膣がかゆい!痛いことも。「膣炎」はよくある病気。すぐ治ることが多いです

公開日:2020-06-12 | 更新日:2020-07-10
6
膣がかゆい!痛いことも。「膣炎」はよくある病気。すぐ治ることが多いです

多くの女性が経験する“膣炎”についてお医者さんに聞きました。
自然治癒するの?パートナーにうつる可能性はある?こういった疑問にもお答えします。
病院を受診した方がいい症状や検査について、当日の服装なども解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

婦人科を探す


監修者

石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

多くの女性が悩む「膣炎」とは

医師男性
名前の通り、細菌などによって、膣が炎症を起こしている状態のことを「膣炎」と言います。

よくある膣炎の種類は、次の3種類です。

  1. カンジダ膣炎
  2. トリコモナス膣炎
  3. 淋菌性膣炎

それぞれ詳しく解説していきます。

①カンジダ腟炎

医師男性
膣や外陰部の強いかゆみが特徴です。
ヒリヒリとした痛みを伴うこともあります。カッテージチーズ状の白いおりものがでます。

誰にでも発症する可能性のある病気で、膣炎の中で最も発症頻度が高いです。
常在菌※の一種であるカンジダ・アルビカンスという真菌が膣内で過剰に増えることで発症します。

発症しやすい人

  • 免疫力が下がっている方
  • 抗生剤を内服している方
  • 妊婦さん
  • 糖尿病の方
  • 睡眠不足の方

自然に治る?

医師男性
免疫力が回復すれば自然に治ることもあります。

しかし、病院に行かずに自然治癒を待っていると、症状の悪化を招いたり、他の病気を見逃す可能性もあります。

パートナーにうつる?

医師男性
パートナーにうつる可能性は低いですが、ゼロではありません。

治るまでは性交渉を行わないようにしましょう。

また、カンジダ膣炎は、再発の場合であれば、市販薬の購入も可能です。一度病院で治療を受けたことのある方は、薬局やドラッグストアで薬剤師に相談してみるのもいいでしょう。

②トリコモナス膣炎

医師男性
細かい泡が混じったおりものが出たり、出血したりします。生臭いにおいがすることもあります。陰部のかゆみ性交時の痛みを感じる場合もあります。

トリコモナス原虫に感染することで発症します。性交渉による感染が多いですが便器や浴槽、下着、タオルを介して感染することもあります。

発症しやすい人

年代に関係なく、発症します。
性交経験のない女性や幼児にも感染者がみられます。

自然に治る?

医師男性
自然に治る可能性は低く、再発も多い病気です。

上記した症状があるようであれば、早めに病院を受診しましょう。また、再発予防のためにも、パートナーといっしょに治療する必要があります。

パートナーにうつる?

医師男性
トリコモナス膣炎はパートナーに感染することがあります。

治るまでは性交渉を行わないようにしましょう。

③淋菌性腟炎

医師男性
自覚症状がないことも多いです。
感染が進行すると、黄色っぽいおりものかゆみの症状が出たり、性交時に出血する、下腹部右上腹部が痛む場合があります。

淋菌に感染することで発症します。性交渉による感染が多いです。
また、妊婦が感染すると、出産の際に赤ちゃんに感染して、結膜炎を引き起こします。

発症しやすい人

20代の方に多く見られる病気です。

自然に治る?

医師男性
患者さんの半数は無症状です。自然に治る可能性は低いです。

上記した症状があるようであれば、早めに病院を受診しましょう。

パートナーにうつる?

医師男性
パートナーに感染する可能性が高いです。

治るまでは性交渉を行わないようにしましょう。また、再発予防のためにも、パートナーといっしょに治療を行ってください。

自分でできる対処法はある?

医師男性
デリケートゾーンを清潔に保しましょう。

膣内を過剰に洗うと自浄作用が低下しますので、洗いすぎには注意してください。

病院を受診する目安

病院

  • おりものの状態がいつもと異なる。
  • かゆみや痛みがある。
  • パートナーが感染している。
  • 不正出血がある。

早期受診のメリット

医師男性
膣炎は、病院で適切な治療を受ければ、すぐに治ることが多い病気です。

その他にも、早期受診には以下のようなメリットがあります。

  • 炎症が拡がるのを防ぐ
  • 再発を防ぐ
  • 出産時の赤ちゃんへの感染を予防
医師男性
放置すること悪化してしまうのはもちろんのこと、パートナーに感染させてしまったり、不妊やより重篤な病気につながったることもあります。

「おかしいな」と思ったら、早めに受診するようにしましょう。

婦人科を探す

診察時、お医者さんに伝える5ポイント

病院

  1. どんな症状があるのか
  2. いつから症状があるのか
  3. どんな時に痛むのか
  4. おりものに変化がある場合、どんな色・におい・状態・量だったか
  5. 妊娠の有無

受診の際に気をつけること

医師男性
内診や検査をするため、着脱がしやすい服装・靴がよいでしょう。

パンツスタイルよりもスカートがおすすめです。また、妊婦さんに配慮して、香水は控えてください。

内診や検査は痛くない?

医師男性
痛みの感じ方には個人差があるので一概には言えませんが、内診の際、あまり緊張せずにリラックスして臨めば、痛みを感じることは少ないです。

顕微鏡検査や培養検査は、綿棒で膣内を軽くこするだけなので、ほとんど痛みはありません。

生理中に受診してもいい?

医師男性
生理中にはできない検査もありますので、避けたほうが良いでしょう。

参考
NIID 国立感染症研究所 淋菌感染症とは
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ra/gonorrhea/392-encyclopedia/527-gonorrhea.html

婦人科診療ガイドライン2017
日本産科婦人科学会


監修者

石野 博嗣 先生

石野医院

石野 博嗣先生

経歴

医療法人社団 石野医院
日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

30代「そろそろちゃんと肌ケアを始めたい」方へ
POLA

「年を重ねてから、後悔したくない」
「違いを実感できるコスメを探している」

という方におすすめなのが、
POLAの肌研究を集結させた「B.A」ブランド。

現品10万円以上の商品を、約1万円でお試しできるトライアルセットがあります。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 6
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード