なぜ?便秘でおしりの奥が痛い…対処法は?生理で痛いのは婦人科疾患かも

更新日:2022-08-30 | 公開日:2020-09-17
10
なぜ?便秘でおしりの奥が痛い…対処法は?生理で痛いのは婦人科疾患かも

便秘でおしりの奥が痛い…。

不快な便秘とおしりの痛みはどのように対処すればいいのか、お医者さんに聞きました。
なかなか治らない便秘は、病気が原因の可能性もあるので、注意が必要です。

監修者
荒牧 竜太郎 先生

荒牧内科
院長

荒牧 竜太郎先生

経歴

福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

便秘でおしりの奥が痛い…これ大丈夫?

便秘とおしりの奥の痛みが一時的なもので、他に不調がない場合は、一旦様子をみてもよいでしょう。

<痛みを和らげる方法>

横になり、ひざを軽く曲げ、脱力しましょう。
おしりに力を入れないようにし、安静にしてください。

血行をよくすると痛みが和らぐので、お風呂で温めましょう。ホットタオルやカイロなどもおすすめです。
医師男性

ただし、

  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 血便や下血がある
  • 重い生理痛がある

という場合は、病気の可能性があるので注意が必要です。

考えられる2つの病気

医師男性

便秘とお尻の奥の痛みがある場合

  1. 子宮内膜症
  2. 直腸がん

の可能性があります。

①子宮内膜症

医師男性
子宮内膜症は、子宮の内側にあるはずの子宮内膜やそれに似た組織が、卵巣や卵管などの子宮の内側以外にできてしまう病気のことです。
女性ホルモンの分泌が増える20代から30代の人が発症しやすいです。

通常、子宮内膜は生理のときに剥がれて体の外に出されますが、子宮内膜症になっていると剥がれた子宮内膜が体内に残ってしまい、炎症や他の組織との癒着が起こして、痛みが生じます。

子宮内膜が直腸にできると、お尻の奥に痛みが起こります。腸管との癒着により、便秘を起こすこともあります。
直腸に癒着あると、排便時に肛門の奥の方にズキズキと痛みます。

子宮内膜症の主な症状

  • 徐々に生理痛が重くなる
  • 生理以外の時期の腹痛や腰痛
  • 性交時や排便時の痛み
  • 不妊
  • 生理の出血量が多く、レバー状のかたまりが出ることがある
  • 疲れやすい
  • 生理期間中の下血、血尿、喀血 等

※症状の出かたには個人差があり、自覚症状がない場合もあります。

自分でできる対処法

市販の鎮痛剤や便秘薬を使用することで、一時的に症状を和らげることができます。
しかし、この方法で病気自体が治るわけではないので、病院で治療を受けるようにしましょう。

婦人科を探す

②直腸がん

医師男性
肛門から一番近い直腸にがんができる病気です。

やや男性に多く、30代から増加し、高齢になるほど発症リスクが高くなります。

初期には自覚症状がないことも多く、病気が進行すると、腸の狭窄によって痛みや便秘の症状があらわれるケースがあります。

直腸がんの主な症状

  • 下痢と便秘をくりかえす
  • 便に血液が付着する
  • 下血
  • 便が細くなる
  • 残便感
  • 体重減少 等

自分でできる対処法

直腸がんは自分では対処できないため、心当たりがある場合は必ず病院を受診しましょう。

消化器内科を探す

受診するのは何科?

子宮内膜症の疑いがある場合には、婦人科を受診しましょう。

婦人科を探す

直腸がんを疑う症状があれば、消化器内科を受診してください。

消化器内科を探す

早期受診のメリット

医師男性
早めに病院を受診し、適切な治療を受けることで、不快な症状を短期間で改善できる可能性が高いです。
また、深刻な病気が原因であった場合は、早期発見に繋がり、重症化を防ぐことができます。
合わせて読みたい
排卵痛でおしりの奥が痛い…これ大丈夫?子宮内膜症の可能性も。病院行くべき?
2020-09-17
排卵痛でおしりの奥が痛い…。 この痛みは、一体なに? 排卵日の「おしりの奥の痛み」の原因を、お医者さんに聞きました。 痛みを和らげる方法と病院に行く目安も解説します。 なぜ?排卵痛でお尻の奥が痛い… 排卵痛でおしりの奥に痛みを感じる場合、子宮内膜症を発症している可能性があります。 子宮内膜症になると、本来子宮の内側にできる子宮内膜が、それ以外の場所に発生してしまいます。 子宮以外の場所にできた子宮内膜は、体外に排出されずに他の組織との癒着や炎症を起こし、痛みが生じます。 子宮内膜が、ダグラス窩と呼ばれる子宮と直腸の間のくぼみや、子宮を後ろから支えている仙骨子宮靭帯、直腸などにできると、おしりの奥が痛いと感じる可能性があります。 子宮内膜症の「症状の特徴」 子宮内膜症を発症すると、排卵日のお尻の痛み以外にも、次のような症状があらわれる可能性があります。 ある時期から、徐々に生理痛が重くなる 生理の出血量が多く、レバーのような血のかたまりが出ることがある 疲れやすい 慢性の骨盤痛 生理時期以外の腹痛や腰痛 性交時や排便時の痛み 妊娠しにくい 生理期間中の下血、血尿、喀血(子宮内膜が腸や膀胱にできた場合) 突然の激痛(チョコレート嚢腫※が破裂した場合) ※チョコレート嚢腫…子宮内膜が卵巣の中に発生し、血液が溜まっている状態 ※これらの症状の出方には個人差があります。子宮内膜症を発症していても、自覚症状がほとんどないケースもあります。 どんな人がなりやすい? 20代~30代の女性が発症しやすいです。 その他、 子宮に構造的異常がある 出産の経験がない 30歳以上で第1子を出産した 月経周期や期間が短く出血量が多い 初潮が早かった 閉経が遅い などの特徴のある女性は、発症リスクがあがります。 子宮内膜症は、生理がある女性が発症する病気なので、20代~30代でも妊娠期間の多い人はなりにくいと言えます。 痛みを和らげる方法は? 軽度の痛みに対しては、市販の鎮痛剤を使用しても構いません。また、体を温めることも痛みの緩和に繋がります。 しかし、一時的に痛みがおさまっても、病気自体が治るわけではありません。痛みが続く場合には、はやめに病院へ行って検査を受けるようにしましょう。 婦人科に行くべき?行かなくても大丈夫? 子宮内膜症は治療しないと悪化していく病気なので、一度婦人科を受診して、検査を受けることをおすすめします。 一度きりの痛みであれば様子を見るのも一つですが、お尻の奥の痛みを繰り返したり、生理の度に痛みが強くなる場合は、子宮内膜症の可能性が高くなります。 婦人科を探す 早期受診をすすめる理由 子宮内膜症は、早期に治療を開始することで、薬の服用のみで不快な症状が軽減されるケースも多く、日常生活への支障が少なくて済みます。 治療を受けずにいると、痛みがどんどん悪化して、不妊症やチョコレート嚢胞のリスクが高くなったり、手術(状態によっては、子宮や卵巣、卵管の摘出)が必要になったりするケースもあります。 子宮内膜症を疑う場合は、できる限り早く婦人科に行きましょう。 どんな検査を受けるの? はじめに問診を行い、どのような症状があらわれているのか確認します。その後、内診を行い、子宮や卵巣などの状態を確認します。 必要に応じて、 直腸診 超音波検査 MRI 血液検査 腹腔鏡検査 などを行います。 婦人科にはどんな服でいけばいい? どのような服装で受診すればよいでしょうか? 内診や検査があるため、脱ぎ気がしやすい服装がおすすめです。 できれば、パンツよりもスカートの方がよいでしょう。 生理中に行ってもいい? 生理中は避けた方がよいでしょうか? できれば生理期間を避けるといいでしょう。 というのも、生理中にはできない検査もあるからです。 その他「気をつけること」 持っていくといいものはありますか? 症状や月経周期などを記したメモなどを用意しておくと、医師に伝えやすいのでおすすめです。 その他にも注意すべき点がありましたら、教えてください。 婦人科は妊婦さん、また具合の悪い方も受診することがあるため、香水は控えましょう。 参考 公益社団法人 日本産婦人科学会 産科・婦人科の病気 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=1 一般社団法人 日本内分泌学会 子宮内膜症 http://www.j-endo.jp/modules/patient/index.php?content_id=77 日本医科大学付属病院 子宮内膜症が心配な方 https://www.nms.ac.jp/hosp/section/female/guide/cure004.html MSDマニュアル家庭版 子宮内膜症 https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/22-女性の健康上の問題/子宮内膜症/子宮内膜症
合わせて読みたい
大丈夫?生理中の「おしりから突き上げるような痛み」子宮内膜症の可能性も。病院行くべき?
2020-07-10
「生理中、おしりから突き上げるような痛みを感じる…」 「きゅーっと痛い!どんどんひどくなる!」 これらの症状は、もしかして子宮内膜症かも。 お医者さんに、症状の特徴や、病院に行く目安や治療法もご紹介します。 突き上げる痛みは「子宮内膜症」かも 子宮内膜症とは、本来ならば子宮の内側にあるはずの子宮内膜やそれと似た組織が、子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。 生理のたびに進行していく病気です。 通常、生理の際に子宮内膜は剥がれて体の外に出されますが、子宮以外の場所にできた子宮内膜は、体の中に残ったままとなります。 そのため、他の組織との癒着や炎症を起こし、痛みが生じます。直腸と子宮の間(ダグラス窩)はお尻の近くに位置しているので、この部分に子宮内膜が発生すると、おしりから突き上げるような痛みを感じることがあります。 こんな症状、思い当たりませんか? 次の症状に思い当たる場合、子宮内膜症を発症している可能性があります。 あるタイミングから、徐々に生理痛が重くなり、持続する 生理以外の時期にも腹痛や腰痛がある 性交時や排便時に痛む なかなか妊娠しない 生理の出血量が多く、レバー状のかたまりが出ることがある 年齢とともに症状が悪化している 症状の出方は人それぞれです。自覚症状を感じない人もいます。 自然に治る? この病気は慢性的なものです。 自然に治ることはありません。病院で治療を受ける必要があります。 婦人科を探す 「子宮腺筋症」という病気の場合も 子宮内膜症以外にも、子宮腺筋症の可能性が考えられます。 子宮腺筋症は、子宮内膜と似た組織が、子宮筋層(子宮の壁)内で増殖してしまう病気です。 子宮内膜症と似た症状を伴います。 症状を放置すると… 子宮内膜症を放っておくと、不快な症状やひどい生理痛によって、生活に支障をきたします。 悪化すると排便困難になる可能性もあります。 また、不妊症や、卵巣がんの発症要因となるチョコレート嚢胞(※)のリスクが高くなります。 卵巣がんを発症すると、進行具合によっては、子宮や卵巣を手術で摘出する必要も出てきます。 ※チョコレート嚢胞:子宮内膜症が卵巣に起こり、進行したもの 早期受診のメリット 早期に病院で治療を開始すれば、不快な症状を早く改善できるのはもちろん、入院や手術が必要になるほどの重症化を避けられる可能性が高いです。 子宮内膜症を疑う場合は、早めに病院に行くようにしましょう。 婦人科を探す 病院に行く目安 病院に行くべきか迷う場合は、次の症状を“受診の目安”にしてください。 あるタイミングから、徐々に生理痛が重くなっている 生理以外の時期にも腹痛や腰痛がある 性交時や排便時に痛む なかなか妊娠しない 薬で痛みが治まっても、病院に行くべき? 市販の鎮痛剤で一時的に痛みがおさまっても、病気自体が治ったわけではありません。 病院へ行って検査をし、痛みの原因を見つけ、適切な治療をする必要があります。 病院に行くべきタイミングは? 生理中にはできない検査もあるため、可能であれば生理期間を避けた方がいいです。 受診するのは何科? 婦人科を受診しましょう。 婦人科を探す 初診はどんな検査をするの? まずは問診を行います。 その後、内診や超音波検査により、子宮や卵巣の状態を細かくチェックします。 受診するとき気をつけること 内診や検査をするため、脱ぎ着がしやすい服装が良いです。 おすすめは、パンツよりもスカートです。 ※婦人科は妊婦さんが受診することも多いので、香水は控えてください。 治療方法は? 治療法は主に次の3つです。 鎮痛剤の処方 ホルモン療法 手術療法 これらの治療法の中から、患者さんのライフプランに合わせて最適なものを選択します。 1.鎮痛剤の処方 痛みがある場合、対症療法として鎮痛薬を使用して、痛みを緩和します。 薬によって痛みは和らぎますが、子宮内膜症の進行を抑えるものではありません。 2.ホルモン療法 低用量ピル等の投薬によって、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を抑えて排卵を止めたり、子宮内膜の増殖を防ぐ治療です。 3.手術療法 薬物療法がうまくいかない場合には手術を行います。その他、不妊症の場合や、年齢、腫瘍の大きさによっても手術を行うケースがあります。 子宮内膜の癒着を剥がして元の状態に戻したり、病変をレーザーで焼くなど、症状によってさまざまな手法が用いられます。 参考 公益社団法人 日本産婦人科学会 産科・婦人科の病気 東邦大学医療センター 大橋病院 婦人科 子宮内膜症について 一般社団法人 日本内分泌学会 子宮内膜症 日本医科大学付属病院 子宮内膜症が心配な方
参考
公益社団法人 日本産婦人科学会 産科・婦人科の病気
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=1
一般社団法人 日本内分泌学会 子宮内膜症
http://www.j-endo.jp/modules/patient/index.php?content_id=77
一般社団法人 日本臨床内科医会 わかりやすい病気のはなしシリーズ49 便秘
https://www.japha.jp/doc/byoki/049.pdf
日本大腸肛門病会誌 72:583-599,2019 慢性便秘症の診断と治療
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcoloproctology/72/10/72_583/_pdf
厚生労働省 e-ヘルスネット[情報提供] 便秘と食事
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-010.html
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 10
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事