大人の中耳炎の初期症状|痛い・耳垂れ・聞こえづらい!放置はNG?

更新日:2022-12-19 | 公開日:2020-06-11
101
大人の中耳炎の初期症状|痛い・耳垂れ・聞こえづらい!放置はNG?

「なんだか耳が痛い…」
「音が聞こえづらいのはなぜ?」

大人の中耳炎の初期症状をお医者さんに聞きました。
病院に行く目安や、放置するリスクもご紹介します。
症状が進行すると完治が難しくなるケースもあるので、最後まで読んで対処しましょう。

監修者
瀬尾 達 先生

瀬尾クリニック
院長

瀬尾 達先生

経歴

大正時代祖父の代から続く耳鼻咽喉科専門医。クリニックでの診療のほか、京都大学医学部はじめ多くの大学での講義を担当。マスコミ、テレビ出演多数。
平成12年瀬尾クリニック開設し、院長、理事長。
京都大学医学部講師、兵庫医科大学講師、大阪歯科大学講師を兼任。京都大学医学部大学院修了。

大人の中耳炎の初期症状は?

医師男性

大人の急性中耳炎の初期は、

  • 耳の痛み
  • 耳だれ
  • 耳鳴り
  • 耳が詰まった感じ

といった症状があらわれます。

早期受診をおすすめする理由

医師男性
初期のうちに治療することで、早期改善が期待できます。

軽症のうちに治療することで、簡単な治療(投薬・服薬など)で済むことも多いです。

慢性化・重症化を予防し、入院・手術による治療避けるためにも、早めに受診することをおすすめします。各種検査を受けることで、発見が難しい重篤な疾患を早期に見つけられることもあります。

初期段階の治療例

  • 抗生物質(内服薬、点鼻薬)で炎症を抑える
  • 鎮痛薬で痛みを緩和
  • 膿が溜まっている場合は、鼓膜切開し、滲出液を排出

耳鼻いんこう科を探す

なぜ?大人でも中耳炎になる原因

中耳炎は子どもに多いイメージですが、大人でもなります。

原因1.鼻水がたまっている

風邪、鼻炎、花粉症、副鼻腔炎等の場合、ノドに鼻水が溜まりやすくなります。鼻水に含まれている細菌やウイルスが耳まで送られて炎症が起こり、中耳炎になります。

原因2.よく鼻をすする

鼻をすすると、鼻水を中へと押し戻してしまうため、中耳炎を発症しやすくなると考えられています。

原因3.リンパ組織が大きい

リンパ組織であるアデノイドが大きいと耳管を圧迫したり、付着した菌が耳まで到達して、中耳炎を起こす場合があります。

原因4.気圧の変化

飛行機に乗った際やスキューバダイビング時にうまく耳抜きができないと、中耳に炎症を起こし中耳炎を発症する場合があります。これを航空性中耳炎といいます。

仕事は休むべき?行ってもいい?

医師男性
中耳炎は、人から人へと感染することはないと考えられているため、仕事に行っても問題はないでしょう。

しかし、発熱している場合や耳だれが多く出るときはお休みするようにしてください。

自然に治ることもある?

耳 かゆい 汁

医師男性
軽症の場合、自然治癒するケースがあります。

しかし、以下の症状がある場合、自然治癒は見込めません。

  • 発熱や頭痛がある
  • 鼓膜が赤く腫れている
  • 中耳内に膿が溜まっている

慢性化や重症化を防ぐために、病院を受診し、症状に合った治療を受けることをおすすめします。

自分でできる、中耳炎の対処法

医師男性

中耳炎による痛みを軽減する方法として、

  • まめに鼻をかむ(強くかみ過ぎない)
  • 鼻うがいをする
  • 保冷剤等で軽く冷やす

といった対策をすると良いでしょう。

市販薬は?

痛みを和らげるために、市販の鎮痛剤を使ってもいいですか?
女性
医師男性
症状が軽い場合は、市販の鎮痛薬を使用して一時的に痛みを抑制する方法があります。

しかし、市販薬を使用しても症状が改善しない場合には、使用を中止し、病院を受診してください。

耳鼻いんこう科を探す

やってはいけないNG対処法

医師男性

大人の中耳炎の場合、

  • 耳に水が入る
  • 鼻を強くかむ
  • 鼻をすする
  • 耳掃除をする
  • プールに入る

といった行為は症状を悪化させる可能性があるので、避けましょう。

病院に行くべき目安

診察券

以下のような症状がある場合、耳鼻いんこう科を受診しましょう。

  • 痛み等の症状が2~3日続く
  • 難聴
  • 耳だれ
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 38度以上の発熱
  • 顔面神経麻痺の症状を伴う(顔の片側が動かなくなる)

耳鼻いんこう科を探す

放置するとこんなリスクも…

医師男性
中耳炎の症状を放置することで、治療期間が長引いたり、重症化して難聴を起こす場合があります。

細菌が広範囲に拡がり、内耳炎を併発する可能性があります。炎症が悪化した場合、髄膜炎や顔面神経麻痺等の合併症を起こす恐れもがあります。

耳鳴り、耳閉感等の後遺症が残る恐れもあるので、早めに受診しましょう。

耳鼻いんこう科を探す

また、急性中耳炎を放置すると、慢性中耳炎や滲出性中耳炎を引き起こすこともあります。

慢性中耳炎

医師男性
耳の鼓膜から奥が炎症することによって、3か月以上鼓膜に穴が開いている(急性中耳炎が完治していないまま慢性化する)状態です。
慢性中耳炎の場合、細菌が入り込みやすく感染を繰り返します。

急性中耳炎で生じる耳の痛みや皮膚が赤くなり、腫れる等の症状はないケースが多いです。

<主な症状>

  • 難聴
  • 耳だれ
  • 耳鳴り
  • めまい

完治するまでの期間

医師男性
手術療法(鼓膜形成術)を行う場v合、入院期間は4日~2週間程度です。

特に、真珠腫性中耳炎(※)の場合、完治と認められるまで数年かかる場合があります。

滲出性中耳炎

医師男性
鼓膜の奥にある中耳に、滲出液(水)が溜まる状態です。
急性中耳炎が慢性化すると、中耳に滲出液が溜まってしまい難聴が起こります。

風邪、鼻炎、副鼻腔炎等、鼻やのど周辺に炎症が生じて、耳管機能が衰退することが原因と考えられています。
急性中耳炎とは違い、滲出液に感染が生じない限り、痛みが生じるケースはないと考えられています。

<主な症状>

  • 難聴
  • 耳が詰まった感じ
  • 耳鳴り

治療方法

  • 保存的治療として、抗炎症薬や抗菌薬(マクロライド系)を用いた治療
  • 内服薬を用いた治療のみでは治癒が難しい場合は、鼓膜の切開を行う

完治するまで期間

医師男性
早くても2週間、長期化すると6か月以上かかる場合もあります。(個人差あり)

また、しっかり治療を行わないと、再発を繰り返し、完治が難しくなる場合があります。

合わせて読みたい
大人の「中耳炎による発熱」はいつまで続く?上がったり下がったりするのはなぜ?
2022-05-31
大人の「中耳炎による発熱」の対処法を、お医者さんに聞きました。 「発熱はいつまで続くの?」 「熱が上がったり下がったりするのはなぜ?」 といった疑問にもお答えします。 「大人の中耳炎」を早く治すために 基本的に、「中耳炎で発熱している」場合は、耳鼻いんこう科で治療を受けましょう。 大人の場合、重症化すると症状が数ヶ月続くことがあります。 その上で、早く治すためには こまめに鼻をかむ 十分な睡眠をとって免疫力を高める といった点を心がけましょう。 特に鼻水には細菌がいるため、鼻水が溜まった状態では、耳に細菌が侵入しやすくなります。 また、耳に水が入ったり、体が温まったりすると耳の痛みが悪化するリスクがあります。 中耳炎がひどいときは、耳に水が入らないよう気をつけ、入浴はシャワーで済ませるなどしましょう。 仕事は休んだ方がいい? 中耳炎は他の人に感染するわけではないため、体に負担がかからないのであれば、仕事に行っても良いでしょう。しかし、発熱して体がつらいとき場合は、2~3日ほど休んで熱が下がるのを待ちましょう。 一時的な対処として「市販薬」を使うのはOK 症状 市販薬の例 「発熱」と「耳の痛み」 ロキソニン イブ バファリン などの解熱鎮痛薬 「発熱」+「鼻水・咳」 ルル パブロン などの風邪薬 ※風邪薬と解熱鎮痛薬をあわせて飲まないようにしてください。 (風邪薬には解熱鎮痛の成分も入っていることが多いため)。 症状がつらいときは、上記を参考に市販薬を服用してみましょう。 ただし、あくまでも「受診するまでの応急処置」です。できるだけ早めに耳鼻いんこう科で診察を受けてください。 「大人の中耳炎の発熱」早めに病院に行くべき理由 大人の中耳炎は重症化するケースもあるため、自己判断せずに早めに受診することをおすすめします。 中耳炎が疑われる症状がある場合は、まず耳鼻いんこう科へ受診しましょう。 治療せずに放置すると、中耳の部分に「浸出液」という液体が溜まってしまうことがあります。この状態になると、耳の聞こえが悪くなったり、治療に何年もかかったりするリスクがあります。 中耳炎は、大人の場合はなかなか症状が良くならない傾向があるため、早期治療で慢性化させないことが大切です。 症状が消えても油断は禁物!   熱や耳の痛みなどの症状がなくなっても、中耳炎が完全によくなったとは限りません。 慢性化したり再発したりするリスクがあるため、症状が落ち着いた場合も一度診察を受けるようにしましょう。 耳鼻いんこう科を探す 中耳炎による発熱は、いつまで続く? 適切な治療を受ければ、2~3日、長くても1週間ほどで熱は治まるでしょう。 熱が上がったり下がったりするのはなぜ? 仕事や学業などの疲れで「抵抗力が低下している」 鼓膜の奥のほうにまで「膿が溜まっている」 といった原因によって、熱が上がったり下がったりすることがあります。 膿が鼓膜の奥のほうにまで溜まっている場合、「鼓膜を切開する手術」が必要になることもあります。 病院では、どんな治療を受けるの?   治療例 発熱・痛みがある 「鎮静剤」や「抗菌薬」などの処方 鼻水の症状を伴う (鼻水がたまると症状が悪くなるため)大人では「点鼻薬」や「鼻閉改善薬」、「抗ヒスタミン剤」で治療 鼓膜に膿が溜まっている 鼓膜を切開して溜まった膿を出す 完治するまでにどれくらいかかる? 熱や耳の痛みなどの症状自体は、2~3日で治まります。 ただし、重症の場合には1ヶ月~4ヶ月ほどかかると言われています。 重症の場合、鼓膜の奥に膿が残ってしまうことが多く、それがぶり返す原因となるため、完全に膿を取り除く必要があります。 耳鼻いんこう科を探す ▼参考 医療法人社団順誠会 妙典さいとう耳鼻咽喉科:大人の中耳炎 戸塚はなむら耳鼻咽喉科:中耳炎 一般社団法人千葉市医師会:確実に治療したい「中耳炎」 日本耳鼻咽喉科学会広島県地方部会:急性中耳炎 医療法人社団千葉厚生会どい耳鼻咽喉科:急性中耳炎 大人 MSDマニュアルプロフェッショナル版:中耳炎(急性) MSDマニュアル家庭版:かぜ(感冒) たかはし耳鼻科:耳鼻科の病気について あやせ耳鼻咽喉科:治りにくい中耳炎 戸田ファミリア耳鼻咽喉科:耳の症状(中耳炎) 竹村耳鼻咽喉科クリニック:耳の病気 いとう耳鼻咽喉科:耳の病名 おおた耳鼻咽喉科:急性中耳炎
合わせて読みたい
中耳炎のとき、寝る向きはどうする?痛みを緩和する方法は?|医師監修
2022-05-31
中耳炎になったときの「寝る向き」について、お医者さんに聞いてみました。 「耳が痛くて眠れないときの対処法は?」 「耳鼻いんこう科に行くタイミングは?」 といった疑問にもわかりやすくお答えします。 中耳炎になったら、寝る向きはどうすればいい? 症状 寝る向き 耳から浸出液が出ている 浸出液が出ている耳を下に向けて寝ましょう。 浸出液を排出すると耳の中で液が固まるのを防ぐことができます。 また、浸出液を出してしまった方が、中耳炎がより早く治まります 耳が痛い・耳が腫れている 中耳炎になっている方を上に向ける方が、患部を圧迫しないので楽になることが多いです。 滲出液がでている場合は、耳に滲出液を溜めないように、中耳炎になっている方を下にしましょう。 滲出液がでておらず耳が痛い場合は、中耳炎になっている方を上にすると痛みが和らぐことがあります。 ※浸出液とは:中耳炎になると出てくる「透明・やや黄色い液体」のことです。さらさらのタイプ・粘っこいタイプがあります。 耳が痛くて眠れないときの対処法 痛みで眠れないときは、鎮痛剤を使用すると痛みがだいぶ楽になります。 ただし、あくまでも「一時的な対処」として使用してください。 中耳炎を放置すると難聴を引き起こす場合もあります。 悪化のリスクを防ぐためには、耳鼻いんこう科での適切な処置が必要です。 病院に行くタイミングは? 中耳炎には抗生剤を使った治療が必要です。 そのため、基本的に中耳炎を発症したら、耳鼻いんこう科で治療を受ける必要があります。 特に「症状が出てからまだ一度も医療機関に行っていない」という場合は、早めに受診しましょう。 早めに治療を受ければ、お薬の服用のみで症状が快方に向かいます。 しかし症状が進行していると、鼓膜の切開などの処置が必要になるケースもあります。 中耳炎が慢性化したり、悪化して難聴になったりするリスクを避けるためにも、放置しないようにしてください。 耳鼻いんこう科を探す どんな治療を受けるの? 「鎮痛剤」「抗生剤」を処方し、痛みを楽にする治療を行います。 浸出液や膿が多い場合は、吸い取ったり切開をしたりして、排出する治療も行います。通常、膿を出すと痛みは引いていきます。 早く治すために心がけること 中耳炎を早く治したい方は、医師の指示通りに通院してください。 また、風邪で鼻水がひどいときは「こまめに鼻をかむ」ことで中耳炎の悪化を予防することができます。 中耳炎は、細菌・ウイルスが耳に回ることで発症するので、鼻水をすする行為は避けてください。 仕事は休んだ方がいい? 人にうつる病気ではないので、必ずしも休みを取る必要はありません。 ただし、体調が思わしくないときは安静にしましょう。 耳鼻いんこう科を探す
参考
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 滲出性中耳炎
http://www.jibika.or.jp/citizens/kids_entqa/mimi_chujien_shinshutsu.html
一般社団法人 広島県医師会 家庭で知っておきたい耳鼻咽喉科の救急
http://www.hiroshima.med.or.jp/pamphlet/187/2-1.html
一般社団法人 大阪府医師会 急性中耳炎
https://www.osaka.med.or.jp/citizen/tv16.html
慶応義塾大学病院 医療・健康情報サイト 中耳炎
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000227.html
日本耳鼻咽喉科学会広島県地方部会 やさしい耳鼻咽喉科講座
http://hiroshima-jibika.jp/course/manseichujien.html
\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 101
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

おすすめ記事
関連記事