大人なのに「毎日のように鼻血…」頻繁にでる原因は?まさか病気?

更新日:2022-08-30 | 公開日:2020-12-09
120
大人なのに「毎日のように鼻血…」頻繁にでる原因は?まさか病気?

鼻血が毎日のように出る…。
頻繁に鼻血が出る理由は…いったい何?

ひょっとして、”深刻な病気”のサインなのかも。
病院に行きべき?

毎日のように出る鼻血について、お医者さんにお話しをうかがいました。

監修者
瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

「毎日のように鼻血」は病院へ!

医師男性
毎日鼻血が出ている時点で、何かしら体の異変が生じている可能性があります。

特に、以下のような症状がある場合には、早めに病院を受診しましょう。

  • 大量の鼻血が出る
  • 繰り返し鼻血が出る
  • 体中にあざがある
  • 鼻血により、貧血を起こしている

まずは、耳鼻いんこう科を受診しましょう。

耳鼻いんこう科を探す

※大量に出血し、止血をしても20分以上も止まらない場合は、救急車を呼んでください。

病院ではどんな治療をするの?

血管収縮性のある薬液や、止血用圧迫タンポンを鼻のなかに詰めて止血します。

医師男性
繰り返し鼻血が出る場合は、原因となっている血管を焼いて止血処置をし、再び出血しないよう予防処置をします。
合わせて読みたい
【繰り返す鼻血に悩んだら…】粘膜を焼くのは痛い?費用や治療の流れも
2020-06-11
「鼻血がよく出る…」 「焼く治療ってどんな治療だろう…?」 レーザー治療についてお医者さんに聞きました。 効果は?費用は? 治療後の注意点もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 焼いた方がいい人ってどんな人? 頻繁に鼻血が出て困っているけど…鼻の中を焼く治療をした方がよいでしょうか? 次のチェック項目にいずれかに当てはまる場合、鼻の中を焼くレーザー治療を受けることをおすすめします。 1週間に数回、鼻血が出る 鼻をかむと頻繁に鼻血が出る 鼻血の量が多い 圧迫しても鼻血が止まらない 誰でも受けられるの? 希望すれば誰でも受けられるというわけではありません。出血している血管が見つからない場合や自分で鼻血を止められる場合などは、焼く治療を行わないこともあります。 鼻血が多い場合は、耳鼻いんこう科の医師に相談しましょう。診断をへて焼いた方がいいか判断します。 また、子どもでも、レーザーで焼く治療を受けることができます。 何歳からという基準があるわけではないため、まずは医師に相談することが勧められます。 耳鼻いんこう科を探す 「焼く」って痛そうだけど… 鼻に麻酔をきかせた状態で治療するため、治療中の痛みは心配ありません。 麻酔を染み込ませた綿を10~30分間鼻につめ、局所的に麻酔がきいた状態で処置します。 鼻を「焼く」ってどんな治療? レーザーで、出血の原因となっている血管を焼いて固める治療法です。 次の手順で行います。 鼻の中の血液を取り除く。 薬剤を染み込ませた綿を鼻につめる。 鼻にファイバースコープを入れて、出血している部位を探す。 出血している部位が見つかったら、電気メスで血管を焼く。 治療費は? 鼻を焼く治療は、「鼻出血症」と診断された場合、保険が適用されます。医療機関によって異なりますが、全部で4000円程度はかかると想定しておくとよいでしょう。 3割負担の場合、片側の鼻の処置と表面麻酔を合わせて約3000円で、別途診察料(3割負担で初診は約800~1000円、再診で200~300円前後)がかかります。 その他薬代などがかかることもあります。 日帰りで受けられる? 日帰りでの治療が可能です。 血管を焼く治療そのものは数秒程度なので、診察を合わせても、そこまで時間がかかるものではありません。 ※診察時に出血が多く、治療しても止血できない場合は、入院が必要になることもあります。 何科で受けるの? 耳鼻いんこう科で受けましょう。 耳鼻いんこう科を探す レーザー治療後の注意点 一度治療を受けて止血すると、その部位にかさぶたができます。かさぶたは、数日~1週間程度で剥がれ落ちるため、自然に取れるまでは、鼻にかゆみがあっても触らないことが大切です。 治療を受けた当日は、念のためにお風呂はシャワーだけにしましょう。 お酒やタバコは2~3日は控え、ランニングや筋肉トレーニングなど激しい運動も控えましょう。 焼いた後はどうなる?レーザー治療の効果 一度焼く治療を受けると効果はどれくらい続きますか? どれくらい効果が持続するのかは個人差がありますので、一概には言えません。 治療を受けても、再び鼻血が出る場合が少なくありません。治療後も鼻はいじらないように気をつけましょう。 一度の治療では完全に良くならない場合もあるため、繰り返し治療が必要なこともあります。 “よく鼻血が出る”の裏に病気が隠れていることも 頻繁な鼻血の原因は、「思いもよらない病気」の可能性があります。 疑われる病気は、次の通りです。 高血圧 肝臓病、腎臓病 アレルギー性の鼻炎 副鼻腔炎 血友病、白血病など血液の病気 鼻血がよく出て、他にも気になる症状がある場合は、まず耳鼻いんこう科を受診するといいでしょう。 原因となる病気がある場合、適切な診療科を紹介してもらえます。 耳鼻いんこう科を探す 参考 MSDマニュアル家庭版:鼻血 https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/19-耳、鼻、のどの病気/鼻とのどの病気の症状/鼻血 特定非営利活動法人 日本成人病予防協会:出血~鼻血~-気になるからだの危険信号- https://www.japa.org/tips/kkj_0112/ 徳島県医師会:鼻出血 https://www.tokushima.med.or.jp/kenmin/doctorcolumn/hc/757-205 室蘭市医師会:鼻血が出たら http://www.hokkaido.med.or.jp/muroran/kenkou/no1308.htm 順天堂大学医学部附属順天堂医院 耳鼻咽喉科・頭頸科:鼻出血 https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/jibi/about/disease/target_nose01.html

なぜ?毎日のように鼻血がでる理由…

鼻の粘膜が刺激されたり、鼻の中の血管が破れたりすると、鼻血が出ます。鼻をかんだりほじったりすることによる外傷や、冬場の乾燥により起こります。

医師男性

ときには

  • 全身の病気
  • 全身の血管の異常
  • 鼻や鼻の中の腫瘍
  • 出血しやすくなる病気

という深刻な原因が隠れているケースもあります。

病院に行くまで、どう対処べき?

医師男性
鼻を強くかんだり、鼻をほじったりしないでください。

鼻の粘膜に刺激を与えて血管を傷つけてしまわないようにしましょう。

鼻をほじって粘膜に傷がつくと、そこから細菌感染を起こすこともあります。鼻を強くかみすぎると、鼻水の中のウイルスや細菌などが奥に入り込み、鼻の中に影響を及ぼす可能性があります。

鼻のかみ方~3つの約束~

  1. 鼻をかむときは「片方ずつ」
  2. 「口で息を吸ってから」鼻をかむ
  3. 「優しく少しずつ」かむ
医師男性
一気に強くかみすぎないように気をつけてくださいね。

鼻血がでてしまって喉に血が流れてきたら、飲み込まずに口から出しましょう。

鼻血の止め方~3ステップ~

  1. 椅子に座り、軽く口を開けて呼吸する
  2. 前かがみになり、少し下を向いて、鼻の付け根を親指と人差し指で強めにおさえる
  3. そのままの状態で、20分間待つ
医師男性
正しい場所を押さえられていれば、血は止まります。もし、止まらないようであれば、抑える位置を変えましょう。

もしや…「病気のサイン」のケースも

毎日 鼻血

頻繁に鼻血が出るときは、以下のような病気が隠れていることがあります。

病気1.オスラー病

医師男性
鼻出血が主な症状です。

肺や脳、消化管、肝臓など、異常な血管がある部分にそれぞれ症状がみられます。

放置すると…
重度の血管破裂や敗血症、脳膿瘍などの合併症を起こすことがあります。

病気2.上咽頭がん

医師男性
  • 鼻づまり
  • 鼻血
  • 血の混じった鼻水
  • 耳の閉塞感
  • 耳が聞こえにくい
  • 目が見えにくい
  • ものが二重に見える
  • 首のしこり(首のリンパ節に転移した場合)

などの症状がみられます。

初期には自覚症状がない場合もあります。

放置すると…
がんが脳神経や耳下腺、眼のくぼみなどに転移するリスクがあがります。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 120
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事