妊娠中のストレス!胎児や母体への影響は?発散方法のおすすめ|看護師監修

妊娠中のストレス!胎児や母体への影響は?発散方法のおすすめ|看護師監修

公開日:2019-10-02 | 更新日:2022-04-27

体調と環境がめまぐるしく変化して、ストレスがたまりやすい妊婦さん。

旦那さんや家族に対して、仕事や体重管理など、さまざまなストレスに悩まされるものです。

妊娠中のストレス症状や胎児への影響を看護師さんに聞きました。おすすめのストレス発散方法は必読です。


監修者

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

看護師
細野理恵

妊娠中はストレスだらけ!(泣)

グラフ

(先輩ママ50人のママにアンケート)

夫へのストレス!

ママ(困り顔)
つわりがあったり、お腹が大きくなってきてなかなか思うように動けないのに、夫は家事や育児を手伝ってくれることがなく、本当に役に立たない!と思ってイライラしました。
(0歳の男の子と4歳の女の子のママ)

体重管理のストレス!

ママ
食べたい物とかがあっても制限があり、夫に八つ当たりをしていました。
(0歳の男の子のママ)

仕事へのストレス!

ママ
職場の男性が容赦なく仕事を振ってくることに対してイライラ。
インフルエンザに罹患した男性社員が出社してきて、その気遣いの無さにイライラ。
(中学3年生の男の子のママ)

そのほか、両親へのストレス、思うように動かない自分の体へのイライラや、お金がないことへの苛立ち、世間から離れたことによる“孤独感”が心の負担になっているという方も多いです。

妊娠中は「ストレスが溜まりやすい原因」

女性

妊娠中にストレスが溜まりやすい原因には、

  • 思うように体が動かない
  • 体調が優れないことが多くなる
  • 自律神経が乱れている
  • 周囲にサポートしてもらえない

などがあります。

慣れない妊婦生活によってストレスを感じやすくなります。

ストレスは、血管を収縮させるため、妊娠中にストレス過剰になると、胎児へ栄養分が十分にいかなくなり、発育不全になる恐れがあります。

そのため、健全な胎児の育成のために、また母体のためにも妊娠中はストレス対策が重要となります。

妊娠中のストレスは「胎児に影響はある?」

妊婦

「ストレスばかり感じていたら、胎児に悪い影響があるのでは?」そんな不安を抱える妊婦さんも多いです。

女性
妊婦さんが感じるストレスが、腹痛・お腹の張り・流産や早産の直接的な原因にはなるのは稀と考えられますが、要因のひとつとなっている可能性はあります。

ストレスは、血流を停滞させます。
この血流の停滞により、腹痛や腹部の張りを感じたりすることがあります。
また、胎児は血液を通してママから栄養や酸素を受け取っています。
そのため血流が悪くなることで、赤ちゃんへ栄養・酸素が送られにくい状況になります。これが胎児の低体重の要因のひとつとなる場合があります。

発達障害・自閉症にならないか心配…

妊娠中のストレスが、赤ちゃんの発達障害や自閉症の原因にならないか心配です…。
ママ(困り顔)
女性

確かに、妊娠中に母体がストレスにさらされていると、胎児の脳の発達や神経の発達に影響する可能性を指摘する研究結果もありますが…。

発達障害やADHDなどの自閉症スペクトラム障害の原因はさまざまであり、現段階では「妊娠中のストレスと子どもの障害には関係がある」とは、一概には言えず、まだ研究段階の状況です。

妊娠中のストレスが「難産につながる」って本当?

女性
ストレスが直接難産を引き起こすことは考えにくいですが、ストレスによって過食をしてしまった場合は、難産につながることはあります。
例えば、食べ過ぎで母体が「妊娠糖尿病」を発症した場合には、お腹の中で赤ちゃんが大きく育ち過ぎてしまい、難産となるケースもあります。

母体の体重増加は、妊娠高血圧症候群の原因となり、むくみ・高血圧・タンパク尿といった症状が現れ、腎機能障害や出産後に腎疾患や高血圧症を発症する場合もあります。また、胎児は、発育不全により低体重や分娩前に胎盤が剥がれてしまう常位胎盤早期剥離などのリスクも高まります。

さらに、母体が太りすぎの傾向があると陣痛が起きにくい「微弱陣痛」になるリスクがあります。微弱陣痛になると、出産の進行が遅くなり、急遽、帝王切開・吸引分娩を行う場合もあります。

おすすめのストレス解消方法

散歩

女性

妊娠中におすすめのストレス発散方法として

  • ウォーキング(お散歩)をする
  • 大きな声を出してみる・歌う
  • 自分が好きなことに打ち込む
  • “何もしない日”をつくる
  • しっかり睡眠をとる
  • 気を許せる人と話す
  • 「妊娠相談窓口」を利用する

などがあげられます。

ウォーキング(お散歩)

体を動かすのはストレス発散になりますので、ウォーキングはいかがでしょうか。ウォーキングや散歩は、景色を楽しみながら行えば、より気持ちの切り替えにつながりますよ。

適度に体を動かすと、幸せホルモンの「セロトニン」の分泌につながります。

ママ
歩くと気分も変わり、ストレス解消になります。
後は買い物。赤ちゃん用品を見るだけでもイライラしなくなり、穏やかになります。
(小学5年生の男の子と中学2年生の女の子のママ)

大きな声を出してスッキリする

溜め込んだモヤモヤを発散させるには「大きな声を出す」のもおすすめです。カラオケに出かけるのもよいですね。
上のお子さんがいて、外に出られない場合でも、部屋の中で一緒に歌えば、お子さんも一緒に楽しめます。

「自分が好きなこと」に打ち込む

ストレスを溜めないようにと考えると、ストレスの元のことばかり考えてしまうことがあります。そんなときは、「自分の好きなこと」「心から楽しいと思えること」を探して、気分を切り替えるのがおすすめです。

例えば…

  • 映画をみる
  • 漫画を読む
  • ハンドメイドに挑戦してみる
  • マタニティヨガに行く
  • 簡単な部屋の模様替えをする
  • 旦那さんの料理トレーニングをする

などなど…体に負担がかからない程度に、自分の心が楽になることであれば、何でもかまいません。
できれば妊娠初期のうちから「自分がリフレッシュする方法」を見つけておくのがよいでしょう。

“何もしない日”をつくる

「何かしなきゃ」「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と焦ったりすることはありませんか?

実は、妊娠期間中は“思う存分ゆっくりできる大切な時間”でもあります。産後は予想以上に慌ただしくなるため「妊娠中にゆっくりしておけばよかった!」というママも多くいます。

ママ
なるべくゆったり過ごすことです。
妊娠中の今しかできないと思って、自分を甘やかしてました
(1歳の男の子のママ)

気を許せる人と話す

気を許せる人、例えば先輩ママの友人や、ご両親、旦那さん、病院の先生など「話をするだけで楽になる」ことがあります。

最近では、「SNSで同じような境遇のプレママ友達を探す」という人も増えています。周りに頼れる人がいないという場合は、ママブログをつけてみたり、ママ用のSNSアカウントを作るのもよいでしょう。

しっかり睡眠をとる

ストレスを感じている時は、体や頭がとても疲れてしまっています。しっかり睡眠をとるとリフレッシュできることもありますよ。

スムーズに寝るための睡眠導入の例

  1.  ゆっくりとぬるめの湯船に浸かる
  2.  湯船から上がったら、暖かくして体の温まる飲み物を飲む
  3. 眠くなるまで、本屋や雑誌を見る。(この際、目が覚める内容の本やネットは避ける。)

「妊娠相談窓口」を利用する

話す人がいない、話を聞いて欲しいという場合は、都や市で行っている「妊娠相談」を利用しましょう。電話以外にもネットでも受け付けています。妊娠に関することでなくても、その後の生活や子育てのアドバイスなどを受けられます。

先輩ママが実際にやっていたリフレッシュ方法

ママ
カフェインレスのちょっと高いハーブティーを飲んでプチ贅沢
リラックスできる時間をできるだけ持つようにしました。
(3歳の女の子と小学1年生の男の子のママ)
ママ
イライラしないように、時間に余裕を持って動くようにしました。
(0歳の男の子のママ)
ママ
イライラしても「仕方ない」と思うことも大事かなと思います。
(1歳と2歳女の子と、4歳の男の子のママ)

「やってはいけない」ストレス解消NG例

女性
暴飲暴食激しい運動は避けましょう。

暴飲暴食によるストレス発散は、過度な体重増加につながるので避けましょう。また、妊婦さんに、激しい運動はNGです。転倒やケガをしたり、流産や早産の原因にもなります。運動がしたい場合は、医師にも相談をしましょう。

ストレスの溜めすぎは「妊娠うつ」につながることも

▽妊娠うつなどの精神的疾病の症状例

  • 不眠がちになる
  • 食欲がおちる
  • 元気、やる気がなくなる
  • これから生まれてくる子への子育てに対して自信がなくなる
  • 赤ちゃんのことが面倒に思えてくる
  • これからの母親としての役割に自信がなくなる
  • 自分を責める気持ちが強くなる
女性
症状が軽い方が早めに快方するので、ストレスが溜まって、発散ができないと感じたら早めに受診をして相談しましょう。

ストレスからうつ病になると、繰り返し起こったり、重症化して命にもかかわる状態になることがあります。
まずは「かかりつけの産婦人科」に相談しましょう。そこから「精神科」を勧めらることもあります。

合わせて読みたい
2021-05-31
妊娠してから…「鬱っぽい気分が続く」「不安でたまらなくなる」そんな悩みを抱える妊婦さんは少なくありません。どうやったら不安を乗り越...

監修者

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

看護師
細野理恵

お腹が大きくなる前に始めよう!

ナチュラルマーククリーム

一度できたらまず消えない「妊娠線」。
予防のためには、妊娠初期からケアを始めることが大切です。

先輩ママに人気の「ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)」は、公式通販限定でお得なセットもあります♪

\お得な限定セットはここだけ/
公式通販をみる

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

\「妊娠中全般」カテゴリの特集記事/

妊娠

Ranking
ランキング

New
新着