漫画「無痛分娩が…できない!?」予約するのも大変だったのに…(泣)

漫画「無痛分娩が…できない!?」予約するのも大変だったのに…(泣)

公開日:2021-06-22 | 更新日:2021-07-06

「痛いの、こわいよ~!」
「無痛分娩がいいよ~!」

“出産の痛み”が怖い…。
それは妊娠中なら誰しもが感じる不安のひとつ。

無痛分娩ができる病院を探しますが、なかなかうまくいかず…!?


無痛分娩は「予約がとれない!」

どの病院もあいてない!(涙)
無痛分娩に対応してくれる産院は限られているため、予約がなかなかとれないのです。

やっと予約できたけど…「無痛分娩できないかも!?」

無痛分娩 できない 場合

陣痛のタイミング次第では無痛分娩はナシ。
つまり“運”次第ということ…。

無痛分娩 できない 場合

無痛で!無痛で産みたいです!

無事生まれたのは良かったけど、
しっかり痛みを味わったお産でした。

【体験談】意外と多い「無痛分娩ができない」ケース

「無痛分娩を希望しているのにできない」という例は珍しくありません。

麻酔のお医者さんが体調不良に…

ママ(困り顔)
麻酔科の医師の方が私の出産直前に体調を崩してしまいました。
注射を打ってくれる人が誰もおらず、無痛分娩できないとのことで結局は自然分娩になってしまいました。
(3歳の女の子のママ)

「このまま産んだ方が早い」と言われて

ママ

突然の破水からお産が始まり、あれよあれよという間に陣痛の間隔が短くなって、病院に着いた頃にはすぐにでも産まれそうな状態。

「今から無痛分娩の麻酔を打ってもいいけど、このまま産んだ方が早く産まれると思う」と先生が言うので、麻酔は打たずにそのまま出産することにしました。
(2歳と5歳の男の子のママ)

「体重の増えすぎ」で断られた

ママ
無痛分娩希望で産院を探して申し込みもしたのですが、体重が15キロも増えてしまい、出産3ヶ月程度前に産院よりお断りされ普通分娩となりました。

太りすぎると背中の注射が難しくなる、と言われました…。
(3歳の男の子のママ)

【体験談】無痛分娩→自然分娩になって…どうだった?

さまざまな事情で無痛分娩ができなかった先輩ママたち。
「やっぱり痛かった…」という声が多いですが、「自然分娩になってよかった!」という声も。

ママ
たしかに痛かったけど、私の場合は「頑張って産んだ!」という気持ちも強くなりました
(1歳の女の子のママ)
ママ
痛みはあまりにすごすぎて、一度死んだんじゃないかと思いました。でも最近は自然分娩を経験できてよかったなと思っています
(0歳2ヶ月の男の子のママ)
ママ
呼吸法がうまく行ったのか、気持ちのいいお産でしたし、達成感がすごかったです。
(1歳の女の子のママ)

☆次回予告☆ 赤ちゃんは食いしん坊!?

無痛分娩 できない 場合

「食欲旺盛すぎ(笑)」

パンもゼリーもモグモグ食べる!
食いしん坊な赤ちゃんエピソードをお届けします♪

さとうゆきさんの連載は、隔週火曜日更新。
次回は7月6日予定です。

前の話 次の話

1話から読む

さとうゆきさん

夫婦で10カ月の育休取得、今は共働き。
アラサー妻と、普通のおじさん(夫)、赤子の3人家族。ささやかな日常をマンガにしてます。


Twitter https://twitter.com/satoyukiworks

Instagram https://www.instagram.com/sato.yuki.wikukyu/

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

New
新着