顔がかゆいのはダニのせいって本当?自然に治る?病院に行く目安も

公開日:2020-08-18 | 更新日:2020-09-15
12
顔がかゆいのはダニのせいって本当?自然に治る?病院に行く目安も

なんだか顔がかゆい!

その正体は、もしかすると「顔ダニ」かもしれません。

「きちんと洗顔しているのにどうして?」
「病院に行くべき?」
もしかしてダニのせい?とお悩みの方は、参考にしてください。

皮膚科を探す


監修者

長谷川 佳子 先生

小田原銀座クリニック
形成外科医

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

顔がかゆくなる「顔ダニ」とは?

医師女性
顔ダニとは、ヒゼンダニと呼ばれる人間の皮膚に寄生するダニのことです。

ヒセンダニが疥癬(かいせん)という病気を引き起こすことで、顔がかゆくなります。

疥癬(かいせん)には、通常疥癬と角化型疥癬があり、症状が出る部位が異なります。顔がかゆい場合には角化型疥癬の可能性が高いです。

ヒゼンダニは、不潔な場所にあらわれるというものではなく、人からうつる感染症のひとつです。免疫力が低下しているときに起こりやすいです。

特に、高齢の方、抗免疫薬を服用している方、悪性腫瘍や糖尿病などの病気にかかっている方に多いです。

顔ダニの感染経路

医師女性
疥癬は、人との接触(特に皮膚の直接的な接触)によって、感染します。

そのため、家族や介護者、セックスパートナーなどが感染しやすいです。また、衣服やタオル、寝具などを介して感染する場合もあります。

顔ダニの症状の特徴

医師女性
疥癬になると、灰色や黄白色の厚いザラザラとしたアカのようなものがみられます。

ヒゼンダニに感染してから、4~5日後に症状があらわれ始めます。手足やおしり、ひじやひざにもあらわれることが多いです。

※疥癬のかゆみのあらわれ方には個人差があり、かゆみを感じる人もいれば、全く感じない人もいます。

他の病気との見分け方

角化型疥癬は、「紅皮症」や「乾癬」の症状と似ています。

「紅皮症」の場合には皮膚が赤くなり、「乾癬」の場合には盛り上がった紅斑ができます。

疥癬は自然に治る?

医師女性
角化型疥癬は、寄生するヒゼンダニの数がとても多く、さらに感染力も非常に強いので、自然に治ることはほぼありません。


また、免疫力が低下している方が罹患しやすいため、角化型疥癬を疑う症状がみられたら、早めに皮膚科での治療を受けた方が良いでしょう。

皮膚科を探す

病院に行くまでに気を付けること

今すぐ病院に行けません。どうすればいいでしょうか?
女性
医師女性
家族がいる場合はうつしてしまう可能性があるので、タオルや寝具の共用は避けましょう。
時間を作って、早めに病院へ行くようにしてください。

洗顔の方法は?

医師女性
顔ダニだからと言って、特別な洗顔方法はありません。通常の洗顔とおなじように、石鹸を泡立てて優しく洗いましょう。
ゴシゴシと洗うと皮膚を刺激してしまうのでやめましょう。

市販薬は使ってもいい?

顔がかゆい ダニ1

顔ダニが原因で顔がかゆい場合、市販薬を使ってもいいですか?
女性
医師女性
現在、市販薬で疥癬に効く薬はありません。疥癬に対しては、皮膚科での専門治療が必要です。

市販の抗ヒスタミン薬を使用して、一時的にかゆみを抑えることもできますが、自己判断で使用せずに医師に相談することをおすすめします。

顔ダニかも…と思ったら早めに皮膚科へ!

顔がかゆい ダニ2

医師女性
顔ダニが原因のかゆみが疑われる場合、皮膚科で適切な治療を受けることで、症状の早期改善や周りへの感染拡大予防に繋がります。

また、角化型疥癬は、腎不全などの合併症を起こすこともあり、発症すると命を落とすリスクも生じるため、早めの治療が肝心です。

自分では顔ダニのせいだと思っていても、原因は別にある場合もあるので、医師の正しい診断のもと、治療を受けるようにしましょう。

参考
公益社団法人 日本皮膚科学会 疥癬
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa6/index.html
NIID 国立感染症研究所 疥癬
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/cholerae/392-encyclopedia/380-itch-intro.html
MSDマニュアル家庭版 疥癬
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/17-皮膚の病気/皮膚寄生虫感染症/疥癬
日本皮膚科学会ガイドライン 疥癬診療ガイドライン(第 3 版)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/kaisenguideline.pdf

監修者

長谷川 佳子 先生

小田原銀座クリニック
形成外科医

長谷川 佳子先生

経歴

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 12
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード