【気をつけて!】イヤホンの大音量、難聴のはじまりかも…?

公開日:2018-12-18 | 更新日:2020-12-23
3
【気をつけて!】イヤホンの大音量、難聴のはじまりかも…?

年を重ねるごとに、耳の聞こえが悪くなるのは仕方がない、と思われている方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、若くても、突然、耳の聞こえが悪くなることもあるのです。


監修者

白畑 敦 先生

しらはた胃腸肛門クリニック横浜
院長

白畑 敦先生

経歴

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月  横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
平成29年11月 しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

難聴と耳鳴りは、何が違うの

難聴とは、耳の聞こえが悪くなり、テレビの音や、話している言葉などが、聞き取りにくくなることです。
耳鳴りは、自分の周りに、音源とされるものが何もないのに、「キーン」や「ジー」などの音を感じます。
難聴の原因は、さまざまあります。

  • 老人性難聴…加齢とともに、音を感じる蝸牛(かぎゅう)という感覚細胞や、脳に音を伝える神経細胞などの機能が低下する
  • 騒音性難聴…大きな音の力で、蝸牛の感覚細胞が損傷し、聞こえが悪くなる
  • 突発性難聴…原因不明の難聴

耳鳴りの原因は、耳に何らかの病気があることが、多いようです。
しかし、原因はわからないものの、全身の病気が理由で起こる耳鳴りもあります。

主な症状は、聞こえにくい・めまいなど

突発性難聴とは、いつ難聴になったかを自覚できるほど、突然に聞こえが悪くなる病気です。
副症状は、以下のようになります。

  • 耳鳴り
  • 耳の閉そく感
  • めまい
  • 吐き気を伴うなど

原因は明確にはわかっていませんが、ウイルス感染や内耳(※)の循環不全が関係していると考えられています。
内耳:耳は、外側から外耳・中耳・内耳と三つに分けられるが、中耳のさらに奥にある器官。視覚や平衡覚に関わる。

耳鳴りは、難聴がおこった時の前後で、感じるようです。

治療は、ホルモン剤・抗めまい薬の服用

突発性難聴は早期の治療が大切で、治療には次のような製剤を内服します。

  • 副腎皮質ホルモン剤
  • 循環改善薬(抗めまい薬)
  • ビタミン剤など

老人性難聴は、元のように聞こえる状態に戻すのは難しいため、補聴器を用い、音が聞こえるように調節します。
急な騒音で、騒音性難聴になった時には、薬の内服や注射で、改善する場合もあります。
しかし、繰り返しの騒音で難聴になった時に、改善は難しいので、そうならないように、次のような予防が必要です。

  • 騒音下での作業には、耳栓をする
  • イヤホンの音量は、あまり大きくしないなど

耳鳴りは、原因となる病気の治療が、何よりです。
治療がうまくいかない時や、原因が不明の時には、次のような方法がとられます。

  • 音響療法…小さな音を長く聞き、耳鳴りの音が気にならないようにする
  • 心理療法…カウンセリングで軽減する(耳鳴りがストレスになり、症状が悪くなっている場合)

症状が出たら、2週間以内に治療を

難聴・耳鳴りは、放置したままだと、悪化する可能性があります。
また、難聴・耳鳴りがストレスになって、体調が悪くなり、うつ病になる場合も考えられます。
突発性難聴は、発症から2週間以上放っておくと、治療が難しくなります。

耳鼻いんこう科を探す

加齢が原因だと、もう元には戻らない?

加齢とともに、音を感じる蝸牛という感覚細胞、脳に音を伝える神経細胞は損傷したり、減少したりします。
これらの細胞は、損傷・減少すると、再び増えることはありません。
音を感じたり、脳で音の情報処理などをしたりする機能が、うまく働かなくなり、難聴をひき起こすのです。

イヤホンでの大音量には、要注意!

電車の中や歩きながら、イヤホンで音が漏れ聞こえるほどの大音量で、音楽を聴いている方は、要注意です!
大音量で感覚細胞が傷つくと、難聴をひき起こします。

また、細胞が完全に損傷してしまうと、再生はしないので、難聴は改善しません。

難聴・耳鳴りは、あまり気にならない程度だと、放置してしまいがちですが、体の不調サインかもしれません。
早めの治療が必要な場合もあるので、難聴・耳鳴りを感じたら、受診をおすすめします。

【参考文献】
『家庭医学大辞典』(小学館・ホームメディア編集員会:編)「老人性難聴」「騒音性難聴」「耳鳴りとは」の項より
慶應技術大学病院 医療・健康情報サイト
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000558.html
日本耳鼻咽喉科学会
http://www.jibika.or.jp/owned/hwel/hearingloss/
慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科 専門医通信
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/120/8/120_1100/_pdf

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 3
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード