2019|インフルエンザの予防接種、いつからいつまで受けられる?妊娠中は?

公開日:2019-08-30 | 更新日:2020-09-07
8
2019|インフルエンザの予防接種、いつからいつまで受けられる?妊娠中は?

インフルエンザの予防接種は、毎年いつから受けられるのでしょうか。今回は、インフルエンザの予防接種を受けるのに適した時期などをご紹介します。

内科を探す

インフルエンザの予防接種バナー


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

予防接種はいつから予約できる?

予約の開始はいつから?

季節性インフルエンザは、12月ごろから流行り始める場合が多いので、2回の接種が必要な乳児〜13歳未満の場合、10月〜11月には1回目の接種をする必要があります。
そのため一般的には、大人も含め9月ごろから受付を始める病院が多いようです。

いつ受けるのがおすすめ?

<予防接種を受けるのにベストなタイミングを教えてください!>
個人差はありますが、インフルエンザワクチンは、接種後に抗体ができるまで、通常約2週間程度かかります。その後、抗体の働きは約5カ月間ほど持続するといわれています。日本では季節性インフルエンザが流行るのは12月下旬〜3月ごろですので、遅くても11月下旬〜12月上旬には予防接種を受けておくのが望ましいでしょう。

<13歳未満で2回接種受ける場合のおすすめ時期>

また、乳児〜13歳未満の方は、1回では、抗体がつかない場合があるので2回の接種が必要です。1回目の後は、2〜4週間あけて2回目の予防接種が受けられます。インフルエンザが流行る前に余裕を持って、接種を受けるようにしましょう。

内科を探す



インフルエンザ予防接種の値段についてはこちらをチェック▼
https://epark.jp/epark-report/kusuri/influenza-vaccination-price/

予防接種はいつまで受けられる?

毎年、季節性インフルエンザは、暖かくなる3月下旬ごろまで、感染する危険性があると考えられます。予防接種を受けていないのに新年明けてもまだインフルエンザにかかっていないという人は、1月中もしくは2月中旬までに予防接種を受けて、インフルエンザ感染に備えておくといいのではないでしょうか。
また、インフルエンザワクチンは抗体ができてから5ヶ月間程度、その働きが期待できます。次の年の冬には、抗体は働きません。流行するインフルエンザは毎年変化するためワクチンを受け予防する必要があります。

摂取時期が遅いとワクチンが足りなくなってしまうこともあるのでしょうか?

ワクチンが足りなくなることもあります。
そのため、厚生労働省からも医療機関によるワクチンの早期・大量確保については慎むようにと通達がきます。

妊娠中のインフルエンザワクチン接種は?

妊婦

妊婦はインフルエンザの予防接種を受けてもいいですか?

インフルエンザワクチンは、不活化ワクチン(ウイルスや細菌の感染する能力を失わせたものが原材料)といい妊娠中に接種しても胎児には影響がないとされているワクチンです。そのため、妊娠初期から後期までいつでも接種可能です。また、妊娠していると免疫機能が低下しているので、インフルエンザに感染すると重症化する危険が高くなります。さらにインフルエンザによる高熱の影響で、流産や早産となるケースもあります。
赤ちゃんを守るためにもインフルエンザの流行る期間に妊娠している方は、ぜひともインフルエンザの予防接種を受けておきましょう。

妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けても、お腹の赤ちゃんには影響ないでしょうか?

妊娠初期〜後期まで、インフルエンザの予防接種を受け、胎児の流産や先天異常の発生リスクが上がったという報告は現在のところありません。 それよりも妊娠中にインフルエンザにかかると、流産や早産のリスクが上がります。
予防接種の有益性、妊婦の方の持病(インフルエンザの重症化につながりやすい喘息・心疾患などがある)、出産予定時期を念頭に入れ、よく主治医と相談し、予防接種を受けるようにしましょう。

最後に

インフルエンザの予防接種は、抗体ができてから抗体が働くまでに一定の期間があります。体調と流行る時期を合わせて、早めに接種日を検討してくださいね。

内科を探す
<参考>
厚生労働省 妊娠・基礎疾患等をお持ちの方々へ 新型インフルエンザ(A/H1N1)対策関連情報 妊娠されている方へ
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_ninpu.html
IDSC国立感染症研究所 感染症情報センター パンデミック(H1N1)2009 インフルエンザQ&A
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/QAFlu09.html#q23

インフルエンザの予防接種バナー


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 8
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード