下痢が続くのは病気?過敏性腸症候群の可能性も。対処法は?病院は何科?

公開日:2021-01-29 | 更新日:2021-05-25
2
下痢が続くのは病気?過敏性腸症候群の可能性も。対処法は?病院は何科?

最近、毎日下痢に悩まされている…。これは何かの病気?

慢性的な下痢の原因を、お医者さんに聞きました。
ご自身の症状に当てはまる病気がないか、照らし合わせてみましょう。


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

下痢が続く…これって病気?

医師男性

原因不明の下痢が続く場合は、要注意です。

特に、次の症状がある場合は、病気の可能性が高いです。

  • 3週間以上下痢が続く
  • 血便
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 食欲低下
  • 体重減少
  • 全身の倦怠感 など

病院は何科に行けばいい?

内科、消化器内科を受診してください。

下痢の症状が改善しない場合は、一度病院で検査を受けましょう。
大腸がんなどの重い病気が、慢性的な下痢を引き起こすこともあります。
病気を初期のうちに治療するには、早めの受診が必要です。

内科・消化器内科を探す

下痢が続く2つの病気

医師男性

下痢が続く症状は

  1. 過敏性腸症候群
  2. 潰瘍性大腸炎

可能性があります。

それぞれ詳しく解説します。

原因① 過敏性腸症候群

検査をしても、大腸に異常がないにも関わらず、下痢が続く病気です。
粘液が混ざっている便や水っぽい便が出ることがあります。下痢と便秘を繰り返すケースもあります。

下痢以外にも、こんな症状がでていたら要注意!

  • 腹痛
  • 便秘
  • 腹部膨満感
  • おならがよく出る(ガスが溜まりやすい)

腹痛によって、トイレに何度も行くようになります。
血便が出ることはなく、下痢による体重低下もほとんどありません。

発症の原因は…?

精神的・身体的ストレスが原因です。

緊張不安を脳が察知すると、自律神経を通してストレスが胃腸に伝えられます。
これにより胃腸の運動機能に異常が生じ、腹痛や下痢の症状があらわれます。

過敏性腸症候群になりやすい人

20~30代の女性に多い病気です。

また、発症する人には、

  • 緊張しやすい
  • 神経質
  • 内向的な性格
  • お酒をたくさん飲む
  • 睡眠不足

といった傾向があります。

どう対処すればいい?

こまめな水分補給を心がけ、食物繊維を多く含む食品を積極的に摂りましょう。

食物繊維を多く含む食材

  • 豆類(納豆、うずら豆)
  • 野菜(ごぼう、キャベツ、白菜)
  • 果物(みかん、バナナ)
  • 海藻類(わかめ、寒天)

また、十分な睡眠時間を確保することも大切です。
生活を改善しても、症状が治らない場合には、病院を受診してみましょう。

病院は何科に行けばいい?

まずは内科、消化器内科を受診し、検査を受けましょう。
すでに検査を受けて異常が発見されなかった場合は、心療内科を受診しましょう。

どんな治療をするの?

内科・消化器内科の場合

まずは検査を行い、大腸に炎症や腫瘍がないか確認します。
大腸に異常がない場合、下痢や腹痛、便秘を和らげる薬が処方されます。

心療内科の場合

まずは問診を行い、状況を確認します。
場合によってはストレス、不安、緊張を和らげるため、抗不安薬や抗うつ薬を処方します。

内科・消化器内科を探す

心療内科を探す

原因② 潰瘍性大腸炎

粘液、血液が混ざった下痢が出ます。
症状の悪化と改善を繰り返すという特徴があります。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に炎症が生じ、潰瘍やびらんが発生する病気です。

下痢以外にも、こんな症状がでていたら要注意!

  • 腹痛
  • 発熱
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 便意切迫
  • めまい、ふらつき
  • 腹部不快感、けいれん痛

症状が悪化すると、1日10回以上排便する場合があります。

発症の原因は…?

免疫機能の異常が関係していると考えられています。
本来は侵入物を排除するべき免疫システムが、自分自身の大腸を攻撃してしまうのです。

これによって生じた大腸の炎症により、下痢や粘血便が起こります。

潰瘍性大腸炎になりやすい人

30歳未満に多い病気です。発症に男女差はありません。

どう対処すればいい?

まずは医療機関を受診してください。
潰瘍性大腸炎を放置すると、重症化する恐れがあります。

また、

  • 不規則な生活
  • 睡眠不足
  • 脂肪分の多い食事
  • アルコール摂取

は症状を悪化させるので避けましょう。

病院は何科に行けばいい?

内科、消化器内科を受診してください。

どんな治療をするの?

薬物治療

症状を和らげるための薬を処方します。
大腸の炎症を抑える薬、免疫機能を調整する薬などを使用します。

手術

大腸を全摘出する手術です。
薬が効かない、症状が重いなど、薬物治療で対処できない場合に行います。

内科・消化器内科を探す

合わせて読みたい
心療内科の初診の受け方|予約~当日の準備。聞かれることや費用目安も
2020-05-21
心療内科で初診を受ける際の流れについて、お医者さんに聞きました。当日準備していくことをはじめ、初診でかかる料金、診断書はもらえるのかどうかも解説します。

監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 2
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード