寝違えが激痛で動けない!病院へ行くべき?痛み止めは何を選べばいい?

公開日:2020-11-18 | 更新日:2021-10-05
95
寝違えが激痛で動けない!病院へ行くべき?痛み止めは何を選べばいい?

寝違えが激痛で動けない…。

「痛みの対処法」や「何科を受診すればいいか」など、寝違えたときの正しい対処法をお医者さんに詳しくお聞きました。


監修者

河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

なぜ?寝違えが激痛に!

医師男性
  • 長時間にわたる首への負担
  • 睡眠環境の問題

が原因で激痛が起こったと考えられます。詳しく解説します。

長時間にわたる首への負担

医師男性
首から肩にある筋肉・靱帯・関節等に負担がかかり、炎症を起こしているのでしょう。

深い睡眠時は筋肉が緩んでいます。その状態で、不自然な姿勢のまま長時間固定してしまうと、筋肉や腱が伸びたままになり、頚椎や背骨に余計な力がかかります。
すると、血行不良や炎症を起こしたりして、寝違えが生じると考えられています。

睡眠環境の問題

医師男性
枕の高さや布団・ベッドの硬さが合っていないと、筋肉の血流が悪くなり、寝違えの原因につながります。

また、部屋が寒いと、筋肉が固まりやすくなり寝違えを起こす場合があります。

痛みを抑える方法

医師男性
患部を冷やし、安静にしましょう。

寝違えは基本的に急性の痛みなので、冷やすことで痛みの緩和を期待できます。
保冷剤、氷、冷湿布等を用いて患部を冷やしてください。温めることで緩和するケースもあります。
※保冷剤や氷を使うときは、タオルにまいて使いましょう。

やってはいけない対処法

  • 首を無理に回す
  • 痛みが残っている段階なのに、患部を温める
  • 自己流のマッサージ・ストレッチ・首揉みを行う
  • 飲酒する

市販の痛み止めは何がいい?

寝違え 激痛 動けない

医師男性
  • フェルビナクインドメタシン等を配合している貼付剤
  • イブプロフェン配合消炎鎮痛剤
  • ビタミンB群(B1、B6、B12等)を配合しているビタミン剤

の服用が有効と考えられています。

市販薬は一時的な痛みの改善には有効ですが、根本的な症状改善につながりにくく、副作用が現れるケースもあります。

あくまでも、病院が休診のときなどの“応急的な処置”として考え、できるだけ整形外科など病院を受診しましょう。

整形外科を探す

寝違えでも病院へ行ってもいい?

医師男性
寝違えで病院に行っても大丈夫です。
激痛が続くときなどは、病院にいきましょう。

特に

  • 強い痛みが1週間以上続く
  • 手や足にしびれが生じる
  • 腕の痛みがある
  • 手や足の動きが悪い
  • 強い肩こりを伴う
  • 尿意や便意を感じにくくなる
  • 歩くのが難しい発熱(高熱)

といった症状ある場合は迷わず病院を受診してください。

受診するのは何科?

医師男性
整形外科の受診をおすすめします。

炎症を抑制する湿布・消炎鎮痛剤・筋弛緩薬等の薬を処方してもらうことできます。
痛みが強い場合は、局所麻酔薬を注射する治療が行われる場合があります。

整形外科を探す

寝違えが起こらないようにする方法

医師男性

生活習慣を見直すなど、簡単にできることを6つ紹介します。

  1. 日頃から首・肩のストレッチを行う
  2. 十分な睡眠時間を確保する
  3. 枕・布団やベッドなど睡眠環境を見直す
  4. 1日30分程度の運動(ウォーキング等)を行う
  5. アルコールを過剰に摂取しない
  6. 暴飲暴食をしない

アルコールを飲み過ぎた状態で眠ると、通常時より寝返りの回数が減ったり、不自然な体勢で寝続けたりしてしまい、寝違えの原因になります。

消化器系に負担がかかる食生活を送ると、自律神経反射によって首や肩の筋肉が緊張状態になりやすくなると言われています。筋肉の緊張状態が続くと、少しの動きで筋肉を傷める恐れがあります。

消化の良い食事を心がけ、寝る直前に食べない等を実践してください。


監修者

河合 隆志 先生

フェリシティークリニック名古屋
医学博士

河合 隆志先生

経歴

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

病院探し&受付予約ができる
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 95
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード