しっかり休んだつもりなのに眠い朝。慢性疲労の解消法、教えます!

公開日:2018-11-07 | 更新日:2020-08-27
8
しっかり休んだつもりなのに眠い朝。慢性疲労の解消法、教えます!

十分に休養は取っているのに、なんとなく怠(だる)く、疲れやすくなったように感じることはありませんか。
そういうときは、休んだつもりでも体が休まっていなかったり、疲労がたまって体が休むように合図を出していたりすることがあります。
誰にでも、疲労は慢性的に蓄積されます。

内科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

しっかり休んでも体調が戻らない

慢性疲労を簡単に説明すると、次のような症状を言います。

  • なんとなく怠いような状態が続く
  • しっかりと休養をとったのに疲労感が抜けない
  • 朝起きるのがしんどい
  • 風邪ではないのに37度以上の微熱が数日続く

これらの原因の多くはストレスが関係しています。
ストレスは大きく三つに分けられます。

  • 精神的なストレス
  • 身体的なストレス
  • 環境からくるストレス

ストレスがたまると体の免疫力が低下します。
すると、しっかり休んでも体調が元に戻るスピードが遅くなったり、風邪などのちょっとした病気にもかかりやすくなったりします。

眠気を覚ますにはどうすればいい?

慢性疲労になりやすい人は、無理なスケジュールを組みがちです。
まじめな性格で我慢強く、知らないうちにストレスをため込むことがよくあります。
まずは、スケジュールに無理がないか見直してみましょう。

そして、その日の疲れはその日のうちにとるように意識しましょう。
身体的なストレスだけでなく精神的なストレスも体には負担になります。

体を休めても脳が休まっていないというケースもあります。
何が自分にストレスを与えているのか考え、ストレスや体に負荷をかけている環境を変えられるのであれば、環境を整えるようにしましょう。

また、体を動かすとストレスを発散できることもあります。
ストレッチをしながらゆっくりと深呼吸すると、自律神経のバランスが整います。
椅子に座りっぱなしなど、長時間同じ体勢でいるのはよくありません。
職場でも、合間に深呼吸やストレッチを取り入れてみましょう。

生活習慣を見直しても慢性疲労が改善されないときは、漢方薬を使用してみてもいいかもしれません。
医師に相談してみましょう。

一人で悩んでいると症状が悪化することもあるので、まずは病院で相談してみるのも大切なことです。

内科を探す

 まとめ

誰にでもストレスはあるものですが、ストレスが過剰になると疲労が重なり、日常生活に支障をきたすこともあります。
気がかりなのは、ストレスで病気になってしまうことです。

そうならないように、仕事とプライベートのオンとオフをうまく切り替えましょう。
気の置けないお友だちと話したり、趣味に没頭したり、デスクワークの方はストレッチを行って体を動かしたりとリフレッシュするといいですね。

慢性疲労にならないよう、自分のリフレッシュ方法を見つけましょう。

内科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 8
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード