なぜ?脇の下のリンパが痛い…腫れや熱は大丈夫?病院は何科?医師監修

公開日:2021-03-05 | 更新日:2021-10-22
102
なぜ?脇の下のリンパが痛い…腫れや熱は大丈夫?病院は何科?医師監修

脇の下のリンパが痛い…!

痛みの原因は何なのか、お医者さんに聞きました。
「痛みを緩和する方法はある?」「病院は何科?」などの疑問にもお答えします。

乳がんが隠れているケースもあるため、しこりがある方は要注意です。


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

脇の下のリンパが痛い…これはなぜ?

医師男性
体に侵入したウイルスや細菌と戦うために、リンパ節が活発に働いている可能性が高いです。
これにより脇の下のリンパ節が腫れ、痛みが起こっていると考えられます。

また、脇の下の痛みはリンパ節が原因でない場合もあります。
女性ホルモンなどが影響し、乳腺によって痛みが起こっているケースもあります。

脇の下の痛みは、何科を受診すればいい?

医師男性
女性は婦人科を受診しましょう。
男性は内科を受診しましょう。

病気が隠れていた場合、早期に治療を開始することで、悪化を防ぎやすくなります。

婦人科・産婦人科を探す

内科を探す

脇の下の痛みでよくある2つの原因

医師男性

脇の下が痛む場合、

  1. 生理(女性ホルモンの影響)
  2. 風邪(リンパ節炎)

といった原因が考えられます。

原因① 生理(女性ホルモンの影響)

医師男性
ホルモンバランスが変わる生理前に、乳腺が発達して腫れ・張りが起こることがあります。
乳腺が腫れるとその回りの影響が出て、脇の下に痛みを感じやすくなります。

また、乳腺に関わる原因として挙げられるのが、“副乳”の腫れです。
乳腺の発達伴って副乳も発達し、脇の下の痛みを引き起こすケースもあります。

副乳ってなに?

 

人類の進化過程で残った乳房の痕跡です。
多くの場合、脇の下や肋骨周辺にあります。
※有無には個人差があり、副乳がない人もいれば、両側、片側にある人もいる。

痛みを緩和する方法は?

医師男性
水で濡らしたタオルなどを脇に挟み、10分程度冷やしましょう。
冷やすと腫れの広がりを抑えられるため、痛みが和らぎやすくなります。

強く触ったり、揉んだりすると悪化するので、触らないようにしましょう。
また、体を温めると痛みが強まるので、激しい運動長時間の入浴は避けてください。

病院に行く目安

医師男性
脇の下の痛みがつらい場合は、婦人科・産婦人科で相談するとよいでしょう。
また、しこりがある方は、乳がんの可能性も考えられるため、念のため受診することをおすすめします。

乳がんのしこりの特徴

  • かたいしこり
  • 表面がでこぼこしている
  • 触っても動かない
    など

婦人科・産婦人科を探す

原因② 風邪(リンパ節炎)

医師男性
風邪を引くと、リンパ節に炎症が起きて脇の下がズキズキ痛む場合があります。
これは体に侵入したウイルスや細菌を侵入させまいと、リンパ節が活発に働いている証拠です。

触らなくても痛い、押すと痛いなど、リンパ節炎の程度によって痛みの感じ方は異なります。

風邪の場合はこんな症状を伴います

  • 発熱
  • 食欲の低下
  • のどの痛み
  • 鼻水
  • 頭痛
  • 腹痛、下痢
  • 吐き気、おう吐

痛みを緩和する方法は?

医師男性
水で濡らしたタオル保冷剤を使って、脇の下を10分程度冷やしてください。

また、風邪のときは消化のいい食べ物を食べて、睡眠をとることが大切です。
ゆっくりと体を休ませ、細菌・ウイルスと戦う免疫力を高めましょう。

病院に行く目安

医師男性
  • 40度以上の高熱が出ている
  • 腫れがひどく腕を上げられない

といった場合は、早急に内科を受診しましょう。

この場合「蜂窩織炎」や「亜急性壊死性リンパ節炎」など、他の病気の可能性もあります。

内科を探す

この症状は要注意!乳がんの可能性も

脇の下 リンパ痛い

医師男性

脇の下の痛みに加え

  • 乳房にひきつれやえくぼがある
  • 乳房の形が左右非対称になる
  • 乳頭から分泌物が出ている(血が混じったような色)
  • 乳房にしこりがある

といった症状に心当たりがある方は、乳がんの疑いがあります。

乳がんで脇の下に痛み感じる場合、病気が進行している危険性があります。

「乳がんかもしれない…」と思った方は、早急に婦人科か産婦人科、乳腺外科を受診してください。

※乳腺炎の可能性もあります

 

乳房にしこりが現れる病気には、乳腺炎もあります。
乳腺炎は、乳腺が詰まって炎症を起こしている状態で、乳房の腫れや痛みなどが起こります。
主な原因は“乳腺の詰まり”で、授乳中に発症しやすい点が特徴です。

婦人科・産婦人科を探す

乳腺外科を探す

合わせて読みたい
2歳 食事
2021-03-26
「脇の下が痛い…!」「しこりはないけど、大丈夫?」痛みの原因や何科を受診するべきかを、医師が解説します。
合わせて読みたい
脇の下に柔らかい腫れ
2021-03-26
「脇の下に柔らかい腫れができた…」腫れの原因と医療機関は何科に行くべきかを、お医者さんに聞きました。乳がんなど重い病気の可能性もあるので要注意です。

※記事中の「病院」は、クリニック、診療所などの総称として使用しています。


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 102
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード