なぜ?吐き気と下痢が止まらない3つの原因。寒気・めまい・腹痛も。ストレスとの関係は?

更新日:2022-08-12 | 公開日:2020-07-22
110
なぜ?吐き気と下痢が止まらない3つの原因。寒気・めまい・腹痛も。ストレスとの関係は?

吐き気がする…。
下痢も止まらない…。

原因と正しい対処法を、お医者さんに聞きました。「病院に行くべき目安」も解説します。
腸閉塞など、深刻な病気のケースもありますので、注意しましょう。

監修者
岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

吐き気と下痢の「よくある3原因」

医師男性

吐き気と下痢の症状がある場合、

  1. 胃腸炎
  2. 過敏性腸症候群(IBS)
  3. 月経前症候群(PMS)

が原因の場合が多いです。

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

原因1.胃腸炎

医師男性
サルモネラ菌、カンピロバクター等の細菌や、ノロウイルス、ロタウイルス等のウイルスに感染することで胃腸炎を起こし、吐き気や下痢の症状が生じます。

原因となる食品を食べてから一定の時間が経過すると、症状が現れます。

下痢や腹痛、吐き気や嘔吐、発熱、頭痛、寒気、倦怠感、血便等の症状が見られます。

胃腸炎の「対処法」

脱水症状を起こさないように、こまめに水分補給をしましょう。

嘔吐したものが喉につまらないよう横向きに寝るようにしてください。

病院に行く目安

医師男性
  • 1日10回以上の水下痢や
  • 重い脱水症状
  • 血便
  • 呼吸困難、意識障害
    がある場合は、病院に行きましょう。

病院では、対症療法により症状を緩和させる治療を行います。重症の場合は、抗菌薬を使用することもあります。

消化器内科を探す

原因2.過敏性腸症候群(IBS)

医師男性
はっきりとした原因は明らかにされていませんが、感染性胃腸炎が治った後に発症することが多いです。

特に、ストレスや不安を感じたときに症状が強くなる傾向があります。

お腹の痛み不快感下痢便秘吐き気嘔吐などの症状があります。

過敏性腸症候群の「対処法」

規則正しい生活良質な睡眠適度な運動を心がけ、ストレスをためないようにしましょう。

食事に関しては、暴飲暴食を避け、糖質や脂質の多い食品、香辛料などは控えましょう。アルコールやカフェインを含む飲み物も控えてください。食物繊維は積極的に摂りましょう。

病院に行く目安

医師男性
過敏性腸症候群によって日常生活に支障がでているようであれば、受診しましょう。

病院ではまず、生活習慣を改善するための指導が行われます。

それでも良くならない場合は、症状に応じた薬物療法を行います。

消化器内科を探す

原因3.月経前症候群(PMS)

医師男性
はっきりとした原因は明らかにされていませんが、ホルモンバランスの乱れによって起こると考えられています。

月経前3~10日の間に情緒不安定になり、吐き気・下痢・便秘・めまい・倦怠感・強い眠気・むくみ・頭痛・腰痛・お腹や乳房の張りなどが起こります。

月経前症候群の「対処法」

無理をせず、リラックスして過ごしましょう。体を温め、血行を良くすると良いです。バランスの良い食事や良質な睡眠も大切です。

病院に行く目安

医師男性
PMSの症状がつらいと感じている場合は、病院を受診しましょう。

ピルの服用により、一時的に排卵をとめる治療法や、鎮痛剤等による対症療法を行います。

婦人科を探す

食べ物・飲み物の摂り方

吐き気 下痢

気持ち悪くて、何も受けつけないときは?

医師男性
何も喉を通らないときは、無理して食事を摂らなくても大丈夫です。

しかし、何も摂らずに吐き気や下痢によって水分を排出し続けると、脱水症状になってしまいます。
食べられない・飲めない症状が続く場合は、病院で点滴治療を受けてください。

食事の摂り方

医師男性
吐き気が落ち着いたら、消化の良いものを食べましょう。

食材は小さく切り、煮る・蒸す・茹でるなどし、やわらかく調理すると良いです。

香辛料や酸味の強いもの、カフェインやアルコールは避けましょう。

水分の摂り方

医師男性
水分補給は、吐き気がおさまっているタイミングで行いましょう。

一度にたくさん飲むのではなく、少量をこまめに摂ってくださいね。下痢や嘔吐の症状がひどいときは、経口補水液がおすすめです。経口補水液の摂取は医師、薬剤師、看護師、管理栄養士の指導に従って飲むのが安心です。

市販の吐き止め、下痢止めは飲んでいい?

医師男性
吐き気や下痢の原因がわからないまま市販薬を服用するのは危険です。

自己判断せずに医師や薬剤師に相談してからにしましょう。

細菌やウイルスなどに感染して胃腸炎を起こしている場合、ウイルスや細菌が体内にとどまり、症状が悪化する恐れがあるからです。

この症状は要注意!

吐き気 下痢

次の症状がある場合、早急に病院を受診しましょう。

  •  症状がつらいと感じている
  •  1日10回以上、水下痢をしている
  •  血便が出た
  •  脱水症状を起こしている
  •  呼吸困難や意識障害を起こしている

病院な何科に行けばいい?

吐き気や下痢の症状がある場合、基本的には消化器内科を受診しましょう。

PMSに関しては、婦人科を受診すると良いでしょう。

深刻な病気の可能性も

医師男性

吐き気や下痢は、先に解説した「よくある原因」以外にも

  • 腸閉塞
  • うつ病
  • 心筋炎

などの病気によって生じている可能性もあります。

深刻な病気を早期に発見するためにも、不安な症状がある場合は病院に行きましょう。

参考
NIID 国立感染症研究所 サルモネラ感染症とは
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/409-salmonella.html
日本消化器病学会ガイドライン 過敏性腸症候群(IBS)
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs.html
公益社団法人 日本産科婦人科学会 月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 110
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事