更年期障害の解消にサプリメント?ちょっと待って!有効性は?

公開日:2018-10-23 | 更新日:2020-08-27
26
更年期障害の解消にサプリメント?ちょっと待って!有効性は?

更年期障害の主な症状として、イライラしやすい、落ち込みやすい等が挙げられます。
訳もなく気持ちが暗くなる、他のことに関心を示さなくなる、不安を感じやすい、落ち着きがない等の症状が現れます。
このような状態を対処せず放置したままにすると、症状が悪化し、うつ状態になることもあります。

婦人科を探す


監修者

前田 裕斗 先生


産婦人科医

前田 裕斗先生

経歴

日本産婦人科学会専門医
2013年 東京大学医学部医学科卒業
巷には情報があふれ、正しい情報の選択はますます困難になっています。何を信じればいいか、不安でたまらない人の助けに少しでもなれれば幸いです。

怒りっぽく、落ち込みやすい

更年期症状の原因の一つは、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少するせいです。
エストロゲンには精神状態を安定させる作用があります。

このエストロゲンの分泌が減少すると、不安になったり沈みがちになったり、意欲が低下するといったうつ状態が表れやすくなります。
また、更年期の女性は子供の進学や親の介護など心配事も多く、ストレスを感じる機会が増えるのも原因と考えられます。

更年期には個人差がある!

症状が全く現れない人もいれば、生活に支障をきたすくらい症状が重い人まで幅があります。
重い症状で悩んでいる方は、我慢せず医師に相談してくださいね。

治療法としては、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンを飲み薬や塗り薬、貼り薬で補うホルモン補充療法(HRT)や、漢方薬を使った治療法があります。
うつ症状が強く表れているときは、抗うつ薬や抗不安剤などの向精神薬が処方されます。

向精神薬と聞くと「心の病気」と思い、抵抗があるかもしれませんが、ちょっと手助けしてもらう、くらいに捉えるのがよいでしょう。

更年期には、高コレステロール、高中性脂肪などの脂質異常症や高血圧症で治療中の方も多くいらっしゃいます。
飲み合わせの関係でホルモン補充療法や他の薬が使いにくい場合もあります。
治療中の病気や飲んでいる薬は主治医に伝えたうえで、

薬を処方してもらいましょう。

婦人科を探す

効果的な食べ物や、サプリメントを教えて!

食べ物

和食中心の食生活にする

脂質はホルモンの材料になるので必要な栄養成分です。
しかし、過剰な摂取は更年期症状の一つでもある肥満を助長するので、過不足なく取りましょう。
洋食に比べ、和食は良質な脂質を摂取でき、栄養バランスも良いのでおすすめです。

デザートは果物を選ぶ

デザートには、りんご、ベルーベリー、ぶどうなど、皮ごと食べられる果物がおすすめです。
これらの果物には食物繊維や抗酸化作用があるポリフェノールが豊富に含まれています。
また、ビタミン類やミネラル類には更年期症状を緩和する働きがあります。

大豆製品を取り入れる

大豆には女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンや食物繊維、カルシウム、オリゴ糖などが多く含まれています。
大豆は腸内環境を調整し、骨を強くしてくれます。

ビタミン、ミネラルを取るようにする

ストレスが多いと、体内のビタミンCが大量に消費されます。
イチゴやグレープフルーツなど、ビタミンCを豊富に含む果物を食べて、消費したビタミンCを補いましょう。
また、カルシウムやマグネシウムに含まれるミネラル成分には気持ちを安定させる効果があるので、牛乳やチーズ、豆腐などを意識して取るようにしましょう。

セロトニンを分泌しやすくする

セロトニンという精神伝達物質が分泌されると、痛みを抑制させたり自律神経のバランスを整えたりと精神的安定が得られます。
そのためセロトニンは別名「幸福ホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンは、トリプトファンというアミノ酸を摂取すると体内で作られやすくなります。
トリプトファンの多い食品は次のとおりです。

  • カツオ
  • マグロ
  • 牛乳
  • 豆腐

サプリメント

更年期症状や更年期障害に対応して使用されるサプリメントはたくさんあります。

  • イチョウ葉
  • エクオール
  • サポニン
  • ローヤルゼリー
  • ザクロ
  • ホップ
  • 月見草
  • 朝鮮人参
  • 甘草
  • レモンバーム

しかし、どれも有効性を示す情報がとぼしく、中にはアレルギー症状を起こすようなサプリメントもあるので、使用の際は医師に相談してからにしましょうね。

婦人科を探す

まとめ

更年期障害によるうつ状態と、うつ病は見分けるのが困難といわれています。
更年期障害は加齢に伴う変化ではあるものの、さまざまな要因が絡んでいます。
症状も千差万別なので、うつ病なのか、更年期によってうつ状態になっているかの見分けが難しいのです。

更年期障害のうつ状態から、本格的なうつ病に進行することもあります。
気になる症状があるときや、うつ病が疑われるようなときには、なるべく早く医療機関を受診してください。
また、一人で悩むことなく、ご家族やパートナーに気持ちを伝えることも大切ですよ。

婦人科を探す


監修者

前田 裕斗 先生


産婦人科医

前田 裕斗先生

経歴

日本産婦人科学会専門医
2013年 東京大学医学部医学科卒業
巷には情報があふれ、正しい情報の選択はますます困難になっています。何を信じればいいか、不安でたまらない人の助けに少しでもなれれば幸いです。

お得すぎ!よく見るあの商品が…
サンプル百貨店

お菓子やドリンクなどの食品から日用品まで半額以下でお得に試せる「サンプル百貨店」。

初回限定お試しキャンペーン実施中です!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 26
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード