お酒に強くなる方法のウソ・ホント!毎日の飲酒や筋トレは?薬は効く?

公開日:2020-01-24 | 更新日:2021-04-28
41
お酒に強くなる方法のウソ・ホント!毎日の飲酒や筋トレは?薬は効く?

お酒を飲むと、すぐに酔ってしまって楽しめなかったり、具合が悪くなってしまったり…。
「もっとお酒が強かったら…」と思うことはありませんか?
この記事では、お酒に強くなるにはどうしたら良いのか、また、強くなると言われている方法の真偽について解説します。
おすすめの薬やサプリメントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


監修者

神原 李奈 先生

株式会社Luce
栄養士・食育栄養インストラクター

神原 李奈先生

経歴

株式会社Luce・健康検定協会 所属
CA(客室乗務員)の仕事をきっかけに、健康と食の強い結びつきを実感し、食の世界に興味を持つ。大手料理教室の講師の経験を経て、栄養士を目指すことに。栄養士免許を取得後の現在は、現役CAとして世界中を飛び回りながら、栄養士として健康や食に関する情報を発信している。

お酒に弱い人が強くなれる可能性は?

専門家女性
アルコール代謝能力は、性別、年齢、体質、体調などにより個人差がありますが、基本的に強くなるとは考えにくいです。

長い期間飲み続けると強くなったと感じる場合も

体に吸収されたアルコールは、通常肝臓でアルコール脱水素酵素とアセトアルデヒド脱水素酵素により、代謝されます。
しかし、長期間連続でアルコールを摂取した場合、他の酵素による代謝が促進されるため、強くなったと感じることがあります。

お酒に強くなる方法のウソ・ホント

吐くと強くなる!?

専門家女性
ウソです。
繰り返し吐いていると、食道と胃の境目部分が出血することもあります。
お酒に強くなることを目的に、吐く行為はやめてください。

また、吐いてスッキリしたからといって、その後も飲酒を続けるという行為は危険です。
吐くことで胃や食道が強酸にさらされ、荒れる原因となります。

毎日お酒を飲むと強くなるって本当?

アルコール代謝能力があがることは基本的にはありません。
先述したように、毎日お酒を飲んだからといって強くなるということは考えにくいでしょう。

専門家女性
しかし、長い期間お酒を飲み続けた場合、別の酵素による代謝が促されるために、強くなったと感じる可能性があります。
 

筋トレをするとお酒に強くなる?

筋トレ

筋トレをしてもアルコール代謝能力が上がるわけではありません。
しかし、体の大きい人は体内の水分量も多く、アルコール濃度が上がりにくいため、お酒に強い傾向はあります。

体脂肪が多いとアルコール濃度が高くなりやすい

ただし、体が大きくても脂肪の多い人は、アルコール濃度が高くなりやすいと考えられます。
というのも、アルコールは脂肪に溶けにくい性質を持ち、体脂肪の多い人は少ない人に比べて相対的に水分量が少なくなるからです。

出産後はお酒が強くなるって本当?

ウソです。
出産することでアルコール代謝能力があがることはありません。

お酒に強くなる手術や注射ってあるの?

専門家女性
残念ながら、現在そのような手術や注射はありません。

肝機能改善注射やニンニク・ビタミン注射などは、肝臓の働きをサポートしたり、二日酔いの予防・改善には作用します。
しかし、決してお酒に強くなるためのものではありません

お酒に強くなる・酔いにくくする方法

これまでお伝えしたように、根本的にアルコール代謝能力を上げ、お酒に強くなることは難しいです。
ただ、飲み方や食事により酔いにくくするなどの対策はできます。

薬やサプリメント

サプリメント

専門家女性
根本的にお酒に強くなるわけではないという前提ですが、ヘパリーゼはアミノ酸を多く含むため、アルコールの代謝を助ける可能性はあります。
肝臓エキスやオルニチンを含有するサプリメントも、アルコール代謝を助けて酔いにくくするので、健常者の服用はおすすめです。

ウコンなどの栄養ドリンクは?

ウコンは肝臓保護作用があると言われていますが、今のところヒトでの研究結果がありません。
前述したように、肝臓エキスやオルニチンを含む栄養ドリンクは、アルコール代謝を助けて酔いにくくしてくれるでしょう。

お酒に酔いにくくなる飲み方

お酒に強くなることはできなくても、酔いにくくすることは可能です。
次のようなことに気を付けましょう。

大量に飲まない

たくさん飲めば、当然ですが酔います。また、飲みすぎは二日酔いを招きます。

厚生労働省が示している「節度ある適度な飲酒」とは、一日当たり平均して純アルコール20g程の飲酒です。
では、純アルコール20g程とはどのくらいの量なのでしょうか?

お酒の種類ごとにご紹介しますので、一日当たりに飲む量の目安として参考にしてみてください。

<一日当たりの目安量>

  • ビール中瓶
    1本(500ml)純アルコール20g

  • 清酒
    1合(180ml) 22g

  • ウィスキー、ブランデー
    ダブル(60ml)純アルコール 20g

  • 焼酎
    1/2合(35度90ml)純アルコール25g

  • ワイン
    2杯  純アルコール24g
専門家女性
あくまでも目安なので、個人差があります。
普段お酒をあまり飲まない人、アルコールの代謝能力が低い体質、女性、高齢者はより少ない量が良いでしょう。

ゆっくり飲む

時間をかけて飲むことで、お酒を大量に飲むことを防ぐことができます。

水やお茶を飲む

血中のアルコール濃度を下げるためにも、お酒ばかり飲まずに、水やお茶も飲みましょう。
脱水症状の予防にもなります。
アルコール度数を下げられるのでおすすめです。

飲酒の前に食べる

空腹でお酒を飲むと、アルコールの吸収が速く、酔いやすくなります。
胃の粘膜も傷つけることになるので、何かお腹に入れてから飲むようにしましょう。

お酒に酔いにくくなる食べ物

専門家女性
お酒を飲む時は、一緒におつまみを食べる事で、アルコールの吸収を抑えたり、肝臓の機能を助けたりできます
  • 刺身、カルパッチョ、から揚げ、焼き鳥、卵焼き、チーズ、枝豆、冷ややっこなど
    アミノ酸を含むたんぱく質が多く、アルコール代謝を助けます。

  • チーズ、ナッツ、レバーパテ、揚げ物、アヒージョなど
    脂質を多く含み、胃の粘膜保護、アルコール吸収抑制に繋がります。

  • 豚の角煮、鰻の蒲焼、焼きたらこなど
    アルコール代謝に必要なビタミンB1を含みます。

  • 貝の酒蒸し、いくら、レバー焼きなど
    肝機能を助けるビタミンB12を含みます。

《参考文献》 

アルコール代謝
慶応義塾大学病院 医療・健康情報サイト KOMPAS
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/medical_info/about_medicine/care/alcohol.html
医歯薬出版株式会社 NEW エッセンシャル 法医学
https://www.ishiyaku.co.jp/corrigenda/731890/731890_01.pdf
サッポロホールディングス株式会社 上手な飲み方、付き合い方 酔いの仕組みとアルコール代謝
https://www.sapporoholdings.jp/csr/alcohol/drunkenness.html
アルコール 食道
厚生労働省 e-ヘルスネット[情報提供] アルコールの消化管への影響
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-010.html
飲酒量の目安
厚生労働省 e-ヘルスネット[情報提供] 飲酒量の単位
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-02-001.html


監修者

神原 李奈 先生

株式会社Luce
栄養士・食育栄養インストラクター

神原 李奈先生

経歴

株式会社Luce・健康検定協会 所属
CA(客室乗務員)の仕事をきっかけに、健康と食の強い結びつきを実感し、食の世界に興味を持つ。大手料理教室の講師の経験を経て、栄養士を目指すことに。栄養士免許を取得後の現在は、現役CAとして世界中を飛び回りながら、栄養士として健康や食に関する情報を発信している。

「なかなか痩せない」とお悩みの方へ

ライザップ

「ダイエットが続かない!」
「今年こそ、理想のカラダになりたい!」

そんなあなたには…
今こそライザップ!
#PR

「ライザップ」 詳しくはこちら

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 41
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

キーワード