いつからいつまで?インフルエンザがうつる期間|発症直後が一番うつりやすい

公開日:2019-11-26 | 更新日:2020-09-07
59
いつからいつまで?インフルエンザがうつる期間|発症直後が一番うつりやすい

インフルエンザがうつる期間はいつからいつまでなのでしょうか?
「インフルエンザの症状がだいぶ落ち着いたからもう人に会っても大丈夫!」
こんな風に、自己判断をしてしまうのはとても危険です。
この記事では、インフルエンザウイルスが感染力を持つ期間、また、A型とB型ではうつる期間に違いがあるのかについて、詳しく解説します。

受付予約できる病院を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザがうつる期間

インフルエンザが人にうつるのはいつからいつまで?

インフルエンザウイルスを含んだ咳やくしゃみに触れ、そのウイルスが鼻や口から侵入して感染します。
症状が現れるまでは平均1日程度空くのですが、実はインフルエンザウイルスは、感染したらすぐに体内で爆発的に増え、感染力を発揮します。一般的に潜伏期間と呼ばれる期間にも感染する力を持っているので、感染を防ぐためには感染者が出てから気をつけるのではなく、インフルエンザ流行期の秋〜春先までは常に気をつけている必要があるのです。

一番感染力が強いタイミングは…

医師男性
症状が現れて一気に体調が悪くなっていく時が、感染力が最も強いと考えられます。

インフルエンザを発症すると、急激に全身の悪寒・関節痛や筋肉痛・喉の痛み・発熱など症状が現れます。
その後3日間程度、38度を超えるような高熱が出ます。
このタイミングが最も感染のリスクが高いです。

うつる期間はインフルエンザA型・B型も同じ

どちらも同様に潜伏期間から感染力があります
その後、症状が重く出る数日間が感染力も強くなります。

薬で感染力は弱まるの?

薬

「ゾフルーザ」と「タミフル」のウイルス排出時間の違い

インフルエンザの薬は、体の中からインフルエンザウイルスを排出して早い体調の快方が期待できます。
現在の研究では、インフルエンザの発症後に薬を服用した場合、体からインフルエンザウイルスの排出が始まるのが最も早いのが「ゾフルーザ」の約24時間後からで、「タミフル」は約72時間後からでした。
ゾフルーザの方が今までの薬よりも早くウイルスを排出させてくれるので、感染期間も平均48時間ほど短くできるということになります。
また、ゾフルーザは細胞内で増殖したインフルエンザウイルスの拡散をさせないという今までの薬の働きとは大きく異なり、細胞内でのインフルエンザウイルスの増殖を抑えてしまうので、さらに早い快方が期待できる場合があります。

うつる確率|潜伏期間、発症後、回復期

医師男性
インフルエンザウイルスに感染する確率は、感染する人の年齢や体力、体質、部屋の大きさや湿度など、様々な状況によって変わります。
そのため、うつる確率を数字で解説するのは難しいですが、感染する可能性が高い順に並べると、下記となります。
① 発症後
② 潜伏期間
③ 回復期

インフルエンザの感染率は発症の1日前から上昇するので、潜伏期間の方が回復期より感染しやすいということになります。

感染率を下げる方法

インフルエンザウイルスは、くしゃみや咳の場合、2メートル範囲内にいるとウイルスを含んだ唾液が飛び、感染しやすくなります。
感染者とは2メートル以上の距離を取るようにしましょう

医師男性
2メートル以上離れていても、密閉された空間では空気中をウイルスが飛び回り空気感染しやすくなります。
職場や家庭内でも定期的な換気が感染率を下げる方法と言えるでしょう

出席・出勤停止期間を過ぎても人にうつる可能性は?

医師男性
インフルエンザウイルスは、発熱がおさまっても2日程度はうつす可能性があります。(幼児は、3日間)

出席停止期間は、発熱がおさまってから2日間を確認して、解除されます。
そのため、感染力はなくなっていると考えられます。

家族・周りの人にうつさないように気をつけること

体調不良

インフルエンザウイルスの症状を感じたらすぐに病院を受診しましょう。
インフルエンザの薬は、発病から48時間以内に使用した場合に働きを発揮します。
なるべく部屋から出ないようにして、無理に会社や学校へ行かないようにしてください。家の中でもマスクを着用し、他の家族への感染を食い止めましょう。
また、うがい手洗いを忘れずに行い、触ったものにウイルスが付着するのを少しでも減らしましょう。

内科を探す

小児科を探す

まとめ

インフルエンザウイルスは、発症前から感染力があり、さらに熱が下がった後も2日間ほど感染力をもちます。家族間での感染を抑えるためにも早い段階で受診しましょう。

<参考>
https://www.fnn.jp/posts/00385580HDK
(FNNPRIME 1回飲めばOK インフルエンザに注目の新薬登場)

インフルエンザの予防接種バナー


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 59
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード