【アデノウイルス感染】本格的に流行する咽頭結膜熱に注意【2018年】

公開日:2018-12-27 | 更新日:2020-09-15
4
【アデノウイルス感染】本格的に流行する咽頭結膜熱に注意【2018年】

一見、風邪に似た症状のある、「プール熱」という感染症をご存じですか? 正しくは、「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」と言います。 症状は、発熱やのどの痛みなどで、風邪とほぼ同じです。 感染者が特に多いのは、集団生活をしている15歳未満のお子さんです。 夏に感染が多いといわれるプール熱ですが、寒くなる秋から冬にかけての感染も少なくないので、注意が必要になります。 プール熱に感染する原因と対策について、詳しく解説していきます。

受付予約できる病院を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

北陸・九州では本格的な流行に

原因は、アデノウイルス

プール熱は、正しくは「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」と言います。 夏場、プールの水を介して感染し、発熱することが多いので「プール熱」と呼ばれるようになりました。 アデノウイルスというウイルスに感染すると、発症します。

1年を通して、いつでも発症

プール熱は、6~7月の夏場に流行するので、夏の感染症というイメージをお持ちの方のほうが多いかもしれません。 夏場に限らず、プール熱は1年を通して、いつでも発生する感染症です。 涼しくなってきたからといって、決して安心できるものではないのです。 国立感染症研究所の発表(12月10~16日)では、新潟・富山・福井・福岡・佐賀・鹿児島の六県で本格的な流行を見せています。

感染者のせき・くしゃみでうつる

プール熱の感染経路は、次の2つです。 ・飛沫(ひまつ)感染 ・接触感染 感染者がせき・くしゃみをした時に、飛び散ったアデノウイルスを吸い込むと、感染します。 また、感染者の手に触れた時、アデノウイルスが自分の手に付着することもあります。 その後の手洗いが不十分だったりすると、手に付着したアデノウイルスが、目・口・鼻の粘膜にも付着して体内に入り、発症します。

主な症状は、発熱・のどの痛みなど

プール熱の主な症状は、次のとおりです。

  • 発熱
  • のどの痛み
  • 結膜炎など

これら全ての症状が一度に出ることもありますが、アデノウイルスの型によっては、発熱と、のどの痛みだけという場合もあります。 症状が風邪に似ているので、風邪と間違えやすい感染症です。

発症すれば、簡単な検査でわかる

アデノウイルスに感染しているかどうかは、簡単な検査でわかります。 しかし、ウイルス性の感染症なので、残念ながら特効薬はありません。 治療は、出ている症状を軽減する対症療法がほとんどです。 ・発熱がみられる場合…解熱剤を用います ・結膜炎で目の充血・目やにがひどい場合…炎症を抑える目薬を使います。

内科を探す

小児科を探す

家族でも、タオルの共有は避ける

プール熱になった時、特に注意してほしいのは、他の人にうつさないことです。 ウイルスは、せき・くしゃみなどで飛び散ります。 感染者はマスクをし、「咳(せき)エチケット(※)」で口元を抑えましょう。 ※咳エチケット:他の人に感染しないように、①マスクをする。せきやくしゃみをするときは、②ティッシュ・ハンカチなどで口・鼻を覆う、③上着の袖で口元を覆う…とした厚生労働省が啓発している予防法 手に付着したアデノウイルスは、体内に侵入させないようにします。

  • 手洗いをしっかり行う
  • 不用意に、手で目や鼻、口に触れない

小さな子供は、眠くなると目をこすったり、おもちゃを口に入れたりします。 そういったことも、プール熱がうつる原因になるので、家族や周囲の人が、気を配る必要があります。 家族間でも、タオルの共用は避けましょう。 タオルを介して、感染が広がったという報告もあります。 感染者のタオルは、別にしておきましょう。

まとめ

夏のイメージが強いプール熱ですが、実際には、年中いつでも感染する疾病です。 夏が終わったから安心なのではなく、感染を避けるために、うがいと手洗いは習慣化するよう、心がけてください。

【参考文献】
厚生労働省 プール熱 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou16/pdf/01e.pdf
厚生労働省 咽頭結膜熱 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-16.html
国立感染症研究所 ~咽頭結膜熱とは https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/323-pcf-intro.html
厚生労働省 咳エチケット https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html
感染症・予防接種ナビ https://kansensho.jp/pc/if_alert.html


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 4
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード