栄養不足・空腹での運動・過度の飲酒・インスリンの不適切な使用や経口血糖値降下薬の使用過多が原因で、血糖値が低下することで、低血糖症が起こると考えられています。 <主な症状> 手足の震え/脱力感、めまい 等 高血圧症 塩分の過剰摂取・肥満・加齢・遺伝的要因等数多くの原因で発症すると考えられています。 <主な症状> 頭重感/倦怠感/肩こり/めまい 等 不整脈 疲労過多・喫煙習慣・加齢・心臓疾患等が原因で起こりやすくなります。 <主な症状> めまい/胸部の不快感 等 内科を探す 【要注意チェック】重い病気の可能性も 動悸や息苦しいといった症状は、 甲状腺機能亢進症 心筋症 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞) 肺血栓塞栓症 という重篤な疾患の場合もあります。 病院に行くべき命に関わる病気の可能性もあります。 当てはまる症状がでていないか、しっかり確認してください。 甲状腺機能亢進症 甲状腺ホルモンが過剰分泌されることで発症します。内科、内分泌内科を受診しましょう。 <主な症状> 安静状態でも動悸がある/手足の震え/眼球が出てくる/脱力感/発汗過多/痩せる 等 内科を探す 心筋症 心筋(心臓を動かしている筋肉)に炎症が生じて、心機能が低下する状態です。ウイルス感染などにより発症することがあります。 <主な症状> 発熱/頭痛/倦怠感/浮腫み 等 循環器内科を探す 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞) 狭心症は、動脈硬化等により心臓に必要な酸素が不足して起こります。 心筋梗塞は、心臓の血管が詰まって心臓の一部が機能しなくなることで発症します。 <主な症状> 胸痛/胸の違和感 等 循環器内科を探す 肺血栓塞栓症 足の静脈に生じた血栓が肺に達し、肺動脈で詰まる病気です。 妊産婦・肥満の方・経口避妊薬の使用中の方・長期間ベッドで生活している方などに多くみられます。 <主な症状> 突然の息切れ/呼吸が速くなる/胸痛/発熱/咳 等 呼吸器内科を探す 病院を受診する目安 激しい動悸、息切れ 呼吸困難 緊張する状況にないのに動悸や息苦しさが頻発する 胸の痛み、圧迫感を伴う 発熱を伴う 吐き気、嘔吐を伴う めまい、立ちくらみを伴う 意識が朦朧とする(失神) 不安感 脈がどんどん速くなる 体に浮腫みが生じる 動悸に伴い、突然、背中の張り感、手足の発汗、血圧上昇が起きた 運動をしていないのに息切れが起こる 尿量の減少 上記の症状が現れている場合、できる限り早く病院に行きましょう。 内科を探す ▼参考 公益財団法人 日本心臓財団|突然、息苦しく動悸がして病院に行ったが、検査では異常が出ない(過呼吸症候群) 国家公務員共済組合連合会 立川病院 息切れに要注意! 武田コンシューマーヘルスケア株式会社 動悸 一般社団法人 日本女性医学学会 動悸 息切れ 一般社団法人 日本循環器学会 不整脈の症状は? 厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタル 動悸・めまい
合わせて読みたい
ストレスのせい?「背中の痛み」息苦しい、右側・左側だけ痛い…何科を受診?
2019-12-27
ストレスが原因で背中痛が生じるケースがあります。 ときには「息苦しい」「胃が痛い」といった症状がでることも…。 対処法を、お医者さんに聞きました! 「背中が痛い!」原因はストレスのケースも 自律神経の影響で、ストレスが原因で背中痛が出る人もいます。 ストレスは、体のあらゆる器官の働きを調節している「自律神経」の働きにも影響を及ぼします。 痛みに加え「息苦しい」ことも ストレスが多くなり、うまく自律神経の調節ができなくなると、 体や手足が冷たくなり血流が悪化する 動悸・息が苦しくなる という症状が現れる人もいます。 痛みに加え「胃痛」がある場合は… 「胃痛」や「胃酸の上昇」などを伴って背中の痛みがある場合、逆流性食道炎等の可能性もあります。 逆流性食道炎は、胃液が何度も食道側に逆流して食道に炎症をきたす病気です。背中痛を同時に訴える患者さんも多くいます。 ストレスによる背中の痛みにはマッサージも 背中のマッサージは、体全体の血流を良くしてくれます。 体の血流が良くなるとストレスや痛みの緩和にも有効です。 市販薬は「使ってもいいが…長期はNG」 市販の鎮痛剤で一時的に背中の痛みがおさまる場合もあります。 ただし、長期的な使用は控えましょう。 1週間ほど痛みが続く場合は、痛みの原因を確認する必要があるので病院を受診しましょう。 原因不明のまま、痛み止めだけで対処していると、何か大きな病気を見過ごしてしまう可能性もあります。 また、痛み止めを連用していると、胃潰瘍や腎障害、肝障害などの副作用を引き起こすケースもあります。 「病気」の可能性も 「背中を使う運動をしたりしたわけではないのに背中が痛い、違和感がある」場合や、「安静にしているのに痛みがある」という場合は、何か病気が隠れているかもしれません。 特に、痛みが強くなったり、他の頭痛、腹痛、胸痛などの症状が併せてあるようなら、早めに病院を受診してください。 背中の「右側が痛い」病気 「背中の右上方が痛い」場合は、肺炎、胸膜炎、肺結核、気胸など肺の病気、「背中の右下部が痛い」は、膵炎、肝炎、十二指腸潰瘍、腎盂炎、腎結石などの可能性があります。  痛みの特徴の違い 肝炎:体全体の倦怠感と背中の痛み 十二指腸潰瘍:差し込んでくるような痛み 腎臓に異常がある:発熱と背中痛 背中の「左側が痛い」病気 「背中の左上方が痛い」場合は、狭心症や心筋梗塞、解離性大動脈瘤といった心臓に関わる病気、「背中の左下方が痛い」場合は、膵炎、膵臓がんなどの可能性があります。  痛みの特徴の違い 狭心症:押さえつけられるような圧迫感 解離性動脈瘤:体が引き裂かれるような強い痛み 膵臓の異常:少しの痛みから徐々に痛みが増し、今まで感じたことのないような激痛に変化する 何科を受診すればいい? 体を動かすときに痛みがある場合や体をひねると痛みがある場合等は、筋肉や骨などに異常がある場合が多いです。 整形外科を受診して血流の状態や筋肉の張りやコリを診察してもらいましょう。 整形外科を探す ※その他は内科や循環器科、呼吸器科などに相談してみてください。 内科を探す

※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 76
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事