太ももの皮膚がピリピリ痛いのは「神経障害性疼痛」かも。病院は何科?

公開日:2020-09-17
13
太ももの皮膚がピリピリ痛いのは「神経障害性疼痛」かも。病院は何科?

太ももの皮膚や太ももの内側がピリピリ痛い…。
何も刺さってないのにチクチクする…。

その痛みの正体は、「神経障害性疼痛」かもしれません。
傷や腫れがないのになぜ痛むのか、お医者さんに詳しく聞きました。


監修者

長谷川 佳子 先生

小田原銀座クリニック
形成外科医

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

外傷なしなのに痛い「神経障害性疼痛」とは

医師女性
何らかの原因で、神経や脊髄、脳が損傷を受けたり、機能障害になったりすると、神経応答が過敏になり、痛みが生じます。

この症状を「神経障害性疼痛」と言います。

なぜ太ももが痛むの?

腰椎から出ている閉鎖神経が圧迫されると、膝から太ももの内側にかけて痛むことがあります。
特に、「閉鎖孔ヘルニア※」になると、この症状が起こることが多いです。

※閉鎖孔ヘルニア…閉鎖孔という骨盤の穴から腸が飛び出してしまう比較的まれな病気で、痩せた高齢の女性にみられる

痛みの特徴

医師女性
神経障害性疼痛は、体を動かすと痛むことが多いです。感覚が敏感になっているため、軽く触れただけでも痛みを感じます。

痛みの感じ方には個人差がありますが、

  • 灼熱痛やチクチクとした痛み
  • 電気が走るようなピリピリとした痛み
  • うずくような痛み
  • ビーンと走るような痛み

と表現されることが多いです。原因となる疾患によっても、痛み方は異なります。

神経障害性疼痛が起こる「きっかけ」

医師女性
帯状疱疹は、神経障害性疼痛の原因となりうる疾患のひとつです。(帯状疱疹後神経痛)

帯状疱疹によって神経痛が起こる仕組みは、今のところはっきりとわかっていませんが、高齢者に多くみられることから、加齢が関係していると考えられます。

帯状疱疹以外にも、

  • 糖尿病神経障害
  • 栄養失調による神経障害
  • 脳卒中後遺症
  • 乳房切除術後
  • 神経梅毒
  • HIV脊髄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 肋間神経痛
  • 悪性腫瘍
  • 脳腫瘍
  • 腫瘍による神経圧迫
  • パーキンソン病
  • 自己免疫性神経障害

など、さまざまなきっかけで発症します。

自分でできる対処法はある?

医師女性
市販の鎮痛薬の使用が可能です。

軽度であれば、ロキソプロフェンナトリウム水和物やイブプロフェン、アスピリン、アセトアミノフェンなどを含む鎮痛薬で、痛みの緩和が期待できます。

また、痛みがひどいときには、無理して体を動かさず、安静にして休みましょう。

病院に行く目安

医師女性
痛みを繰り返している場合や、強い痛みで日常生活に支障をきたしている場合、市販の薬でも痛みが緩和されない場合などは、病院で相談しましょう。

また、痛み以外に

  • 睡眠障害
  • 不安や抑うつ
  • 食欲不振

などの症状がある場合、一度医療機関を受診するといいでしょう。

受診するのは何科?

皮膚に症状がない場合や、神経障害性疼痛を疑う場合は、ペインクリニック内科を受診しましょう。

※原因によっては、整形外科での治療も可能です。

ペインクリニック内科を探す

整形外科を探す

皮膚に何か症状がある場合は、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科を探す

早期受診のメリット

医師女性
早めに病院を受診して適切な治療を受けることで、不快な症状を短期間で改善できる可能性が高いです。
また、うつの予防も期待できます。

深刻な病気が原因である場合も、早期発見に繋がりますので、心配な皮膚の痛みは病院で相談しましょう。

▼参考
MSDマニュアル家庭版 神経障害性疼痛
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/09-脳、脊髄、末梢神経の病気/痛み/神経障害性疼痛
一般社団法人 日本ペインクリニック学会 神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン 改訂第2版
https://www.jspc.gr.jp/Contents/public/pdf/shi-guide08_09.pdf
かわたペインクリニック かわたペインクリニック通信
http://www.kawata-cl.jp/info/index.cgi?id=1394040470
第一三共ヘルスケア 神経痛の対策
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/44_shinkeitsu/index2.html#d02
日本内科学会雑誌 第102巻 第 8 号・平成25年 8 月10日 13.神経障害性疼痛と治療
https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/102/8/102_2001/_pdf
信州医誌 Vol.55 神経痛として長期間加療された閉鎖孔ヘルニアの1例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shinshumedj/55/1/55_11/_pdf

監修者

長谷川 佳子 先生

小田原銀座クリニック
形成外科医

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 13
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード