血尿で鮮血が…痛みなしでも危険!ストレス?病気?女性・男性に多い原因とは

公開日:2020-06-11 | 更新日:2020-09-09
15
血尿で鮮血が…痛みなしでも危険!ストレス?病気?女性・男性に多い原因とは

「血尿が出た!」
「しかも鮮血でびっくり…!」

真っ赤なおしっこの原因をお医者さんに聞きました。
女性に多い病気は?痛くないけど病院に行くべき?

血尿が出て不安な方は、ぜひ参考にしてください。

泌尿器科を探す


監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

真っ赤な血尿は大丈夫…じゃない!

お医者さん

医師男性
鮮血の血尿は、膀胱炎が重症化していたり、重い病気の症状として現れているケースもあるため、できる限り早く病院に行くことをおすすめします。

自然に治ることはないの?

医師男性
急性膀胱炎や尿道結石は、軽症であれば自然治癒も見込める病気です。ただし、血尿が出るほど症状が進行している場合は、自然に治すことは困難です。

泌尿器科を受診して相談しましょう。

泌尿器科を探す

必ず病院へ!真っ赤な血尿を放置するリスク

「忙しくて病院に行く時間がないから…」
「泌尿器科ってなんだか行くのが恥ずかしい…」
と言って血尿を放置していると、次のようなリスクが生じます。

  • 症状が悪化して重症化する
  • 慢性化再発を繰り返しやすくなる
  • 合併症を引き起こす恐れがある
  • がんなど重篤な疾患を見逃す

血尿の原因を特定するためにも、早く病院に行きましょう。

泌尿器科を探す

排尿時に「痛みがある」血尿のケース

医師男性

排尿時に痛みがある血尿は

  1. 急性膀胱炎
  2. 出血性膀胱炎
  3. 尿道炎

の可能性があります。

1.急性膀胱炎(尿路感染症)

医師男性
膀胱内に、尿道を通して細菌(大腸菌等)が入り込むことで炎症が起きて発症します。

<この病気になりやすい人>

  • 女性に多い
  • 幅広い世代に発症する病気で、特に20~30歳代に多い
  • 免疫力が低下している人(風邪、睡眠不足、疲労過多等)
  • ストレスが多い人
  • 冷え性の人


<主な症状>

  • 排尿時(特に排尿が終わる頃)チクチクするような痛みを伴う
  • はっきりした痛みがなくても、なんとなく下腹部の違和感がある
  • 頻尿
  • 血尿
  • 残尿感
  • 尿が濁る
  • まれに微熱を伴う場合がある
医師男性
痛みや頻尿の症状が強いときは早めに病院に行きましょう。

発熱、全身倦怠感、背中の痛み等の症状を伴う場合は特に注意が必要です。
細菌による炎症が腎臓まで広がる「腎盂腎炎」を起こしている可能性があります。

<病院での治療例>

  • 抗生物質による治療

2.出血性膀胱炎

医師男性
ウイルス感染、ウイルス感染によるアレルギー性炎症、抗がん剤投与、放射線による治療等が原因で発症します。

子どもの場合は、アデノウイルス感染によるものが多いと考えられています。

<この病気になりやすい人>

  • 子どもに多く発症する
  • 放射線治療の経験がある人
  • 抗がん剤など使用歴のある人


<主な症状>

  • 血尿
  • 排尿時の痛み
  • 頻尿
  • 残尿感
  • 尿が出にくい
  • 微熱
  • 重症化すると、膀胱内の血の塊が出る場合がある
  • 血の塊が尿路を閉塞して尿が出せなくなる(膀胱タンポナーデ)
医師男性
出血性膀胱炎の特徴に該当するものがある場合は病院に行きましょう。

特に、膀胱タンポナーデの症状がある場合は要注意です。

<病院での治療例>

  • ウイルスやアレルゲンなど、発症原因の除去
  • 血尿が続く場合、膀胱洗浄や止血を行う
  • 膀胱内の凝血塊などの除去も行う 等

3.尿道炎

医師男性
真菌や細菌による感染が原因で発症します。
性感染症(クラミジア尿道炎、淋菌性尿道炎等)によるものが多いです。

軽症の場合気付かない場合もありますが、自然治癒することは少なく、放置すると尿道狭窄を起こし、排尿障害になる恐れがあります。

<この病気になりやすい人>

  • 男性に多い


<主な症状>
※性感染症(クラミジア尿道炎、淋菌性尿道炎等)が原因の場合

  • 排尿をはじめてすぐに焼けるような痛み
  • 尿の出始に血尿が出る
  • かゆみ
  • 発熱
  • 尿道から膿が出る(尿が濁る)
  • 頻尿
医師男性
発熱を伴う激しい排尿痛あったり、尿が濁るという場合は病院に行きましょう。

<病院での治療例>

  • 適切な抗菌剤を用いた治療
  • 原因となる疾患の治療薬の投与 等

排尿時に「痛みがない」血尿のケース

医師男性

排尿時に痛みがない血尿は

  1. 膀胱腫瘍
  2. 前立腺がん

の可能性があります。

1.膀胱腫瘍

医師男性
鮮血の血尿を伴う膀胱腫瘍は、悪性の膀胱がんであることがほとんどです。

膀胱腫瘍の発症原因ははっきり分かっていませんが、喫煙者は非喫煙者の2~3倍発症しやすいと考えられています。
また、化学薬品や染料を使用する職種の人、膀胱結石が長期間ある人も慢性的刺激により発症する場合があります。

<この病気になりやすい人>

  • 男性に多い
  • 50~70歳代に多い
  • 喫煙者


<主な症状>

  • 血尿(ずっと続くわけではなく、止まることもある)
  • 痛みを伴わない場合が多い
  • 頻尿
  • 残尿感
医師男性
膀胱腫瘍の特徴に該当するものがある場合は、早急に病院に行きましょう。

<病院での治療例>

  • 手術
  • 抗がん剤・放射線療法 等

2.前立腺がん

前立腺がんは、遺伝や高齢によるホルモンバランスの崩れなどが要因と考えられていますが、はっきりとした原因は不明です。

<この病気になりやすい人>

  • 男性
  • 50~70歳代に多い


<主な症状>

  • 初期症状がない場合が多い
  • 頻尿
  • 血尿
  • 排尿困難
医師男性
自覚症状がない場合が多いため、自主的に定期検診を受けるようにすることをおすすめします。

<病院での治療例>

  • ホルモン療法
  • 放射線治療
  • 化学療法
  • 手術 等

「脇腹・腰・背中の痛み」を伴う血尿のケース

血尿 鮮血

医師男性

「脇腹・腰・背中の痛み」を伴う血尿は

  1. 腎盂腎炎
  2. 尿道結石
  3. 腎腫瘍

の可能性があります。

1.腎盂腎炎

腎臓が細菌に感染することで起こります。膀胱炎が悪化して発症することが多いです。
ひどくなると血尿を生じることがあります。
背中の痛みというよりは、腎臓がある箇所の腹部から腰部あたりに痛みが生じることがあります。

<この病気になりやすい人>

  • 女性
  • 尿路の閉塞(前立腺肥大、尿路結石などがある)の方
  • 糖尿病やステロイド治療、抗がん剤治療 など免疫力が低下している方
  • 膀胱炎を放置しがちな方


<主な症状>

  • 排尿時の痛み、下腹部痛
  • 残尿感
  • 頻尿
  • 膿尿
  • 38度以上の高熱 
  • 腰痛 等

※慢性の際には自覚症状はあまりありません。

医師男性
腎盂腎炎の特徴に該当するものがある場合は、早急に病院に行きましょう。

<病院での治療例>

  • 入院治療(痛みが強かったり、高熱が続いている場合)
  • 腎盂腎炎の原因となる疾患があれば、その疾患の治療など。
  • 腎盂腎炎の原因となる疾患があれば、その疾患の治療など。

2.尿路結石

医師男性
腎臓、膀胱、尿管等、尿の排泄経路に小さい石が作られることで発症する病気です。

<この病気になりやすい人>

  • 動物性たんぱく質や脂肪を多く含む食品を多く摂る人
  • 約半数の人は原因が不明


<主な症状>

  • 血尿
  • 排尿時の痛み
  • 脇腹から背中にかけて強い痛みが生じる
  • 頻尿
  • 残尿感
医師男性
血尿や排尿痛がだんだんひどくなる場合は病院に行きましょう。

<病院での治療例>

  • 1cm以下の大きさの石の場合、自然排石する可能性があるため、水分摂取と鎮痛薬で様子を観察する場合がある
  • 自然に排石できないようであれば、体外衝撃波治療※が行われることもある

※体外衝撃波治療…結石に対し体の外から衝撃波を与えて粉砕して、自然に排出される大きさにすること

3.腎腫瘍

医師男性
発症原因ははっきり分かっていませんが、喫煙、性ホルモン等が関与していると考えられています。

<この病気になりやすい人>

  • 男性に多い
  • 40~70歳代に多くみられるが、30歳以下でも発症する場合がある
  • 肥満や喫煙などが原因として考えられている


<主な症状>

  • 初期は自覚症状がない場合が多い
  • 腎腫瘍が大きくなると、血尿、腰の痛み、腹部のしこり等がみられる
  • 発熱
  • 体重減少
  • 貧血
医師男性
膀胱腫瘍の特徴に該当するものがある場合は、早急に病院に行きましょう。

<病院での治療例>

  • 手術療法
  • 免疫療法
  • 化学療法(抗がん剤) 等
参考
一般社団法人 日本泌尿器科学会 排尿痛がある、排尿時に痛い
https://www.urol.or.jp/public/symptom/21.html
シオノギ製薬 膀胱がん
http://www.shionogi.co.jp/tsurasa/type/bladder/
慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト 糸球体腎炎
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000406.html
日本腎臓学会 血尿診断ガイドライン
https://cdn.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/free/kousei/pdf/JJN7-50_12209.pdf
今日の臨床サポート 出血性膀胱炎
https://clinicalsup.jp/contentlist/2233.html
国立がん研究センター がん情報サービス 前立腺がん
https://ganjoho.jp/public/cancer/prostate/index.html#a8
五本木クリニック おしっこ(尿)に血が混じる(血尿)
https://www.gohongi-clinic.com/hinyoukika/condition/1_/

監修者

荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 15
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード