膝が痛いのは太り過ぎが原因?膝痛でもできる運動やダイエットも解説

更新日:2022-01-17 | 公開日:2022-01-14
6
膝が痛いのは太り過ぎが原因?膝痛でもできる運動やダイエットも解説

「最近膝が痛い…」
「これって太り過ぎ?」

体重が重いせいで、膝が痛くなるのかどうかを、お医者さんに聞いてみました。
太り過ぎが原因の場合のストレッチや食事制限の方法など、無理なく始められる「おすすめのダイエット方法」を解説します。


監修者

河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

膝が痛いのは…やっぱり太り過ぎだから?

最近膝が痛いです…太り過ぎによって痛くなることもあるのでしょうか…?
女性
医師男性
はい、太り過ぎてしまうと、膝に痛みを感やすくなります。

体重が増えると、膝に負荷がかかり、衝撃を吸収する軟骨がすり減りやすくなります。そうしていくうちに軟骨が失われ、膝の骨同士がぶつかるようになるため、痛みを感じるのです。

膝の痛みをそのまま放置すると、歩行に支障が出てしまうこともあります。
日常生活に支障をきたす前に、ダイエットをすることが大事です。

膝の痛みの改善にはダイエットが必要

医師男性

膝の痛みを改善するには、ダイエットが必要です。

  • 食事制限
  • 運動

を生活に取り入れて体重を減らしていきましょう。

気軽に始められる「食事の改善」

医師男性

食事制限のダイエットは、あまり厳しくすると長く続けられず、失敗してしまいます。

まずは、

  • 栄養バランスを見直す
  • 食べる順番を変える
  • エネルギー摂取量を適正化する

といった方法から始めてみましょう。

その① 栄養バランスを見直す

医師男性
痩せやすい体づくりのために、主食・主菜・副菜の揃ったメニューを食べましょう。
定食などを選ぶとよいでしょう。

栄養バランスを整うことで、エネルギーの過剰摂取・血糖値の急上昇の予防につながります。

その② 食べる順番を工夫する

医師男性
副菜→主菜→主食の順で食べましょう。

毎回の食事で順番を意識してみましょう。
“無意識でもその順番で食べる”くらいに身につけると良いでしょう。

また、よく噛んでゆっくり食べることも意識するとさらによいでしょう。

その③ エネルギー摂取量を適正化する

医師男性
体重が減る仕組みはシンプルです。
消費エネルギーより摂取エネルギーが下回れば、減量につながります。

運動は「ストレッチ」から始めるのがおすすめ

医師男性
あまり運動をしてこなかった人が、いきなりハードな運動をすると体を痛めてしまうことがあります。
運動のきっかけとして、まずはストレッチから始めてみましょう。

太ももの前面(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

  1. 壁に片手をついて立つ。片方の膝を曲げ、つま先をつかむ。
  2. 曲げた方の足のつま先をお尻の方へ引き寄せて、太ももの前側を伸ばす。
  3. 息を吐きながら、30秒キープする。

反対足も同様に行ってください。
左右とも2〜3セット繰り返します。

膝周りの筋肉を柔軟にすることで、膝への負担を軽減します。

すねの前側とふくらはぎのストレッチ

  1. 床に座って、両足を前に伸ばす
  2. つま先をゆっくりと遠くに伸ばす(すねを伸ばす)
  3. つま先をゆっくりと手前に引き寄せる(ふくらはぎを伸ばす)

10回繰り返し行ってください。

膝が痛くてもできる「おすすめの運動」

医師男性

膝に痛みがある場合、運動をするときは膝への負担が軽い、

  • 太ももの筋肉のトレーニング
  • 水中ウォーキング

といった運動がおすすめです。

太ももの筋肉のトレーニング

  1. 床にあぐらで座る
  2. 片方の足をまっすぐ伸ばす
  3. 伸ばした方の太ももの下に、バスタオルを丸めて入れる
  4. 伸ばした方の足のつま先を天井に向ける。その際、太ももでバスタオルを押しつぶすようにして膝を伸ばして、10秒キープ。

反対の足も同じように行ってください。それぞれ3セット行います。
呼吸をしながら行うとよいでしょう。

膝を支えている大腿四頭筋(太ももの前)を鍛えることができます。

水中ウォーキング

医師男性
水中の浮力により、関節や筋肉への負担が軽減されます。
軽い運動でも筋肉を鍛えることができるため、膝に痛みがある場合でもおすすめです。

水の抵抗により、体をゆっくり動かすだけでも、ある程度の負荷が加わります。浮力と抵抗の働きで、日頃あまり動かさない筋肉を使うことができます。

高血圧や心臓病などがある人、薬を服用中の人は、医師に相談してから行いましょう。

痛みが強いときは、一度整形外科に相談を

医師男性
膝に痛みがあるのであれば、まずは医療機関で相談しましょう。
医療機関は整形外科を受診してください。

整形外科を探す

整形外科ではどんな治療をするの?

医師男性
症状が軽い場合は、痛み止めの内服薬外用薬、膝関節内へのヒアルロン酸の注射を行います。

そのほか、大腿四頭筋訓練や、関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行います。
膝を温める物理療法を行うことや、膝装具や足底板を作成するケースもあります。

このような治療を行っても治らない場合には、手術治療をします。

整形外科を探す


監修者

河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 6
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード