何これ?鼻の中の「白いできもの」の正体。治し方は?膿や痛みも

公開日:2020-07-07 | 更新日:2020-09-15
21
何これ?鼻の中の「白いできもの」の正体。治し方は?膿や痛みも

鼻の中に「白いできもの」が!
なんだか痛みもあるし、膿まで…。

お医者さんに、その正体と対処法を聞きました。市販薬や病院を受診すべきケースについても解説します。

耳鼻いんこう科を探す


監修者

瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

白いできものは「鼻茸」の可能性大

医師男性
「鼻茸」は、鼻や副鼻腔の粘膜が膨張して垂れ下がり、キノコのような形状になったできものです。透明感のある白っぽい色に見えることがあります。

ぶどうのようにブヨブヨしていて、一つだけ生じることもあれば、複数生じることもあります。
また、片方の鼻にできたり、両方の鼻にできたりと、症状も様々です。

鼻茸が大きくなると、鼻の穴から突出する場合があります。

その他、

  • 鼻の詰まり閉塞感
  • くしゃみが出やすい
  • 鼻水が喉にまわりやすい
  • 頭痛顔の痛み
  • 臭いが分かりにくい(嗅覚異常)
  • 鼻からの分泌物が増える
  • いびき無呼吸症候群

といった症状を伴うケースもあります。

鼻茸ができる原因

医師男性
鼻茸が生じる原因ははっきり分かっていませんが、細菌やアレルギー物質等により鼻の粘膜が刺激を受けて、ヒスタミンという物質が分泌されることで粘膜の血管が膨張して発生すると考えられています。

そのため、

  • 鼻炎持ちの方
  • 副鼻腔炎の方
  • 喘息を患っている方
  • アトピー体質の方

は、鼻茸が生じやすいと言えるでしょう。

また、希ですが嚢胞性繊維症※という難病を発症している方にも現れやすいです。

※嚢胞性繊維症…気管支、消化管等の臓器が、粘り気の強い分泌液によって詰まりやすくなる病気

鼻茸は自然に治るの?

医師男性
鼻茸が自然治癒することはないと考えられています。

鼻茸ができると、空気の通り道が害されて、鼻からの分泌物が溜まりやすくなり、その結果、どんどん鼻茸が大きくなるという悪循環が起こります。

また、好酸球性副鼻腔炎という難病が原因となっている場合、両方の鼻にいくつも鼻茸が発生して、手術で除去しても再発してしまうため、完治が難しいと考えられています。

ただし、鼻茸が発生する原因となる疾患(慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎等)の治療を行うことで鼻茸が小さくなる可能性はあります。

鼻茸を治す方法は?

医師男性
鼻茸は、セルフケアだけで完治することは困難です。

しかし、毎日の鼻洗浄により、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の症状を緩和させることで、鼻茸を小さくできるケースもあります。

鼻洗浄の方法

片側ずつ生理食塩水※を吸い込み、鼻の中を洗浄した後、口から排出します。

※生理食塩水…水道水500mlに対して、5gの食塩を溶かして作ります。作った食塩水は、衛生上24時間以内に使いきってください。

注意!
セルフケアは、病院で診察を受けて、医師に相談した上で行うようにしてください。

病院で行う治療

ステロイド薬(点鼻薬、飲み薬)を用いて炎症を抑えたり、手術によって鼻茸を切除する治療が行われます。

早く病院に行くべき症状

鼻の中 できもの

  • 息苦しいほど腫れてきた
  • 鼻詰まりが改善しない
  • 鼻茸の数がどんどん増えていく
  • 鼻茸が大きくなっていく(前鼻孔から突出する等)
  • 鼻茸が咽頭のほうに落ち込むことで睡眠時無呼吸を起こした
  • 嗅覚障害が生じた

何科を受診する?

医師男性
耳鼻いんこう科を受診しましょう。

放置のリスク

医師男性
鼻茸を治療せずに放置していると、鼻茸がどんどん大きくなって、嗅覚障害を起こす可能性があります。

嗅覚障害を長く患うと、改善が困難になるケースがあります。

また、鼻の奥に感染症が起きたり、腫瘍等の重篤な状態を見逃す恐れがあります。
早期に治療を開始すれば、合併症を避けられるのはもちろん、症状や状態に合った薬や治療を施してもらえることで、短期間での改善が期待できます。

▼参考(文献・ウェブサイトなど)
公益財団法人 難病情報センター 好酸球性副鼻腔炎(指定難病306)
https://www.nanbyou.or.jp/entry/4537
岩野耳鼻咽喉科 鼻詰まりの原因
https://www.iwano-jibika.or.jp/stuffy_nose/

監修者

瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 21
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード