子どもが「片方の耳の後ろが痛い」ズキズキ痛、腫れを押すと痛い、熱がない等

更新日:2022-07-15 | 公開日:2022-04-01
8
子どもが「片方の耳の後ろが痛い」ズキズキ痛、腫れを押すと痛い、熱がない等

「片方の耳の後ろが痛い!」
いったいなぜ?どう対処すればいいの?」

主な原因として

  1. 外耳道炎
  2. 乳様突起炎
  3. 脂肪腫

の3つがあげられます。

お医者さんにママ・パパがするべき対処法を聞きました。病院受診が必要な場合もあります。

監修者
瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

原因1.外耳道炎(がいじどうえん)

綿棒や耳かき棒で耳掃除をよくする場合、掃除の際に耳の中の皮膚に傷をつけてしまうことがあります。その傷から細菌に感染してしまうと、外耳道炎を起こします。

<痛みの特徴>

  • ジンジンと痛む
  • 耳裏を押すと痛い
  • 耳裏や耳周辺のリンパにかけて痛む
  • 下を向いたり上を向いたりすると痛む
  • 発熱するケースもある


<症状の特徴>

  • 耳裏を触ると、反対側に比べて腫れている
  • 外側から腫れを確認できる場合もある
  • 腫れている部分が熱を持っている

ママ・パパはどう対処する?

医師男性
1日冷やしても良くならない場合は、病院を受診して診察を受けましょう。

痛みを訴えてきたら、冷やしてあげると楽になります。

そもそも、基本的に耳かきは必要ありません。あまりに耳垢が溜まって、聞こえに影響しているようであれば取り除く程度で大丈夫です。
耳かきをしたいのであれば、月に1回程度にしてください。

耳鼻いんこう科を探す

原因2.乳様突起炎(にゅうようとっきえん)

急性中耳炎になった後に、耳の裏の骨(乳様突起)に細菌が侵入して起こります。
乳様突起のそばには顔面の神経があるため、放置すると顔面神経麻痺を発症するケースもあります。

<痛みの特徴>

  • ズキズキとした痛み
  • ジンジンとした痛み
  • 耳裏の骨を押すと痛む
  • 発熱


<症状の特徴>

  • 耳の後ろが腫れる
  • 耳の後ろに赤みが出る
  • 耳が前方向に押し上げられる

ママ・パパはどう対処する?

医師男性
患部を冷やすことで痛みが緩和されますが、顔面神経麻痺を起こすこともあるため、早めの受診をおすすめします。

耳鼻いんこう科を探す

原因3.脂肪腫(しぼうしゅ)

脂肪細胞がなんらかの影響で増殖し、塊になって体の一部に現れる症状です。
通常は痛みを感じませんが、脂肪腫が大きくなっていくと、痛みを感じるようになる場合もあります。

<痛みの特徴>

  • 圧迫されるような痛み
  • 通常、発熱はない


<症状の特徴>

  • 触ると、しこりがある

ママ・パパの対処

医師男性
念のため、しこりが良性のものであるか医師の診察を受けましょう。

良性の場合、手術で腫瘍を取り除きます。
悪性の場合、放置すると外耳の大部分を取り除く必要がでてきます。

形成外科を探す

“やってはいけない”NG対処

医師男性
痛みが悪化するので、運動や長時間の入浴は避けましょう。
また、何度も押したり、触ったりすると腫れが悪化する場合もあるのでやめましょう。

外部から腫れがわかる場合もありますが、見た目はわからなくても、内部で腫れていたり、膿んでいたりする可能性が高いです。

痛みを放置するリスク

医師男性
感染症が悪化して、たまった膿などを出ために、手術などが必要となる場合もあります。

なるべく早く病院を受診しましょう。

病院を受診する目安

自宅ケアでも問題ない場合

医師男性
冷たい水で濡らして絞ったタオルで、冷やしてみて、次の日には痛みもなく、おさまっている程度であれば、様子をみても良いでしょう。

病院を受診した方がいい場合

医師男性

痛みがある部分を1日冷やしても

  • 腫れが引かない
  • 腫れている箇所が熱を持っている
  • 痛みがどんどん強くなっている

ような場合は、早めに病院を受診しましょう。

病院は何科?

医師男性
耳鼻いんこう科を受診しましょう。
近くにない場合は、小児科でも診察可能です。

耳鼻いんこう科を探す

合わせて読みたい
片方の耳の下が痛い!腫れるけど熱はなし「反復性耳下腺炎」かも。病院は何科?
2022-04-01
子どもが「片方の耳の下が痛い」と訴える。 腫れているけど、熱はないみたい…これは何? もしかして「反復性耳下腺炎」もしくは「おたふく風邪」になっているかもしれません。 それぞれ、症状が似ていますが、対処法が異なります。注意しましょう。 考えられる、2つの原因   反復性耳下腺炎 おたふく風邪 特徴 何度も発症する 耳下腺の腫れのみで、発熱しないことが多い 基本的に、1度かかったらもうかからない 耳下腺の腫れに加え、発熱や倦怠感がある うつるか うつらない うつる 登園登校 可能。 激しい運動やプールは、疲労が大きいので、腫れが引きまでは休ませた方が良い 不可。 耳下腺の腫れ発生から5日経過し、さらに全身症状が良くなるまでは登園・登校不可 発熱がない場合は、「反復性耳下腺炎」だと考えられます。 ただしおたふく風邪と症状がよく似ているので、慎重に行動する必要があります。 ケース1.「反復性耳下腺炎」 「反復性耳下腺炎症」は、風邪をひいたり、病気をしたり、体が弱った時に発症する場合もあります。 乳幼児期から10歳ごろの子ども(2〜5歳で初めて発症するケースが多い)に多いです。 耳下腺(耳の下にある唾液腺)が腫れます。 1度かかったら終わりではなく、何度も繰り返し発症します。 年に何回も耳下腺が腫れる人もいます。免疫がつき、体が強くなってくると頻度は少なくなります。 原因 はっきりとした原因はわかっていませんが ストレス・疲労の蓄積 ウイルス・細菌の感染 虫歯や口の中での雑菌感染 などで、免疫力が低下していることが要因だと考えられます。 症状の特徴 発熱はないことが多い(高熱になることはほぼない) 耳下腺が腫れる(片耳、もしくは両耳) 食べ物を飲み込むときに痛む 早く治す方法が知りたい! 体の免疫が下がっているときに発症しやすいので、ゆっくり安静にして過ごしましょう。 痛みがつらいときは、濡れタオルなどで冷やすと楽になります。基本的には、2~3日で自然治癒します。 ケース2.「おたふく風邪」 「おたふく風邪」は、3〜6歳くらいの子どもに多いです。 おたふく風邪のワクチン接種前におたふく風邪の患者と接触すると感染しやすくなります。 潜伏期間(2~3週間)ののち発症します。 子どもの場合、症状が軽いことが多いですが、「髄膜炎」や「難聴」、「膵炎」などの合併症を引き起こすことがあります。 ワクチンを接種していると発症しても軽度で済むことが多く、発症しても気がつかない人もいます。 原因 ムンプスウイルスによって発症します。 症状の特徴 発熱する 倦怠感 耳下腺が腫れる(片耳、もしくは両耳) 食べ物を飲み込むときに痛む 早く治す方法が知りたい! おたふく風邪に感染したら、ゆっくり休ませるようにしましょう。 症状が耳下腺の腫れのみで軽く済む人もいますが、体はウイルスに感染し、戦っています。安静にしてゆっくり休まないと、疲労やストレスで重症化する場合もあります。 痛みがつらいときは、濡れタオルなどで腫れているところを冷やすとよいでしょう。 現在、おたふく風邪に対する特効薬はありません。基本的に1週間~2週間で自然治癒します。医療機関では対症療法(つらい症状を緩和する治療)がとられます。 見分け方は?「反復性耳下腺炎」と「おたふく風邪」 発熱がなく、耳下腺の腫れのみであれば、「反復性耳下腺炎」の可能性が高いです。 発熱・倦怠感があるときば、「おたふく風邪」の可能性が高いです。 おたふく風邪を発症した人と接触があった場合は、おたふく風邪が濃厚です。 ただし、おたふく風邪は一度かかれば抗体ができ、2度は感染しません。過去におたふく風邪にかかった子どもは、「反復性耳下腺炎」だといえるでしょう。「反復性耳下腺炎」の場合は、何度でも感染します。 ただし、自分ではどちらかわからない場合は「おたふく風邪」だと思って行動しなければいけません。 保育園や学校に行ってもいい? 「おたふく風邪」はうつるため、休む必要があります。 登園・登校ができるようになるのは、「腫れが出た後5日を経過し、かつ全身状態が良好になってから」です(厚生労働省による感染症対策ガイドライン)。 どっちかわからないときは…どうすれば? 「反復性耳下腺炎」はお休みする必要はありませんが、「おたふく風邪かどっちかわからない」ときは休まなければいけません。この場合、医療機関で血液検査をして「おたふく風邪の免疫を既に持っている」とわかったら、お休みしなくてもよくなります。 どっちかはっきりさせたいときは、病院で検査しよう! 医師は、発熱の有無や子どもの体調、季節や流行など複合的に見て判断します。血液検査で確定することが可能です。はっきりさせたい場合は、医療機関で血液検査を受けましょう。 「反復性耳下腺炎」は何度も繰り返すことがあるので、次腫れたときに休まなくてもすむように、血液検査を受けておくことをおすすめします。 ホームケアの方法 どちらの場合も、安静にしながら水分摂取をして、やわらかいものを食べましょう。 食事は、消化のよいおかゆ・うどん・ゼリーなどがよいでしょう。 発熱していて、食欲がないときは、無理に食べさせなくても大丈夫です。水分補給を行い、脱水を避けてください。 避けたほうがよい食べ物 よく噛まないといけない硬い食べ物は、痛みを感じたり、腫れを悪化させるので避けてください。しょっぱいものや酸っぱいものも避けましょう。 お風呂ははいってもいい? 高熱でふらついていなければ入浴可能です。 ただし、体が温まると、腫れが悪化したり、痛みが増す場合があります。シャワー浴がおすすめです。 腫れが痛いときは… 痛みがあるときは、保冷剤などをタオルにくるんでで冷やすと楽になります。 腫れている部分を無理に押したり、触ったりしないでください。 負荷がかかると腫れがおさまりにくくなります。 病院に行く目安 「反復性耳下腺炎」か「おたふく風邪」かはっきりさせたいときは、医療機関を受診しましょう。 その他にも 40度以上の高熱 脱水症状 意識低下 ぐったりしている などの症状があるときは、早急に医療機関を受診しましょう。 高熱を放置すると、脳症や後遺症が出ることもあるため、医療機関で治療を受けましょう。 受診の際は、おたふく風邪の可能性を考え、マスクをして受診しましょう。 受診の際に、お医者さんに伝えること 診察時は、お医者さんに 症状が出始めた時期 症状の経過 症状の特徴 服用している薬の有無 などを伝えましょう。 どんな治療をするの? 「反復性耳下腺炎」も「おたふく風邪」も、どちらも対症療法(つらい症状を和らげる治療)が主体です。痛み止めや解熱剤の投与が行われます。 病院は何科にいけばいい? 子どもの場合は「小児科」、大人の場合は「内科」を受診しましょう。 小児科を探す 内科を探す 合わせて読みたい 子どものリンパの腫れ(熱なし・熱あり)大丈夫?要注意のケースも|医師監修 2020-06-30 子どものリンパの腫れ、大丈夫? お医者さんが、子どものリンパの腫れの原因と対処法を解説。病院に行くべきケースもあります。 「何科にいくべき?」「深刻な病気の可能性もあるの?」といった質問も聞きました。 続きを読む ▼参考 NIID国立感染症研究所 流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 8
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

おすすめ記事
関連記事