【気圧の変化と頭痛の関係】原因は?対策や治し方を医師が解説

公開日:2019-09-12 | 更新日:2020-07-31
118
【気圧の変化と頭痛の関係】原因は?対策や治し方を医師が解説

気圧配置の変化が、頭痛と関係があるのをご存知でしたか?
“天気痛”という言葉があるほど、気圧は頭痛との関係が深いです。気圧変動が原因の頭痛の治療には、薬は使えるのでしょうか?
今回は、気圧によって引き起こされる頭痛の原因や症状、予防対策から治療までご説明します。

内科・脳神経内科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

気圧の変化による頭痛が起こる原因

気圧の変化を感じ取る器官は耳の中、内耳にあります。
気圧の変化に対して、人間の身体は、まず内耳で気圧の変化を感じ取り、交感神経が活発になり亢進(こうしん)します。
交感神経が亢進すると、ノルアドレナリンという神経物質を分泌し、体温を上昇させたり、血管を収縮させたりする機能があります。
つまり、身体は気圧の変化に敏感なので、気圧によって自律神経が乱れ、頭痛が起こると考えられています。

気圧の変化で発症する【気象病】

気圧・湿度の変化によって起こる病気を気象病と呼び、天気によって悪化する症状が出る痛みを、天気痛と呼ぶことがあります。
天気痛で代表的なのが頭痛ですが、頭痛の他にも気圧や湿度変化によって起こる病気・症状は、以下のようなものがあります。

  • 首の痛み
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 気管支喘息
  • 関節痛
  • 神経痛
  • 古傷の痛み
  • 鬱、不安症

自律神経が関係するため、精神病にも関係があるようです。
また、飛行機に乗った時、離陸するときに耳がキーンとなります。これには、耳鳴りがそのまま治らなくなることもあり、気圧の感覚器官が内耳であることが関係しています。

気圧 頭痛03

治療法と対策

気象病の治療は、気象病と気付かずに受診することがあるため、初めは適した治療がされないまま過ごしてしまうこともあるかと思います。
気象病が原因であると気づくことができれば、症状も改善されるでしょう。
もともとある持病に関しては、それぞれに対応した治療が必要になります。

気象病の治療

気象病は、内耳のセンサーが敏感になっている状態のため、正常な反応にするための治療を行います。予兆として、めまいが起こることがあります。このめまいを抑えるための薬や、自律神経を整える漢方薬によって治療を行います。

内科・脳神経内科を探す

対策

症状の予防や、傾向を見て事前に対策をすることもできます。

  • 頭の血行を改善する。耳全体(耳介)を掴み、やさしく全体をくるくる、回すようにマッサージ。
  • 充分な睡眠
  • ぬるい温度での入浴
  • 適度な運動、首や肩のストレッチ
  • 日記やアプリで気圧の変化を記録し、備える

気圧 頭痛05

日常では何に気をつければいいの?

気象病の予防には日ごろからストレスを減らしたり、よく睡眠をとるとよいでしょう。
また、頭痛にも前兆があるように、気象病の症状にも予兆があるといいます。
天気と体調、症状などを日記につけたり、アプリで気圧の変化をチェックするのもおすすめです。
症状がいつ、どのタイミングで出るのか、めまいが起こる傾向をつかめば薬で対処することも可能でしょう。

気圧 頭痛04

痛みを蓄積した身体は、痛みに対して敏感になっています。
しかし、自分に起こっている症状の傾向を知ることで対策もできます。
自律神経を整えるためには、睡眠、運動も大切です。
規則正しい生活を心がけましょう。

喘息の発作も気圧と関係する?

気圧と喘息の発作に関係があるの?と思いますが、実際には気圧によって変わる、急激な気温の変化が関係してきます。

気圧変動による「放射冷却」

気圧 頭痛02
昼間、太陽にカンカンに照らされ、暑くなっていた地面が、夜になるとひんやりしていますよね?
高音の物体が周囲に電磁波を放射して温度が下がることを「放射冷却」と言います。
高気圧に覆われた時、放射冷却によって地上の空気も冷やされます。
秋から冬にかけてこのような気温になり、日中よりも夜の方が寒くなるのです。
冬の夜明けから朝にかけても、とても冷え込みますが、この冷え込んだ空気が関係してきます。

気温差による刺激

冷え込んだ空気が気管支を刺激し、喘息の発作が起きることがあります。
特に冷え込んだ朝には、喘息の発作に気をつける必要があるでしょう。
なぜなら、夜寝ているときは、リラックスしている状態で、副交感神経が優位になっています。
副交感神経が優位の時は、気管支は狭くなっています。そのため、深呼吸するときや、息を吸うときに、気管が少し狭く感じやすくなっているのです。
逆に、交感神経が優位の時は、興奮した時や、発汗している時など、気管支も広がっています。

喘息の方は特に敏感

喘息持ちの方は、健康な人に比べて、鼻から気管支までの、空気の通り道であるが狭くなっている傾向があり、少しの刺激にも反応してしまいます。
喘息の発作が起きないよう、室温の管理や保湿が大切です。

<参考>
痛み・鎮痛の基本の仕組み[第2版]/伊藤和憲 著/秀和システム 発行


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

最近、痩せにくくなったな…
カロリミット(FANCL)

「なんだかぽっこりしてきた」
「甘いものも脂っこいものも大好き!」

シリーズ累計販売5,400万個突破の「大人のカロリミット」が、通販限定・初回限定でお得にお試しできます。

継続的に使うのがおすすめ。
なるべく早くスタートして習慣化するのが吉です。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 118
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード