子どもの「鳥肌みたいなぶつぶつ」放置するとアトピーになるかも

子どもの「鳥肌みたいなぶつぶつ」放置するとアトピーになるかも

公開日:2020-06-01

子どもの肌に、鳥肌のようなぶつぶつが!
もしかしたらそれは、ドライスキンかもしれません。

放っておくと、アトピー性皮膚炎になってしまうかも。一度、病院を受診するのがおすすめです。
お医者さんに、正しいスキンケアの方法を聞きました。

皮膚科を探す


長谷川佳子 先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

経歴

2012年 北里大学医学部医学科卒業
2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年 藤沢湘南台病院 入職
2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

鳥肌みたいなぶつぶつの正体は?

子どもの肌が、鳥肌のようにブツブツになりました。
かゆがっているようです…これは何でしょうか?
ママ
先生(女性)
鳥肌の場合、通常かゆみは出ません。
かゆみがある白いブツブツは、乾燥によるドライスキンと考えられます。

ドライスキンは、肌がとても乾燥している状態です。子ども柔らかい皮膚の部位(腹部・胸・背中・腕・太ももなど)に出やすいです。

ドライスキンが出やすい子どもは、乾燥肌体質と考えられます。

放置するリスク

何もケアをせずに肌をかき続けてしまうと、肌のバリア機能が壊れてしまい、敏感肌になってしまうことも。また、アトピー性皮膚炎を発症してしまう場合もあります。

早く治すためにできること

先生(女性)
ドライスキンには、「保湿」が必要です。

保湿をすることで、肌表面のバリア機能を補うことができて、皮膚へ刺激やアレルゲンが侵入するのを防ぎます。

また、ブツブツが出ている場合は、角層が浮き上がり剥がれかけている状態です。早い段階で、正しい保湿が必要になります。

皮膚科を探す

子どもにとってはつらい症状です

白いブツブツがある状態は、乾燥していてとても敏感な状態です。
ちょっとした服の摩擦や汗の刺激でもかゆくなりやすい状態です。さらに、入浴で皮脂膜(肌のバリア)が洗い流されてしまうと、皮膚の保湿力がなくなり、かゆみが増します。

子どもはかきむしってしまい、引っかき傷ができて、出血してかさぶたができることもあるでしょう。親が止めても、子どもは「かくのは皮膚に悪い」と言ったことはわかりません。

かゆみは大人でも我慢するのが難しいものです。小さな子どもはなお止めるのは難しいでしょう。かゆくて集中力が低下し、遊びや勉強に影響が出るケースもあります。

正しいスキンケアを知ろう!

泡

体の洗い方

先生(女性)
よく泡立てた石けんを手に乗せて、全身をなでるように洗いましょう。

ドライスキンの皮膚には、ゴシゴシ洗いは必要ありません。しかし汗や汚れはしっかり洗い流す必要があります。

首の皮膚の間や、肘や膝の裏などもシワの間を伸ばして洗います。お湯は、熱すぎないぬるま湯を使いましょう。長湯は乾燥の原因になります。体を温める程度にして、長時間の入浴は避けましょう。

保湿の仕方

先生(女性)
タオルを肌に当てるようにして、水分を吸収させます。水分を取ったら、すぐに保湿をします。

保湿剤は顔・全身に満遍なく塗りましょう。あまりに少ない量で皮膚をこするとかえって刺激になります。肌滑りがよい量をつけましょう。

やりがち!NGスキンケア

保湿剤をたくさんつけようと思って、一度に大量につけても皮膚が吸収するよりも洋服などについてしまいます。

先生(女性)
保湿剤は、2~3回に分けてこまめにつけるようにしましょう。

服やタオルの選び方

先生(女性)
触り心地の良い素材を使用しましょう。
通気性・吸収性がよい綿素材がおすすめです。

触ってみて「硬い」「ゴワゴワしている」と感じるものは、肌への刺激になるので避けましょう。

※皮膚に擦れるタグは取り除くのがおすすめです。

一度病院を受診するのがおすすめ

先生(女性)
ドライスキンがみられたら、皮膚の専門医、皮膚科に相談しましょう。

ドライスキンであれば早い段階で治療を受けた方がよいでしょう。

実際に医師や看護師による、保湿ケア方法を目で見て、肌で感じるのも重要です。自分の感覚だけでは、力加減が強すぎる場合もあります。

※他にも「あせも」や他の病気の可能性もあります。自宅でケアを始める前に皮膚科で診察を受け、皮膚の状態にあったケアができるようにしましょう。

皮膚科を探す

参考
公益社団法人日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎 Q2アトピー性皮膚炎とはどんな病気ですか?
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa1/q02.html
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ