急性アルコール中毒の症状は?応急処置時の対処法もご紹介|医師監修

公開日:2019-08-29 | 更新日:2020-09-15
6
急性アルコール中毒の症状は?応急処置時の対処法もご紹介|医師監修

急性アルコール中毒とは、どのような症状なのでしょう?短時間に大量のお酒を飲むことが原因で、倒れたり、ひどいときには死亡してしまうこともある急性アルコール中毒。もし急性アルコール中毒になってしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか?

受付予約できる病院を探す


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

急性アルコール中毒の症状とは

お酒の席で救急搬送される原因となるのが急性アルコール中毒です。これは短時間に大量のアルコールを摂取すると血液中のアルコール濃度が急激に上昇してしまい、起こります。症状としては、呼吸困難、意識障害など命の危険につながるものです。お酒が飲めない人がなるものだと思われがちですが、お酒が強いといわれている人でも飲み方を間違えればなる可能性があります。

急性アルコール中毒になると血液中のアルコール濃度は0.1~0.3%以上まで上昇し、昏睡状態になっていることがほとんどです。この状態になったらすぐに病院へ搬送する必要があります。

通常お酒を飲むと体内でアセトアルデヒド脱水素酵素という酵素により体に害のない成分に分解されます。しかし、お酒が弱い人はこの酵素がもともと少ないため少量のお酒でも受け分解できず、血中のアルコール濃度が上昇しやすいため、無理な飲み方には気を付けましょう。

急性アルコール中毒にならないための方法

急性アルコール中毒にならないために気を付けるポイントとしては、お酒の量を飲みすぎない、短時間に一気に飲まないようにしましょう。
そのため「イッキ飲み」は大変危険な行為です。強要されても断るようにしましょう。空腹の状態でお酒を飲んでも一気に吸収されやすいので、食事もとりながら飲むようにしましょう。また、自分がどのくらい飲めるのかを把握しておき量を調整することも大切です。お酒の種類や体調によっても異なるので、無理はせず、少量ずつお酒を楽しむようにしましょう。少しでも体調が悪くなったり、吐き気や頭痛があったりすぐに飲酒はやめましょう。

応急処置

意識がなくなったり、呼吸が停止した状態になったらすぐに救急車を呼んで病院へ搬送する必要があります。しかし、すぐに救急車が到着できない場合もあります。その時は適した応急処置が必要です。

1. まず衣服を緩めて、顔を横に向けてうつぶせの体制にします。嘔吐する場合もあるので、嘔吐物が気管に詰まって呼吸が停止しないように注意します。仰向けの体制は嘔吐物が詰まったり、舌が落ち込んだりして呼吸に影響する可能性が高く危険です。

2. そして体温が下がらないように体を温めます。水を飲ませてアルコールを薄めようとする人も多くいますが、この状態になってからお水を飲ませても変化はありません。

3. 応急処置を行ったら救急車を待ち、病院へ搬送します。

急性アルコール中毒はとても危険なものです。しかし、正しい飲み方をすれば防げます。お酒は適量を楽しむと、コミュニケーションのツールにもなります。間違った飲み方をせず適量を楽しみましょう。特にお酒を飲んだ経験の浅い若い人は、適量がわからず無理な飲み方をしてしまうことが多いので、周囲も注意するようにしましょう。

<参考文献>

公益社団法人アルコール健康医学協会
http://www.arukenkyo.or.jp


監修者

岡村 信良 先生

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
内科医

岡村 信良先生

経歴

平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

お薬手帳「また忘れた…」からサヨナラ!
お薬手帳ダウンロード(ゴールドパスポート)

薬局で必ず聞かれる
「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」という方には、スマホで使える「EPARKお薬手帳」がおすすめ。

\DLキャンペーンを実施中!/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える
プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!

\この記事は役に立ちましたか?/
役に立った! 6
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
Medicalookはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連キーワード

キーワード