外耳炎におすすめの市販薬【点耳薬・飲み薬・軟膏】自分で治すならコレ!

公開日:2020-02-04 | 更新日:2020-09-15
186
外耳炎におすすめの市販薬【点耳薬・飲み薬・軟膏】自分で治すならコレ!

外耳炎におすすめの市販薬をご紹介します。
湿疹やかゆみをはじめ、痛みをを伴うこともある外耳炎。
「点耳薬や飲み薬、どれを選べば良いの?」
「自分で治せる?」
市販薬の種類から院を受診する判断基準まで、詳しく解説します。

耳鼻いんこう科を探す


監修者

宮本 知明 先生

東京医科大学病院
薬剤師

宮本 知明先生

経歴

国際医療福祉大学薬学部卒業
2014年6月〜2015年11月  虎の門病院薬剤部  非常勤薬剤師
2015年12月〜2018年8月  東京大学医学部附属病院  研究補助員
2015年8月〜現在  メディカルライター
2018年7月〜現在  東京ビューティーアート専門学校 非常勤講師(科目:美容保健)
2018年9月〜現在 東京医科大学病院  研究補助員 (東京大学でも継続兼務)

外耳炎を自力で治すには

軽度であれば自然治癒することも

医師男性
外耳炎は中耳炎と違って、私たちの指で触れられる部分、目で確認できる部分に炎症が生じます。
耳掃除が原因の外耳道の不慮の外傷のように、ちょっとしたものであれば自然治癒します。

しかし、炎症がひどく、耳垢が多量に付着している、痛みがあり聴覚に異常を感じるといった場合には、注意しましょう。
細菌感染・ウイルス感染などによって、中耳炎や外耳炎を発症している可能性がありますので、早期治療が必要
です。

耳鼻いんこう科を探す

市販薬で治療できる?

軽度なものであれば、市販薬を用いることでも治療することができます
市販薬には塗り薬と点耳薬があり、種類は限られますがそれらを用いるのも良いでしょう。

外耳炎の市販薬の選び方

点耳薬・飲み薬・塗り薬|おすすめは?

医師男性
外耳炎の炎症を抑える点耳薬のパピナリンがあります。
スポイトで薬液を取り、耳の中へ数滴点耳します。
塗り薬は、抗炎症成分を含んでいるものであれば、基本的に効果を感じられると思われます。

外耳炎専用の飲み薬はありませんが、炎症を抑えるという意味であれば、鼻炎薬に関連した成分も有効です。
しかし、外耳炎用に作られた薬ではないので、確実な効果は保証できません。
耳だれのようなジュクジュクした症状は、細菌や真菌による感染も考えられますのでクロマイ-N軟膏を用いるのも良いでしょう。

軽度の外耳炎にはオロナインも

オロナインには、抗炎症成分が含まれておりますので、軽度の外耳炎であれば効果が期待できると思います。
ただし、本来の適応目的ではないためオススメはできません
また、オロナインの主成分であるクロルヘキシジンのアレルギーがある方への使用は禁忌となっているため、注意してください。

子どもにも大人用の薬でOK

耳

 基本的には外用薬による治療となりますので、子どもでも大人用の薬を使用することができます

妊婦や授乳中は?

妊娠していたり、授乳中でも使える薬はありますが、大量又は長期使用を避けるといった注意事項があります。
購入する際は必ず妊娠していること、授乳中であることを薬剤師、販売登録者に伝え、使って大丈夫か確認しましょう。
心配な場合はかかりつけの医療機関へ行きましょう。

薬以外の改善法|冷やすのはNG?

外耳炎の際に冷やすという方も多いようですが、知覚に関連した刺激には、隣り合わせになっているものがあります。
冷覚と痛覚は、非常に近い領域にあるため、冷たいものを触ると痛みを感じることがあります。
炎症を和らげる意味で、冷やすのも良いと思いますが、過度に冷やすと痛みに変わりますので注意しましょう。

外耳炎予防に「消毒用アルコールと酢」

消毒用アルコールと酢を等量混合したものを数滴投与することで、中耳炎・外耳炎を予防することができると言われており、水泳の際によく用いられています。

医師男性
これは、鼓膜に傷がない場合に適応されます。
鼓膜が傷ついている場合、耳の痛み(耳痛)があるので、判断するときは痛みの有無を確認してみましょう。

こんな症状が続くときは病院へ

外耳炎の痛みが一週間以上続いたり、耳垢が治らない、聴覚に支障が出ている場合には耳鼻咽喉科のある病院を受診しましょう。
自然に治りやすい耳の外傷とはいえ、場合によっては聴覚を失うことにもつながりかねません。
市販薬を一週間用いても改善が見られない場合には、早期に病院を受診するようにしましょう。

耳鼻いんこう科を探す

【参考】
MSDマニュアル プロフェッショナル版「外耳炎」


監修者

宮本 知明 先生

東京医科大学病院
薬剤師

宮本 知明先生

経歴

国際医療福祉大学薬学部卒業
2014年6月〜2015年11月  虎の門病院薬剤部  非常勤薬剤師
2015年12月〜2018年8月  東京大学医学部附属病院  研究補助員
2015年8月〜現在  メディカルライター
2018年7月〜現在  東京ビューティーアート専門学校 非常勤講師(科目:美容保健)
2018年9月〜現在 東京医科大学病院  研究補助員 (東京大学でも継続兼務)

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 186
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード