肌がヒリヒリ…低温やけどの症状は?自分で出来る治療法|跡は残る?

公開日:2019-10-04 | 更新日:2021-05-25
99
肌がヒリヒリ…低温やけどの症状は?自分で出来る治療法|跡は残る?

低温やけどの症状について解説します。
湯たんぽや使い捨てカイロで温まっていたら、肌がヒリヒリする…。その症状は低温やけどかもしれません。
この他にもコタツやホットカーペットが原因になることも。
「低温やけどの症状はいつから出るの?」
「跡が残らないか不安…」
ちょっと心配な低温やけどの応急処置や病院に行く目安について、医師にお話を伺いました。


監修者

長谷川 佳子 先生

LECINQ clinic
院長

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務
令和3年1月よりLECINQ clinic 院長に就任

低温やけどの症状

低温やけどと普通のやけどの違い

低温やけど 症状 カイロ

高温なもの(熱湯など)に触れておこる通常のやけどは、皮膚の表面に熱源が触れ発症します。
しかし、低温やけどは、皮膚表面で熱さを感じにくく、長い時間熱源に触れ続けてしまい起こります。
カイロやストーブで温めていた肌がヒリヒリするときは、低温やけどを負っていると考えられます。
低温やけどは、肌の奥までじっくり破壊され、ひどくなると感染症が起きたり、手術が必要になったりします。

かゆみや痛みなどの症状には個人差が

かゆみや痛みを感じる度合いは、個人差があります。
泥酔して感覚が鈍くなっている人や糖尿病・その他の疾患が原因で、皮膚の感覚が鈍くなっている人などは、症状を感じるまでに特に時間がかかります。

低温やけどは跡が残る?

やけどは、皮膚のダメージ度合いによって分類されています。

やけどの分類

  • Ⅰ度
    皮膚の浅い部分のやけど。赤みや痛みを感じる。後には残らない。
  • Ⅱ度
    Ⅰ度よりも深い部分のやけど。水ぶくれができる。痛みは、やけどが深いほど減少する。後に残る場合と残らない場合がある。
  • Ⅲ度
    皮膚全層、皮下組織までやけどが進行している。見た目は白色や黒色で乾燥している。痛みは感じない、もしくは無感覚。跡に残る。


低温やけどは、皮膚の奥深くまで進行しているパターンが多く、Ⅲ度以上(やけどの深さ)のやけどであれば、跡が残る可能性が高くなります

低温やけどの応急処置|市販薬は使える?

応急処置

低温やけど  症状 冷却

低温やけどをしたら、その場で直ちに冷却してください。冷却は常温の水道水などの流水で20分程度を目安に行います。
衣服は無理に脱がさず、その上から流水で冷やしてください。
冷却スプレーやクーリングスプレーでは、やけどは治療できません。使用は避けましょう。

ワセリンや軟膏などの市販薬は?

低温やけど  症状 ワセリン

市販薬や家庭のワセリン、消毒薬は、やけどの度合いによってはやけどを悪化させる場合があります。自己判断で使用しないでください。
浅いやけどであれば、病院でも白色ワセリンに薬を混ぜて使用する場合もありますが、やけどの状態や深さで治療は変わります。

病院に行く目安

低温やけど 症状 治療

痛みがおさまらない・水ぶくれができる・広い範囲でやけどをした・皮膚が白や黒色になり乾燥していると言った症状があれば、すぐに病院を受診してください。
水ぶくれができいたら、潰さずにそのまま受診しましょう。
低温やけどを含むやけどは、放置して細菌感染を起こすと皮膚の損傷が深くなり、重篤化する場合もあります。

見た目に大きな異常がない軽度のやけどは?

赤みがあるだけであれば、流水で冷やして様子を見ても構いません。
しかし、ヒリヒリが強い、水疱ができている部分があるようであれば、冷やした後に病院を受診してください。

病院は何科を受診する?

軽いやけどは、皮膚科でも構いませんが、低温やけどや重いやけどは、外科か形成外科を受診しましょう。
お子さんの場合は、小児科でも構いません。
やけどを負ったら、すぐに冷やして早めに病院を受診するのが早く快方へ向かうコツです。

病院では、軟膏や、医療用の創傷被覆材(そうしょうひふくざい)で治療します。

皮膚科・外科・形成外科を探す

小児科を探す

湯たんぽやカイロ以外も原因に

電気毛布、ホットカーペット、電気あんかなども原因になります。

低温やけど 症状 足

低温やけどに注意すべき人

皮膚感覚の鈍くなっている高齢者、熱いと伝えられない乳幼児は特に注意が必要です。
他にも疲れがたまっていて、こたつやホットカーペットの温度調節やタイマーをかけ忘れて熟睡してしまう人や、冷え性があり、温まろうと布団に湯たんぽを入れ、そのまま寝てしまい、低温やけどを負ってしまう人も増えています。

まとめ

低温やけどは、気をつけていれば予防できます。
ホットカーペットやこたつは、タイマー機能を利用して、低温やけどを避けましょう。湯たんぽやアンカも、寝具を温めるのに使用して、眠る時には出すようにしましょう。
また、やけどを負ってしまったらまずは、水道水の流水で冷やすという応急処置も覚えておいてください。その際に冷却材を直接患部に当てて冷やさない様にしてください。

<参考>
一般社団法人 日本形成外科学会 新鮮熱傷
http://www.jsprs.or.jp/general/disease/trauma/trauma_02.html


監修者

長谷川 佳子 先生

LECINQ clinic
院長

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務
令和3年1月よりLECINQ clinic 院長に就任

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 99
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード