歯磨きで出血する8つの理由|親知らず?ストレス?血は出した方が良いって本当?

公開日:2020-04-22 | 更新日:2020-12-14
19
歯磨きで出血する8つの理由|親知らず?ストレス?血は出した方が良いって本当?

歯磨きをすると血が出る…。
毎日歯茎から血が出たり、大量に出血したりすると心配になりますよね。
一方で、歯磨きのときに出る血は、そのまま出した方が良いという噂も耳にしたことはありませんか?
歯磨きをすると血が出る主な原因について解説します。

大人の歯は一生ものです。
歯磨きの際出血がある方は、ぜひ参考にしてみてください。


監修者

菊地 由利佳 先生


歯科医

菊地 由利佳先生

経歴

歯は健康に欠かせません。美味しいものを食べる・会話をする・美しい表情を保つ…、健康な歯は人生の質を高めます。歯の正しい知識を知って、より健康な日々を手に入れましょう。

歯磨きをすると血が出るのはなぜ?

歯磨きをすると血が出る主な原因を解説します。

血が出る主な原因

歯周病

医師女性
歯周病は、歯と歯茎の際部分に歯垢が付着し、細菌が増殖することで歯茎周囲に炎症が起きている状態です。

歯周病は歯肉炎歯周炎に大きく分かれています。
歯周病になると炎症に伴い歯茎が腫れ、赤くブヨブヨした状態になり出血しやすくなります。炎症部分をブラッシングすると歯茎が弱っているため出血が起こります。

<歯肉炎>
初期の歯周病・歯茎のみの炎症

<歯周炎>
歯茎の周りに炎症が広がり、歯を支える骨を溶かす

虫歯

医師女性
大きな虫歯で、歯がほぼ残っていない場合、歯茎が残っている歯を覆うように虫歯が増殖し、出血しやすい状態になることがあります。

小さな虫歯でも、歯茎に近い部分の虫歯や歯と歯の間の虫歯では歯茎付近に歯垢が溜まったり、食べ物が挟まりやすくなることで、歯茎に炎症が起こり出血しやすくなります。
虫歯の進行に伴い、歯周病も進行する場合があり、歯茎から出血が起こるケースがあります。

歯の被せ物や詰め物が合っていない

被せものが合っていないと、歯茎を圧迫したり歯と詰め物の隙間に歯垢や食べカス等が溜まることで出血する場合があります。

ストレス、体調不良、過労

医師女性
過剰なストレスを抱えている、風邪等の体調不良、過労等が原因で出血する場合があります。

このような状態のときは、免疫力が低下している場合が多く、細菌に負けてしまうため、炎症が起きやすくなっています。

歯間に何かが詰まっている

医師女性
食べカス等、何かが歯と歯の間に詰まっていると、歯茎が押されて傷が付き出血を起こす場合があります。

また、長期に渡り異物が詰まっているため、その部分に集中して菌が増殖し炎症を起こし、出血する場合もあります。

親知らず(智歯周囲炎)

医師女性
親知らずがまっすぐに生えず、歯茎に細菌が入り、炎症を起こす智歯周囲炎になることがあり、その際に出血することがあります。

痛みや膿がでることもありますが、悪化すると、腫れたり、発熱したりすることもあります。
また、親知らずを抜歯した後も出血がしやすいです。

歯ブラシが合っていない

医師女性
元々歯茎が弱い人は、固い歯ブラシの使用で出血する場合があります。

固い毛の歯ブラシや必要以上の力で歯磨きを行うと歯茎を傷つけてしまい、出血させてしまいます。

全身因子

医師女性
糖尿病、骨粗鬆症、高血圧、妊娠等が原因で出血が起こる場合があります。

また、内服薬によっては、副作用で歯茎が腫れたり、出血しやすくするものもありますので確認が必要です。

子どもや赤ちゃんは出血しやすい

歯磨き

医師女性
小さい子どもや赤ちゃんは、歯茎の皮が薄く弱いため、歯磨きの際、力を入れ過ぎたり、歯ブラシを動かしすぎたりすると傷つけて出血が起こる場合があります。
優しく丁寧な歯磨きを根気よく続けていくことが大切です。

また赤ちゃんの場合、毎回無理に歯ブラシを使わずに、清潔な綿棒やガーゼに水を付けてやさしく歯垢を拭きとってあげる方法もおすすめです。

妊娠すると出血しやすくなるワケ

妊娠するとホルモン量が変化し、唾液のPH(水素イオン濃度)が低下し酸性に傾いたり、妊娠によるつわりや間食の増加等により歯磨きが不十分になったりします。
すると、歯垢が付きやすくなり、歯周病を発症して出血する場合があります。これを妊娠性歯肉炎といいます。

血が出るのは良いことって本当?

医師女性
あえて血を出した方が良いとはいえません。

しかし、出血するからと歯磨きをしないでいると、炎症はどんどん悪化します。
出血が起こるのは、炎症部分に歯磨きで除去できなかった歯垢(細菌)が残っているからです。
そのため歯磨きをしっかり行い、歯茎の血行、新陳代謝を促し、歯茎を引き締めると、炎症や腫れの抑制につながり、出血が徐々に治まると考えられています。

歯磨きによる出血は自然に治る?

医師女性
ストレス、体調不良、寝不足、過労等が原因で出血が起きている場合は、一時的なものであるケースが多いため、それらの状況の改善に伴い出血も止まると考えられています。

また、歯肉炎や初期の歯周炎の場合は、磨き残しをしない丁寧な歯磨きを徹底し、歯垢を除去すると出血の改善が期待できます。

血が出ないための予防法

歯ブラシ

普段の正しいケアで血が出ないように予防することができます。
正しい歯磨きの仕方やおすすめの歯磨き粉をご紹介するので、ぜひ役立ててくださいね。

正しい歯の磨き方

  • スクラビング法

① 鉛筆を持つ要領で歯ブラシを持ち、毛先が曲がらない程度の弱めの力で歯を磨く。
② 歯ブラシの毛は、歯と歯茎に対し直角に当てて、3mmほどの細かさで前後に動かす。
③ 一度に磨く歯の本数は1~2本とし、一箇所20回以上細かく振動させて磨く。
④ 奥歯や歯の裏側等、毛先を当てにくい部分は、45度を目安に歯ブラシを当てるようにする。

おすすめの歯磨き粉

医師女性
出血があるときは歯茎を傷つけないよう、歯磨き粉は研磨材の入っていないものやジェルタイプのものにしましょう。

歯周ポケットの清潔を維持し、歯周病を発症しないようにするには、浸透殺菌作用を持つイソプロピルメチルフェノール(IPMP)塩酸クロルヘキシジン等の薬用成分配合のタイプがおすすめです。
また、歯茎細胞を活性化させて歯茎組織を修復する成分であるアラントインや、歯茎の腫れ、出血を抑制するトラネキサム酸(抗炎症成分)を配合している歯磨き粉もおすすめです。

こんな症状があったら歯医者へ

医師女性
歯周病は早期発見、早期治療開始がとても重要です。

次のような症状がある場合は、歯医者を受診しましょう。

歯科を探す

虫歯が原因で歯茎から出血している

大きな虫歯になっていて歯が破壊されている場合、歯茎が腫れて出血している恐れがあります。

歯周炎を起こしている

歯周病由来の出血や歯茎から膿が出る場合、歯がぐらぐらする場合、歯が浮いているように感じる場合、歯茎が腫れて痛みを伴う場合等には歯科医院を受診してください。

何らかの病気の可能性が疑われる

歯茎からの出血が止まらない場合、血液の病気や悪性腫瘍の可能性があるため、念のため歯科医院を受診してください。

参考
https://www.jsoms.or.jp/public/soudan/ha/hareta/
公益社団法人 日本口腔外科学会 歯と歯茎のトラブル
https://www.dent-kng.or.jp/qa/166/
一般社団法人 神奈川県歯科医師会Oral Health Online  歯科診療について:口の中の病気
http://www.nda.or.jp/cgi-bin/faq/soudan.cgi?kate=200504&faq=2
長崎県歯科医師会 お口のQ&A
https://www.apha.jp/medicine_room/entry-3738.html
一般社団法人 愛知県薬剤科医 20.歯周病
https://www.aomori-da.org/oral-cavity/
一般社団法人青森県歯科医師会 お口の中の病気
https://systema.lion.co.jp/shishubyo/yobo/selfcare/hamigaki.htm
ライオン株式会社 歯周病について
http://www.perio.jp/qa/prevention/
特定非営利活動法人 日本歯周病学会 歯周病Q&A
https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/care/01.htm
公益財団法人 ライオン歯科衛生研究所 歯ブラシでのみがき方基本
https://www.jda.or.jp/park/trouble/index_04.html
歯とお口のことならなんでもわかる テーマパーク8020お口の病気と治療
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 19
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード