女性は膀胱炎になりやすい?抗生物質クラビットやフロモックスの役割

公開日:2018-10-23 | 更新日:2020-09-07
95
女性は膀胱炎になりやすい?抗生物質クラビットやフロモックスの役割

膀胱炎とは、尿をためる膀胱粘膜という臓器に炎症が生じる疾患です。大腸菌などの細菌感染が原因のほとんどになります。女性に発症することが多い感染症で、女性の4人に一人が一生に1回は経験する疾患です。
また、膀胱炎は再発する可能性が高い疾患のため予防がとても重要です。

泌尿器科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

男女で膀胱炎は違うの?女性に多い?

膀胱炎は男女の差がとても大きい疾患で、発症率が高いのは女性です。女性のほうが男性より尿道が短いので、膀胱炎の原因菌が尿道口付近に常在化したり、原因菌が逆行したりして膀胱に侵入しやすいためです。
また、女性は尿意があっても我慢することが多いため膀胱がのびやすくなり、膀胱内の血流量が減少して、感染を防ぐ機能が低下します。
すると細菌が増殖して膀胱炎を発症しやすくなります。

クラビット、フロモックス

膀胱炎の治療は、基本的に抗生物質の服用になります。
膀胱炎の主な原因菌は大腸菌です。
薬物療法は、大腸菌に有効な抗菌薬の「クラビット」や「フロモックス」という抗生物質を服用します。
服用期間は5日間ほどですが、症状によっては期間を延ばし7日間服用することもあります。
抗菌薬を服用すると2~3日で症状が落ち着きます。
しかし、原因菌を完全に排除するには、医師から処方された薬は最後まで飲み切ることが大切です。
クラビットは、妊婦には投与できないため、受診の際に妊娠の有無を伝えてください。

泌尿器科を探す

漢方なら何がオススメ?

まずそれぞれの膀胱炎のケースを見ていきましょう。

①妊娠中に膀胱炎を患った場合

妊娠中はホルモンや自律神経のバランスが崩れやすく、免疫力が低下しがちなので感染しやすくなります。
抗菌薬の中には、妊婦が服用しても問題ない薬もあります。
抗生物質の服用に抵抗がある方は、漢方薬で代用できる場合もあります。

②膀胱炎を繰り返してしまう場合

膀胱炎は、一度発症すると再発しやすい病気です。
再発したらまた抗生物質を服用して治療します。
しかし、繰り返し抗生物質を飲み続けると、その薬に対する耐性が大腸菌にでき、薬の効きが低下してしまうことがあります。
漢方薬は耐性ができにくく、繰り返し服用しても効果が一定に現れます。

③冷えが原因の場合

ストレス過多や過労、寝不足が原因で冷えになると、体の免疫機能が低下します。
膀胱炎になりやすいのは免疫力が低下したときなので、冷えによる免疫機能の低下を予防するために漢方薬を用いることがあります。

~おすすめの漢方薬~
  • 五淋散(ごりんさん)
    膀胱や尿道の炎症を緩和し、身体を温める漢方薬です。
  • 猪苓湯(ちょれいとう)
    利尿作用や膀胱の粘膜を保護する漢方薬です。
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
    胃腸機能を補助し、体の免疫力を高める漢方薬です。
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
    余分な水分を排せつし、体を冷えから守る漢方薬です。
  • 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
    泌尿器全般の炎症に効果が期待できる漢方薬です。

医師や薬剤師に相談し、症状に合う漢方薬を見つけて、よりよいケアをしていきましょう。

泌尿器科を探す

もうなりたくない! 慢性化を防ぐには?

①水分をとり、排尿を促進して菌を排せつしやすくする。
②尿意をもよおしたら我慢しないでトイレに行く習慣をつける。
③尿道付近は清潔さを心がけ、膀胱に菌を侵入させないようにする。
④生理用ナプキンはこまめに交換する。
⑤免疫力をつけ、細菌に負けない体を作る。

膀胱炎の原因は細菌感染によるもので、そのほとんどが大腸菌によるものです。大腸菌は、腸内部や膣(ちつ)、肛門周辺に常在しています。
睡眠不足や疲れがたまっていると、いつもより膀胱炎になりやすくなります。
膀胱炎は誰でも起こり得るので比較的身近な疾病ですが、膀胱から腎臓に菌が侵入し“腎炎”を起こすこともあります。
気になる症状があるときは、早めに泌尿器科等の医療機関を受診し治療を開始することをおすすめします。

泌尿器科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 95
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード