【酒好き必見!】太りにくいお酒の種類・飲み方・おつまみを徹底解説

更新日:2022-02-22 | 公開日:2020-01-23
192
【酒好き必見!】太りにくいお酒の種類・飲み方・おつまみを徹底解説

「お酒は好きだけど太りたくない!」
「ダイエット中にも飲める太らないお酒って何?」
そんな方に!この記事では、太りやすいお酒・太りにくいお酒の種類をはじめ、おつまみや飲み方のコツなどを徹底解説しています。
コンビニで買えるお酒や、居酒屋のお酒を選ぶ際に注意することもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者
神原 李奈 先生

株式会社Luce
栄養士・食育栄養インストラクター

神原 李奈先生

経歴

株式会社Luce・健康検定協会 所属
CA(客室乗務員)の仕事をきっかけに、健康と食の強い結びつきを実感し、食の世界に興味を持つ。大手料理教室の講師の経験を経て、栄養士を目指すことに。栄養士免許を取得後の現在は、現役CAとして世界中を飛び回りながら、栄養士として健康や食に関する情報を発信している。

お酒で太る原因は「糖質」と「中性脂肪の増加」

専門家女性
お酒には糖質が含まれているものが多いため、飲みすぎれば太ります。

また、糖質が少ないお酒であっても、アルコールを分解する過程で中性脂肪の合成が促されるため、飲んだ量に比例して中性脂肪も増えていきます 。

中性脂肪が増えることで、皮下脂肪や内臓脂肪の増加に繋がり、その結果太る原因となります。
(※ただし、痩せていても中性脂肪が高い方もいます。)

「太らないお酒」ってあるの?

専門家女性
残念ながら、太らないお酒はないと考えて良いでしょう。

アルコールは1gあたり7kcalありますが、エンプティーカロリーと言われ、体にとっての栄養素がなく、体に蓄積されないと言われています。
しかし、だからと言って、お酒を飲んでも太らないというわけではないのです。

「太りにくいお酒」の種類

太りやすいお酒

  • ワイン・ビール・日本酒などの醸造酒
  • 梅酒・リキュールなどの混成酒

糖質を多く含み、カロリーも高いですが、アルコール度数は比較的低いです。

太りにくいお酒

一方で、

  • ブランデー・ウイスキー・焼酎・ジン・ウォッカ・ラムなどの蒸留酒

は、糖質が低いものが多くカロリーは低めです。
しかし、アルコール度数が高いため、中性脂肪の合成を促しやすいと考えられます。

結局のところ、飲むお酒の種類と量によって、太るかどうかは変わってきます。

コンビニや居酒屋のお酒って太りやすいの ?

専門家女性
市販の缶のお酒には糖質を添加したものもあります。
その結果、カロリーも高くなります。

糖質の摂取を抑えたいのであれば、糖質フリーや糖質オフの商品を選ぶことも方法の一つです。

ただし、アルコールをたくさん摂れば中性脂肪の合成も促進されることを忘れないでください。
また、添加物に関しては、添加されているお酒を飲むことで太るということは考えにくいです。しかし、お酒に限らず添加物の多いものばかり摂っていると健康に良くないでしょう。

居酒屋のお酒で悪酔いしてしまう理由


必ずしもそうとは言えませんが、お酒の質によって、酔いやすいことがあります。
果実を原料とし蒸留工程を経て製造される酒精飲料には、エタノールだけでなく、メタノールのような不純物が含まれていることもあり、多量摂取をした場合、悪酔しやすくなる可能性が考えられます。

※メタノールばく露の慢性的な影響に関する知見はほとんど報告されていないものの、多量摂取により急性メタノール中毒を起こすと、視覚障害・吐き気・腹痛・筋肉痛・めまい・衰弱・
昏睡や発作を含む意識障害を生じるリスクがあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

太りにくいお酒の「飲み方」5つのルール

ハイボール

① 糖質の低いお酒を選ぶ

種類にもよりますが、赤ワインは比較的糖質が低いです。

一方、梅酒やリキュールは糖質が高めです。
最近は糖質0といったビールもあるので、そのようなものを選ぶのも良いでしょう。

② お茶・水・炭酸水などで割る

お茶・水・炭酸などで割ることでアルコール度数を下げられます

ただし、糖質の多いジュースで割るのは控えた方が良いでしょう。

③ お酒を飲むときは水を飲む

水を飲むことで、摂取するアルコールの量をセーブできます

④ 空腹でお酒を飲まない

空腹でお酒を飲むと胃の粘膜を傷つけるうえに、アルコールの吸収がよくなり酔いやすくなります
そこに糖質の多いお酒を飲めば、血糖値が上がり、インスリンが過剰に分泌されて太る原因に繋がります。

そのため、ある程度お腹を満たしてから飲む方が、酔いにくく、またお腹が満たされていてお酒がたくさん入らないので、太りにくいと言えます。

⑤ 太りにくいおつまみを選ぶ

お酒のつまみは、糖質や脂質の多いものが多いため、太る原因になります。

おつまみの選び方も大切です。
太りにくいおつまみを選ぶコツは、次の章で詳しく解説します。

太りにくい「おつまみ」の選び方

専門家女性
ビタミンやミネラル、食物繊維を含む野菜類・きのこ類・海藻類、たんぱく質を含む肉・魚・卵・豆類・乳製品がおすすめです。
  • 葉菜類中心のサラダ
  • バーニャカウダ
  • 枝豆
  • 冷奴
  • カルパッチョ
  • お刺身
  • 貝の酒蒸し
  • ローストビーフ
  • 焼き鳥
  • 卵焼き

などがよいでしょう。
酔いを防止するという点では脂質も摂ると良いですが、揚げ物やチーズ、ナッツなどはカロリーが高く、食べ過ぎると太る原因になりますので、摂取量には注意が必要です。

お酒とおつまみ、注意した方がよい組み合わせはある?

専門家女性
おつまみとお酒との食べあわせによって、太りやすさが変わることはありません。
摂取量を抑えられれば、絶対ダメということはないのです。

ただ、味の濃いものを食べるとどんどん食が増すので、要注意です。

しかし、飲むお酒の種類によって、食べたくなるものが変わり、その結果太りやすくなることは考えられます。
例えば、ワインを飲んでいたらチーズやナッツを合わせたくなりますよね。それらの食べ過ぎはカロリーを摂りすぎることになります。

お酒を飲む前後にできること

お酒を飲む前

「太らないお酒の飲み方」の章でもお伝えしましたが、空腹で飲むことは避けましょう
太りにくいおつまみを最初に食べることで、アルコールの吸収も緩やかになり、お酒に含まれる糖質により血糖値が急上昇することも防ぐことができます。

専門家女性
カロリミットなどのダイエットサポートサプリなどの服用は、血糖値を上昇させない、糖や脂肪の吸収を抑えるといった働きが期待できます。

お酒を飲んだ後

水分をしっかり摂り、よく寝ることです。

二日酔いの予防にもなります。
飲みすぎた・食べ過ぎたからと言って、お酒を飲んだ後に運動する、熱いお風呂に浸かる、サウナに入るなどの行為は血行が良くなり、酔いが回るだけでなく、脳や心臓の発作の原因となりかねません。控えましょう。

<PR>

東京ビューティークリニック

 

「髪が細くなった気がする…」
「抜け毛が気になる…」

そんなお悩みは、
女性のための薄毛治療院で相談してみませんか?

 

AGAスキンクリニック レディース院
無料カウンセリングはこちら

 

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 192
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

おすすめ記事
関連記事