注意!夜中に何度も目が覚めるのは「うつ病サイン」かも。病院行くべき?

公開日:2020-07-08 | 更新日:2020-09-15
7
注意!夜中に何度も目が覚めるのは「うつ病サイン」かも。病院行くべき?

最近夜中に目が覚めてしまう…。
何度も目が覚めて寝不足が続いている…。

もしかしてうつ病のせい?

うつ病と夜中に目が覚めてしまうことの関係を、お医者さんに聞きました。

心療内科・精神科を探す


監修者

経歴

福島県立医科大学卒業
マサチューセッツ大学MBAコース在学中

「働く人を支える」薬に依存しない医療を展開する「BESLI CLINIC」を2014年に協同創設、2030年を基準に医療現場から社会を支える医療経営を実践しています。

産業医視点からビジネスマン・ビジネスウーマンを支えております。生薬ベースの漢方内科での経験を活かし、腹診を含めた四診から和漢・井穴刺絡などの東洋医学を扱い、ホルモン、生活習慣をベースに身体から心にアプローチする診療を担当。米国マウントサイナイ大学病院へ留学、ハーバード大学TMSコースを修了。TMSをクリニックへ導入、日本人に合わせたTMSの技術指導、統括を行っています。

何度も目覚めるのは、うつ病のサイン?

医師女性
夜中に何度も目が覚めるのは、うつ病のサインのひとつです。

うつ病では
・寝付けない
・夜中に何度も目が覚める
・明け方に目が覚めて眠れなくなる
などの睡眠障害があることが多いです。

うつ病の他、自律神経失調症の場合も夜中に目が覚めるなどの睡眠障害がみられます。

また、何度も目が覚める症状が1ヵ月以上続く場合には、不眠症の可能性もあります。不眠症がうつ病を招いたり、うつ病の症状を悪化させるケースもあります。

うつ病や自律神経失調症は、発症しているのかしていないのかを明確に線引きできる疾患ではありません。
次のチェックリストを参考に、ご自身の状態を確認してみましょう。

うつ病の症状チェックリスト

医師女性
次のような症状が5つ以上該当し、それらが2週間以上ほとんど毎日続く場合には、うつ病の可能性が高くなります。
  1. 気分が落ち込む
  2. 楽しかったことが、楽しくなくなった
  3. 食欲や体重が減った、もしくは増えた※
  4. 眠れない、もしくは眠りすぎる
  5. 行動が遅くなったり、焦りを感じたりする。
  6. 疲れやすい
  7. 集中力が下がる
  8. 自分を責めたり、価値がない人間だと思ったりする
  9. 自分の体を傷つけたり、死にたいと思ったりする

※体重減少の目安は、1ヵ月のうちに元の体重の5% 以上です
※上記の症状は、自律神経失調症にも共通するものがあります。

こんなときは、迷わず受診しよう!

医師女性
上記のチェックリストにある症状が2週間以上ほほ毎日続くようであれば、一度病院で診てもらうとよいでしょう。

何科を受診する?

「うつ病かもしれない」と感じたら、心療内科または精神科を受診しましょう。

心療内科・精神科を探す

「夜中に目が覚める」症状を放置すると…

医師女性
夜中に目が覚める症状を放っておくと、良質な睡眠がとれないことで、心や体に不調があらわれることがあります。

例えば、やる気や集中力、注意力、判断力などが下がり、勉強や仕事、日常生活や人間関係にも影響が出る可能性があります。

食欲がなくなり、食事量が減ってしまうと、栄養不足になり、身体の免疫力も下がってしまいます。倦怠感やイライラ、めまいなどを起こすこともあります。

うつ病や不眠症になった場合は、医療機関での専門的な治療をした方がよいでしょう。不調の状態のまま放っておくと、状態がさらに悪くなり生活に支障が出るだけでなく治療も長期化する可能性もあります。

早期受診のメリット

夜中に目が覚める うつ

医師女性
早期に病院を受診すると、早い段階で適切な治療をうけることにより、症状が楽に改善されたり、重症化することを防いだりできます。

症状があると感じている場合は、なるべく早めに病院を受診しましょう。
心療内科や精神科を受診するのは、ハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、重く考えず、気軽にご相談ください。

▼参考
うつ病症状の捉え方 日本医学会
http://jams.med.or.jp/symposium/full/129045.pdf
厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス総合サイト こころの健康や病気、支援やサービスに関するウェブサイト
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_depressive.html
わかりやすい病気のはなしシリーズ19 自律神経失調症
https://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf
厚生労働省 e-ヘルスネット[情報提供] 不眠症
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html

監修者

経歴

福島県立医科大学卒業
マサチューセッツ大学MBAコース在学中

「働く人を支える」薬に依存しない医療を展開する「BESLI CLINIC」を2014年に協同創設、2030年を基準に医療現場から社会を支える医療経営を実践しています。

産業医視点からビジネスマン・ビジネスウーマンを支えております。生薬ベースの漢方内科での経験を活かし、腹診を含めた四診から和漢・井穴刺絡などの東洋医学を扱い、ホルモン、生活習慣をベースに身体から心にアプローチする診療を担当。米国マウントサイナイ大学病院へ留学、ハーバード大学TMSコースを修了。TMSをクリニックへ導入、日本人に合わせたTMSの技術指導、統括を行っています。

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 7
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード