なぜ?口の中の上側が痛い…腫れやできものは大丈夫?病院は何科?

更新日:2022-08-30 | 公開日:2021-02-18
66
なぜ?口の中の上側が痛い…腫れやできものは大丈夫?病院は何科?

「口の中の上側が痛い…これはなぜ?」

口の中の上側に痛みが生じる原因と対処法を、医師にうかがいました。
病院に行く目安も解説します。

監修者
菊地 由利佳 先生


歯科医

菊地 由利佳先生

経歴

歯は健康に欠かせません。美味しいものを食べる・会話をする・美しい表情を保つ…、健康な歯は人生の質を高めます。歯の正しい知識を知って、より健康な日々を手に入れましょう。

口の中の上側が痛い…これ大丈夫?

軽い火傷などによる一時的な痛みであれば、あまり心配はいりません。

ただし、痛みが(2週間程度)続いたり、見た目に異常が出ていたりする場合は、病気の可能性があるので注意が必要です。

市販薬を使ってもいい?

医師女性
口の中の上側の痛みの原因が火傷の場合、市販薬を使用しても大丈夫です。
オルテクサー口腔用軟膏大正口内軟膏といった市販薬がおすすめです。

考えられる2つの原因

医師女性

内の上側が痛い時

  • 口腔カンジタ
  • 口腔がん

を発症している可能性があります。

それぞれ詳しく解説します。
ご自分の症状と照らし合わせてみてください。

原因① 口腔カンジタ

医師女性
口腔カンジタは免疫力の低下によって常在菌間のバランスが崩れることで発症します。

健康な人には害を及ぼさない弱い真菌である「カンジダ・アルビカンス」が原因だと言われています。

どんな人が発症しやすい?

医師女性
妊婦・高齢者・糖尿病患者・寝たきりの状態の人など、免疫力が低下している人に起こりやすいです。

それ以外に、唾液分泌量の減少・不潔な口腔衛生状態・長期間のステロイドや抗生物質の服用などでも起こることがあります。

症状の特徴

口腔カンジダ症には「①偽膜性口腔カンジダ症」「②紅斑性カンジダ症」「③肥厚性カンジダ症」の3つの病型があります。

① 偽膜性口腔カンジダ

口の中に白色や黄色のコケのようなものができます。
進行すると、ヒリヒリとした痛みを感じるようになります。

 

② 紅斑性カンジダ症

粘膜がところどころ赤くなります。
粘膜の痛みやヒリヒリ感があり、出血することもあります。

 

③ 肥厚性カンジダ症

粘膜が厚くなり、コケのようなかたい白斑ができます。粘膜がただれ、痛みやヒリヒリ感があり、出血しやすくなります。

病院に行くべき?

医師女性
口腔カンジダ症は市販薬がなく、病院での治療が必要な病気です
歯科で適切な治療を受けましょう。

患部は触らず、菌の数を減らすために口の中を清潔に保ちましょう。

原因② 口腔癌

医師女性
細胞がガン化することで起こる病気です。
ただし、口腔がんは上あごにできるケースは非常にまれです。

喫煙飲酒のほかに、不潔な口腔衛生状態サイズがあっていない入れ歯ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染などが原因であると言われています。

症状の特徴

  • 粘膜の色が白く変色する
  • 赤みが強くなる
  • ザラザラする
  • ただれる
  • 初期は痛みがなく、進行すると硬いしこりや痛みを感じる

どんな人が発症しやすい?

50歳以上の男性がなりやすいです。

自分でできる対処法は?

医師女性
残念ながら、自分で対処することは難しい病気です。
腔がんの場合、体の他の部位に転移する可能性もあるので、すぐに病院を受診しましょう。

初期の口腔がんの場合、適切に治療を受ければ、完治することが多いです。

病院に行く目安

口の中 痛い

医師女性
「火傷をしていないのに痛みがある」「粘膜の色が変化している」場合は、速やかに歯科など病院へ行きましょう。

放置すると「命を落とす」リスクも…

医師女性
口腔がんの場合、放置すると体の他の部位にがんが転移し、最悪の場合は命を落とす恐れがあります。

早期受診をすることで、症状の悪化を防ぐだけでなく、手術で切除する範囲が小さく済んだり、後遺症が少なくなったりする可能性があります。

気になる症状がある場合は、すぐに医療機関で検査を受けましょう。

歯科を探す

合わせて読みたい
口内炎を早く治したいときの対処法|食べ物や薬のおすすめは?塩・はちみつで治る?
2019-11-08
口内炎に即効性のある治し方があれば知りたいですよね。 口内炎を治すためには、どんな薬や食べ物を選べば良いのでしょう? 「塩やはちみつで口内炎が治る」というウワサの真偽についても解説しています。 ぜひ参考にしてください。 口内炎になったら「ビタミンB群をとろう」 口内炎に作用するビタミンは、ビタミンB群の「ビタミンB2とビタミンB6」です。 症状によってはビタミンB2、B6製剤が処方されることもあります。 豚肉や緑黄色野菜がおすすめ ビタミンB2とビタミンB6が含まれる、豚肉、緑黄色野菜、きのこ、大豆や納豆などを積極的に摂取しましょう。 また、普段からビタミンB群が不足しないような食事を心がけましょう。 栄養ドリンクをプラスしてもOK 栄養ドリンクでもビタミンの補給は出来ます。 しかし、栄養ドリンクだけでは、栄養素は上手に体に吸収されません。食事にプラスして補給するようにしてください。 口内炎を早く治すには? 口内炎は、通常であれば2週間程度で良くなります。 薬を使用することで早い段階で炎症を抑え、症状を緩和することが期待できます。 口内炎ができる原因は、多岐にわたります。 症状にあったものを選ぶには、医師の診断を受けることをおすすめします。 歯科・口腔外科を探す 耳鼻いんこう科を探す 市販薬はどれを選べばいい? 様々なタイプの治療薬があります。 症状に合わせ使用してください。 飲み薬:口内炎の場所や数に関わらず使用できます。 貼り薬:炎症が小さく、少ない場合に使用をお勧めします。 軟膏:範囲が広い、複数口内炎が認められる場合に適しています(塗った後は30分くらい飲食は避けてください)。 スプレー:直接手の届かない部位に薬を塗れます。 うがい薬:主に口腔内を殺菌する際に使用します(上記の薬と併用して使用する場合が多いです)。 ※口内炎の痛みが強い場合は、鎮痛剤の使用も痛みを和らげます。 複数の薬を使用したい場合は、医師や薬剤師のアドバイスを受けてください。 ※口内炎の薬にはステロイド入りのものもあります。 妊娠や授乳中は薬を自己判断で使用せず、医師の指示に従ってください。 塩やはちみつでよくなるって本当? 塩やはちみつはあくまでも食品なので、薬のような効果は期待できません。 「はちみつ」には高い殺菌作用があるため、喉の痛みや風邪の予防としての働きを期待することができます。 しかし、「塩」そのものに殺菌の働きはありません。 ゆえに、口内炎を治癒させることはできません。 そればかりか、痛みを増進させる場合もあります。口内炎があるときの塩の摂取は控えましょう。 改善されない場合は病院へ 口内炎は自然に快方に向かいますが、いつまでも治らない、繰り返す場合は、何らかの病気の症状である場合もあります。 市販薬を使っても2週間以上改善されない場合は、早めに病院へ行きましょう。 受診するのは何科? 歯科・口腔外科、または耳鼻いんこう科を受診してください。 診察の後、症状にあった薬が処方されます。 薬は症状が改善されない場合見直され、状態によっては詳しい検査を実施する場合もあります。
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 66
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事