なぜ?お酒を飲むと頭痛が起こるワケ【5つの治し方】薬は飲んでも良い?

公開日:2020-02-05 | 更新日:2020-08-03
408
なぜ?お酒を飲むと頭痛が起こるワケ【5つの治し方】薬は飲んでも良い?

お酒を飲みすぎたとき、二日酔いの症状として多く出る「頭痛」。
中には、飲酒している最中から頭が痛むという方もいるでしょう。
ズキズキ痛くて眠れないほどの場合は、市販の頭痛薬を飲んでも良いのでしょうか?
この記事では、アルコール頭痛の原因と治し方、さらに頭痛が起きたときのNG行動まで、詳しく解説します。

内科・脳神経内科を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お酒を飲むと頭痛が起こる理由

シャンパン

医師男性
お酒を飲むとアルコールを分解しようとして肝臓が働きますが、その副産物として「アセトアルデヒド」という物質が生まれます
このアセトアルデヒドは二日酔いの原因で、お酒を飲んだ後の頭痛もこの物質によって現れます

頭痛の他にも、動機、吐き気、胃もたれ、胸焼けなどの症状を誘発します。

頭が痛くなるとき、痛くならないときの違い

医師男性
体調により、頭痛が出るときと出ないときがあります

また、アセトアルデヒトによって 症状として現れるのが頭痛であったり胃痛であったりとブレはあります

最近になって頭痛が起こるようになった理由は?

疲れ・老化によって肝機能が落ち込んでいくと二日酔いしやすくなることも多くあり、頭痛が出やすくなってしまう人もいます。

頭痛薬を飲んでも良い?

薬

頭痛がつらく、生活に支障がある場合は頭痛薬や鎮痛剤を使用してください。

お酒による頭痛におすすめの市販薬

医師男性
市販薬では、「ロキソニン」「イブ」「バファリン」 など、多くのものが使用可能です。
使用量、用法を必ず守って使用してください。

また、空腹時に薬を飲むことはなるべく避けましょう
二日酔いによって食べることができない場合は、ヨーグルトや果物など、さっぱり食べやすいものを口に入れてからの服用をお勧めします。
頭痛がおさまったら、消化に良いものを食べると早めに二日酔いの症状もおさまります

お酒のむくみを解消する漢方薬も

医師男性
五苓散(ごれいさん)という漢方薬が、飲み過ぎによる二日酔いや頭痛などにおすすめです。
お酒の飲み過ぎによって体に溜まっている無駄な水分を早く排出して 、二日酔いの諸症状を緩和してくれます。

お酒をたくさん飲むと血中のアルコール濃度が高くなり血管が拡張して、血管から水分が漏れ出します。
細胞内外の水分バランスが崩れ、むくみが起こっていることがほとんどなので、むくみも軽減されるでしょう。

薬を飲んでからも飲酒を続けるのはNG

医師男性
薬を飲む場合は、それ以上飲酒を続けないでください
そのまま飲酒を続けると薬の作用が増強されて、血圧低下や意識障害を招く場合もあります。

また、薬を服用してから30分以内に吐いてしまった場合は、再度服用した方が良いでしょう。

胃薬と頭痛薬の併用は?

吐き気も伴っている場合は、併用して大丈夫です。
この場合も、それ以上飲酒を続けないでください

ウコンなどの栄養ドリンクもおすすめ

医師男性
ウコンは、胃腸の働きを整え、肝機能を助ける作用が期待できます

飲み過ぎによる肝機能の低下を助けてくれているので、直接的ではないですが、二日酔いで現れている頭痛緩和にも働いていると言えます。
しかし、頭痛への早期の作用を求めるならば、鎮痛剤を使用しましょう。

その他、お酒による頭痛の治し方

アルコール頭痛を緩和させるツボ

手の親指と人差し指の間のくぼみにある合谷(ごうこく)というツボは頭痛緩和におすすめです。

食べ物・飲み物

医師男性
経口補水液や水を飲みましょう。
食事ができるようであれば、アミノ酸やビタミンB1と言ったものを含む、アロエ入りヨーグルト、梅干し入りのおにぎりなどがおすすめです。

体の水分量を増やすことで利尿作用も高まりますので、なるべく水分補給をしましょう。

頭痛がするとき避けるべき食事

脂っこいものや消化に負担を与えるものは、余計な体力を使うので避けたほうが良いです。
チョコレートやチーズは頭痛を促すので、こちらも避けましょう。
迎え酒のようにお酒を飲むのはもってのほかです。

頭や目の周りを冷やすのもおすすめ

お酒の飲み過ぎによって頭痛がする場合や目の奥が痛む場合は、痛む部分や目の周りを冷やすのがおすすめです。
頭痛を抑える働きが期待できます。

飲酒で頭痛がするときのNG行動

入浴で体の血流が更に良くなると、頭痛がひどくなる場合があります。
また、飲酒後すぐの入浴は、血圧低下や気を失ってしまうこともあるのでやめましょう

頭痛にならないための予防法

医師男性
お酒を飲むときは、良質なタンパク質(枝豆、豆腐 等)を摂りながら、飲んだお酒の量と同じくらい水分も補給してください。

アルコールだけを摂取すれば、血中のアルコール濃度がぐんぐん上がって、アルコールが原因の頭痛が起きやすくなります。

まとめ

医師男性
アルコールが原因の頭痛は、体からの飲み過ぎのサインです。
週に2日は、休肝日を設けてゆっくり過ごしましょう。

年末年始や歓迎会などが続くと、アルコールが原因で肝機能も停滞します。
頭痛以外にも、胃腸に影響が出て、食事がとりにくくなる場合もあります。
栄養が取れなくなると、更に二日酔いになりやすくなります。


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

最近、脂肪の代謝が気になる…
カロリミット(FANCL)

「なんだかぽっこりしてきた」
「甘いものも脂っこいものも大好き!」

シリーズ累計販売6700万個突破の「大人のカロリミット」が、通販限定・初回限定でお得にお試しできます。

継続的に使うのがおすすめ。
なるべく早くスタートして習慣化するのが吉です。

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 408
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード