なぜ?体が熱いのに熱はない原因。大丈夫?病院に行く目安も

公開日:2020-10-06 | 更新日:2021-06-22
221
なぜ?体が熱いのに熱はない原因。大丈夫?病院に行く目安も

体が熱いのに熱はない…これはなぜ?

どんな原因が考えられるのか、お医者さんに聞きました。
対処法や病院に行く目安も解説します。


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

体は熱いのに熱はない…大丈夫?

「一時的に体が熱い感じがあるが、それ以外の症状が出現していない」という場合は、一旦様子をみるという選択ができます。ただし…

医師男性
・体が熱く感じる状態が長期間続く
・同じ状態を繰り返す
・その他の症状(高熱、吐き気等)ある
という場合には注意が必要です。

なぜ?“体が熱い”原因


突然の気温変化に体がついていけず、スムーズな体温調節が困難になり、体が熱をもってしま雨と「熱い」と感じます。

また、過度の緊張やストレスを抱えていると、交感神経が優位にたちます。
すると、心臓は早く強く脈を打つようになり、血管収縮作用が活性化することで、顔や体が熱くなる場合があります。

一時的な場合は様子を見ても大丈夫ですが、続く場合は“病院を受診すべき原因”があるケースがあります。

医師男性
代表的な例として
1.高血圧症
2.更年期障害
3.自律神経失調症
の可能性があります。

原因① 高血圧症

高血圧症の場合、自覚症状がないケースが多いです。
遺伝や生活習慣が関与して、発症するケースが多いと考えられています。

この場合、血管運動神経の働きで体の表面に近い血管が拡張することで、熱の発散が活発に行われるようになり、体が熱く感じる場合があると考えられています。

こんな人がなりやすい!

  • 肥満
  • ストレス過多
  • 塩分の過剰摂取
  • アルコールの過剰摂取
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 自律神経の異常

高血圧症の「主な症状」

  • 顔体のほてり
  • めまい
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 肩こり

など

高血圧症の「対処法」

医師男性
首元、脇の下、足の付け根等の太い血管がある部分を冷却タオル等で冷やしましょう。

病院に行く目安

医師男性
・血圧が高い
・顔や体がほてるような熱い感じが続く
・耳鳴り・頭痛等の症状が出た

という場合は、早めに医療機関を受診してください。

<血圧が高い基準>
最高血圧が140mmHg以上、または最低血圧が90mmHg以上、またはその両方

何科を受診する?

医師男性
内科、循環器科の受診をおすすめします。

内科・循環器科を探す

原因② 更年期障害

医師男性
更年期障害によって体が熱いと感じるのは「ホットフラッシュ」が起きていると考えられます。

更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が急激に減ることが原因で起こると考えられています。

こんな人がなりやすい!

  • 閉経後の女性

更年期障害の「主な症状」

  • のぼせ
  • ほてり
  • 発汗
  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸
  • 肩こり
  • 倦怠感
  • イライラする

など

更年期障害の「対処法」

医師男性
まずは深呼吸をして、水分補給をしっかり行ってください。

冷却グッズで体を冷やしたり、熱がこもらない通気性の良い服を着るのもおすすめです。

病院に行く目安

医師男性
・顔や体が熱い感じが続く
・発熱を伴う
・夜中に何度も着替えるほど大量に発汗する

という場合は、病院で相談しましょう。

何科を受診する?

医師男性
内科・婦人科の受診をおすすめします。

内科・婦人科を探す

原因③ 自律神経失調症

医師男性
自律神経失調症の原因は多岐にわたりますが、主に精神的、身体的ストレス、過度の緊張、生活習慣の乱れが引き金となり発症するケースが多いと考えられています。

自律神経のバランスが乱れると、体の体温調節が正常に行われなくなり、体が熱く感じる場合があると考えられています。

こんな人がなりやすい!

  • ストレス過多
  • 過度の緊張状態が続いている
  • 疲労過多
  • 生活習慣が乱れている
  • 生まれつき自律神経が過敏(ストレスに弱い)
  • 几帳面
  • 完璧主義者

自律神経失調症の「主な症状」

  • 体、顔のほてり感
  • 発汗量が増える
  • 動悸
  • 息切れ
  • めまい
  • 頭痛
  • 痺れ
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 下痢
  • 便秘
  • 肩こり
  • 食欲低下

など

自律神経失調症の「対処法」

医師男性
まずは、深呼吸をしましょう。

太い血管がある部分(首元、脇の下、足の付け根など)を冷やしたり、首・肩・足のマッサージを行うのもおすすめです。

病院に行く目安

医師男性
・動悸が激しく息苦しい
・不眠(夜中何度も目が覚めてしまう)
・耳鳴りを伴うめまい
・朝からグッタリしてしまう
・胃腸の調子が悪く食欲が低下している

上記のような症状が続いて、日常生活に支障が出ている場合は、受診しましょう。

何科を受診する?

医師男性
内科・心療内科・精神科の受診をおすすめします。

内科・心療内科・精神科を探す

自分で原因が分からない場合は…

医師男性
原因が判断できない場合、まずは内科の受診をおすすめします。

内科を探す

早期受診のメリット

医師男性
早期受診により深刻な事態の回避が期待できます。

例えば高血圧症が原因の場合、放置すると動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞等の重篤な疾患を引き起こす恐れがあります。

早期受診により、体が熱く感じる原因を明確にできるため、症状の早期改善や症状に合った治療や薬の処方による症状緩和が期待できます。

合わせて読みたい
心療内科の初診の受け方|予約~当日の準備。聞かれることや費用目安も
2020-05-21
心療内科で初診を受ける際の流れについて、お医者さんに聞きました。当日準備していくことをはじめ、初診でかかる料金、診断書はもらえるのかどうかも解説します。

監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

本気なら…ライザップ!

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 221
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード